バーナーの下にお知らせを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

中学年

Sort By:  
おばけのおーちゃん (4-8340-1844-X(K-276))
おーちゃんは、桜の花ほどの小さな、まだ子どものおばけです。そんなおーちゃんに”ぼく”が初めて出会ったのは、「おばけ屋敷」の春の庭先でした。おばけは、人間の悲鳴を食べて大きくなって、おばけ恒例の秋の渡りに備えなければなりません。だのに、おーちゃんときたら、泣き虫で、いつまでもウジウジして、人間を脅かすことができません。みかねてつい、ぼくは不動産屋を泊めたり友だちを呼んできたりして、チャンスをつくってやるのですが・・・・・・。甘えるおーちゃん、なぜか放っておけない”ぼく”。
 これは、町はずれのぼろ家に住みついた”ぼく”とおーちゃんの、奇妙だがしかし、ほのぼのとした、心温まるお話です。雲おばけや湯気おばけといった愉快なキャラクターも新鮮です。

作;市川宣子
絵;さとうあや

出版年月;2002.05(2006.03版)
ページ数;128p
サイズ;20.8×15.4×1.4cm
ハードカバー

C$5.25
放課後の時間割 (4-03-641170-2(H-199))
ぼくは人間のことばを話す“学校ねずみ"と知り合った。放課後の教室でのふしぎな話。

作・絵;岡田淳

出版年月;1980.07(2009.06版)
ページ数;166p
サイズ;22.3×15.5×1.8cm
ハードカバー

C$5.00
Per Page      141 - 142 of 142