新しくなった〈えほんカナダ〉にようこそ!

童話館出版

Sort By:  
わたしのて (4-88750-038-6(T-459))
“て”はいろんなことができます。ボタンをとめたり、ならしたり、動物をなでたり…。なかでも、すてきなところは、ほかのひとのてを“にぎる”ということ。幼い子にも身近な“手”について、やさしく語ります。

文;ジーン・ホルゼンターラー
絵;ナンシー・タフリ
訳;はるみこうへい

出版年月;2002.09(2006.09版)

ページ数;32p

サイズ;20.1×21.9×0.7cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.25
にこにこエマ (4-88750-090-7(T-401))
エマは、洋服をちゃんと着ることができますが、逆さまに着てみたくなることもあります。それに、つみ木を高く積めてごきげんな時もあれば、うまくいかず、腹をたてる時も…。エマをとおして、幼い人の等身大の日常を描きます。身近にいる幼い人が、ますます愛おしくなる絵本です。

文・絵;グニラ・ヴォルデ
訳;つばきはらななこ

出版年月;2007.02
ページ数;24p
サイズ;16.3×16.7×0.5cm
ハードカバー

売り切れ
C$4.50
ちゃぼのバンタム (4-924938-41-0(L-109))
農場に、たくさんの動物がすんでいました。その中に、からだのめだって小さなおんどりがいました。ちゃぼのバンタムです。にわとりの群れでいちばん強いのは、からだの大きなたいしょうです。バンタムは、めんどりのナネットをすきなのですが、ナネットのそばにはいつもたいしょうがいます。ある日のことです。農場にきつねがしのびこみました。にわとりたちはおおあわて。見ると、ナネットがきつねにつかまっているではありませんか。たいしょうはいち早くにげています。バンタムは、ナネットをすくおうときつねにむかっていきました。

文;ルイーズ・ファディオ
絵;ロジャーデュボアザン

訳;乾侑美子

出版年月;1995.09(2008.12版)
ページ数;32p
サイズ;25.4×18.5×0.9cm
ハードカバー

C$5.50
みんなのベロニカ (4-924938-73-4(L-179))
動物園から農場にやってきたかばのベロニカ。気持のよい性格のベロニカは、農場の動物たちと仲良しになろうとします。でも、動物たちは、本当はベロニカに興味はあっても、よそものだからと、冷たい態度。ベロニカは次第に元気をなくし、とうとう自分の小屋から出てこなくなりました。そうなると、みんなは心配になってきます。でも、みんなで、ベロニカのために何かをしようとはなりません。
そんな時、馬のストローが言いました。「あれは、なぜ でてこないのかねえ」すると、がちょうのペチューニアが。。。

作・絵;ロジャー・デュボアザン
訳;神宮輝夫

出版年月;1997.06(2004.11版)
ページ数;32p
サイズ;25.7×20.4×0.7cm
ハードカバー

C$5.50
サムぼうやのボール (4-924938-03-3(T-399))
サムが庭にいます。袋の中からボールを出して遊びはじめました。こねこのキティがやってきて、サムのボールをとりました。キティはボールをとりました。キティはボールで遊びます。サムはキティからボールを取り戻します。でも…一緒に遊ぶのが一番です!

作;バルブロ・リンドグレン
絵;エバ・エリクソン
訳;あきのしょういちろう

出版年月;1999.11(2006.10版)
ページ数;32p
サイズ;16.7×15.2×0.6cm
ハードカバー

C$4.00
おちゃのじかんにきたとら (4-924938-21-1(K-393))
ある日、ソフィーとお母さんがお茶の時間にしようとしていると、「ごめんください、お茶の時間にご一緒させていただけませんか」と毛むくじゃらのとらが入ってきます。
お母さんは言います「もちろん、いいですよ。どうぞおはいりなさい」二人は次々に食べ物をすすめ、それを、とらはぜんぶたべてしまいました。家中の食べものも飲みものもなくなってしまうまでです!

作;ジュディス・カー
訳;晴海耕平

出版年月;1994.09(2003.02版)

ページ数;32p
サイズ;26.3×19×0.7cm
ハードカバー

C$5.50
あなたってほんとにしあわせね! (4-924938-4(T-393))
今までは、おかあさんとおとうさんとわたしだけだった。でも、おかあさんがもうひとり、赤ちゃんを生むことになり、わたしに弟ができた…。赤ちゃんとわたしが、きょうだいとして仲良くなる様子をほほえましく描く絵本。

作;キャスリーン・アンホールト
訳;星川奈津代

出版年月;1994.06(2003.05版)
ページ数;30p
サイズ;24.7×21.2×0.6cm
ハードカバー

C$5.25
あくたれラルフ (4-924938-26-2(K-377))
セイラのねこ、ラルフはあくたれねこでした。セイラはからかわれても、パーティをだいなしにされても、どんなあくたれをされても、ラルフのことが好きでした。ところがサーカスにでかけた時、ラルフのあくたれは度をこして…。

作;ジャック・ガントス
絵;ニコール・ルーベル
訳;いしいももこ

出版年月;1994.12(2002.09版)

ページ数;48p

サイズ;23.4×21.9×0.9cm
ハードカバー
表紙に汚れあり

C$5.25
はなたれこぞうさま (4-88750-015-7(L-221))
昔々、花を作っては遠い町まで売りに行く男がいました。男は売れ残った花を、橋の上からおとひめさまへと流します。
そんなある日、おとひめさまのお使いが現れ、望みを何でもかなえてくれる“はなたれこぞうさま”を、お花のお礼にお連れください、と言うのです。
ものは試しと、男は…。

文;川崎大治
絵;太田大八

出版年月;2000.07(2004.10版)

ページ数;32p
サイズ;27.6×21.5×0.8cm
ハードカバー

C$5.00
気持ちの本 (4-88750-050-5(H-233))
「うれしい気持ち、悲しい気持ち、しあわせな気持ち、いやな気持ち、どれもみんな、あなたの大切な気持ち」心の中は目で見えないけれど、心の中の状態を気持ちが知らせてくれます。その時の気持ちを大切にしてください。嬉しい気持ちや幸せな気持ちは、それを言葉にすることで誰かに伝えましょう。あなたの嬉しさはきっと2倍になるはずです。心にいかりの気持ちがわいたら、怒った気持ちを言葉にして誰かに話してみましょう。あなたが人に言葉にして話すと、その気持ちは半分になります。悲しい時も悔しい時もさびしい時も、そうです。言葉にならない気持ちもあるかもしれません。でもあきらめないで!あなたを分かってくれる人に聞いてもらいましょう。あきらめないで、聞いてくれる人を探しましょう。「いろんな気持ちを大切にして ぐんぐん大きく しあわせになる。」

作;森田ゆり
絵;たくさんの子どもたち

出版年月;2003.07(2006.09版)

ページ数;40p

サイズ;24.2×20×0.8cm
ハードカバー

C$5.25
かえでがおか農場のなかまたち (4-88750-000-9(L-218))
かえでがおか農場に住んでいるのは、私たち家族、犬、馬、ブタ、ガチョウとにわとり、めうしとやぎとひつじ。
それからねこ。農場のまわりには、森の小動物たち。
たとえば、ねこのマックスは、ネズミやウサギやリスをつかまえて食べてしまいます。そうしておのこしを、人間にわけてくれます。
個性的なそれぞれを紹介しながら、季節と自然に包まれた日々を語ります。

作・絵;アリスとマーティン・プロベンセン
訳;乾侑美子

出版年月;1998.04(2003.09版)

ページ数;57p
サイズ;32.3×24×1.3cm
ハードカバー
表紙にへこみあり

C$9.00
とてもすてきなわたしの学校 (4-88750-013-0(L-219))
わたしの学校のなまえは 「なんでもスクール」。みんなこの学校がだい好き。
音のききわけをおしえる先生、においのかぎわけをおしえる先生、むすぶことをおしえる先生、さかさにぶらさがって絵をかけるせんせい、いつもとってもかなしい校長先生。
そして、わたしのクラスのボンカーズ先生は、さぼてんとめ牛のちがいを教えてたり、かえるにダンスまで教えます。
そんな「なんでもスクール」の存続をかけた学力試験が行なわれることになります。
対抗するのは、先生の号令のもとになんでも動く「じゅうじゅんスクール」。
校長先生は心配のあまり、涙声ですが、ボンカーズ先生は自信満々。「なんにも心配ありません。だいじなことはおしえてあります。それはかんがえること。みんな、ごうかくまちがいなし。」

文;ドクター・スースとJ・プレラツキー
絵;レイン・スミスとドクター・スース
訳;神宮輝夫

出版年月;1999.09

ページ数;40p
サイズ;38.3×20.8×0.9cm
ハードカバー

C$6.00
せかいのはてってどこですか? (4-924938-40-8(L-217))

井戸の底に、かえるが一匹すんでいました。なかなか快適で、かえるは、そこが「世界」だと思っていました。ある時、雨が降らない日が続き、井戸の水は枯れました。そこで、かえるは、自分に力があるうちに、「せかいのはて」を見ておこうと思います。つまり、「せかいのはて」とは、井戸の淵のことですね。でも、そこまで昇っていったかえるが見たのは、井戸の周りにひろがる、木々とひなぎくの花の群れ。これが「せかいのはて」と思い込んだかえるですが。さて、かえるが最後に見つけた「せかいのはて」はどこだったのでしょう? 

作;アルビントゥレッセルト
絵;ロジャー・デュボアザン
訳;三木卓

出版年月;1995.07(2004.04版)

ページ数;32p

サイズ;25.5×17.8×0.8cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.50
こぶたのプーと青いはた (4-88750-025-4(L-180))
こぶたのプーは学校が大好きです。でも、月曜日と水曜日と金曜日の体育だけは大嫌い。でんぐりがえしの授業は、どんなに頑張っても前に転がりません。「いったいぜんたい体育なんて、なんのためにあるんだよ」と、プーはつぶやきます。金曜日の、体育の時間は『はたとりきょうそう』。赤組のプーは自分の陣地で動かないつもりです。その時、あらいぐまのラクーンがプーに作戦を耳打ちします。

作;カーラ・スティーブンズ
絵;レイ=イ・ベネット
訳;代田昇

出版年月;2001.02(2006.01版)
ページ数;54p
サイズ;21.6×18.8×1cm
ハードカバー

C$5.00
しりたがりやのこぶたくん (4-924938-44-0(K-252))

こぶたくん、妹のアマンダ、お父さん、お母さんのこぶたくん一家のなにげない日々を描いた、あたたかく、ユーモアたっぷりの5編からなるお話。
第二話『ひとりでいたいの』では、「かあさんいま、しずかにしていたいの。ひとりでいたいの」と、お母さんが木の上でひとやすみ…。
そのほか4編も、子どもをあたたかく包み、大人もほっと力がぬけるようなお話です。

作;ジーン・バン・ルーワン
絵;アーノルド・ローベル
訳;三木卓

出版年月;1995.11(2003.02版)
ページ数; 64p
サイズ;22.2×15.5×1cm
ハードカバー
表紙、色あせあり
C$5.00
くまくんはどこ? (4-88750-096-9(T-402))
おもちゃの"くまくん"が見あたらなくてお部屋の中を探すトーマス、その途中、他のおもちゃで遊んでみたり、オモチャ箱を足の踏み場もないくらいに引っくり返してみたり・・・。でも最後には。

文・絵;グニラ・ヴォルデ
訳;つばきはらななこ

出版年月;2008.02
ページ数;24p
サイズ;16.3×16.7×0.5cm
ハードカバー

C$4.50
三びきのごきげんなライオン (4-88750-065-3(L-178))
あるフランスの町の動物園に住むライオンの夫婦に、男の子が生まれました。男の子が大きくなるにつれ、お父さんには、考えることがありました。「この子は、将来、どんな仕事をするのだろうか」と。お父さんは、ライオンというものは、チャンスさえ与えられれば、たいていの仕事はできると思っています。ですから、男の子にも、可能性のある未来がひらかれているはずです。それで、その子にふさわしいと思える環境を用意します。でも、結局、ライオンの男の子が自分にぴったりの仕事として選んだのは・・・・

文;ルイーズ・ファデオ
絵;ロジャー・デュボアザン
訳;はるみこうへい

出版年月;2005.07
ページ数;32p
サイズ;20.5×25.7×0.8cm
ハードカバー

C$5.50
あなただけのちいさないえ (4-88750-115-7(L-110))
テーブルの下、木の上…人は誰でも、自分だけの家を持つことができる。あなたも、あなただけの家を持つことができるのだ-。幼い頃、誰もが持っていた秘密の場所の情景を詩情する絵本。

文;ベアトリス・シェンク・ド・レーニエ
絵;アイリーン・ハース
訳;ほしかわなつこ

出版年月;2010.08
ページ数;40p
サイズ;26.3×13.1×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
おこった月 (4-88750-085-8(H-213))
昔、ルーバンという男の子とラポウィンザという女の子がいました。ある月夜のこと、ラポウィンザが空を見あげて月のことを悪く言ってしまったのです。そのとたん、ラポウィンザは月によって天に連れ去られました。ルーバンは、ラポウィンザを助けようと、矢のはしごをつくって、はるかかなたの天をめざしてのぼります。天にのぼるとおばあさんが迎えてくれました。ルーバンはラボウィンザを助け出しますが、おそろしい月に追いかけられます。その時、おばあさんから授かった四つのものの力で、かろうじて逃げのびることができました。こうして、二人は無事に、自分たちの村に帰りました。

再話;W・スリーター
絵;B・レント
訳;はるみこうへい

出版年月;2006.09
ページ数;48p
サイズ;23.3×22.8×0.7cm
ハードカバー

C$5.50
絵本の森の魔法の果実 ((A-27))

こどもの心を満たす絵本・こどもの本を、こども達へ手渡したい。そんな願いのこもったネットワーク「童話館ぶっくくらぶ」の会員から寄せられた、絵本・こどもの本を仲立ちにした子どもと家族の物語。

著者;川端 強

出版年月;1999.06(2001.09版)
サイズ;20.7x15.7x2.8cm
ハードカバー

C$4.50
Per Page      1 - 20 of 36