バーナーの下にお知らせを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

低学年

Sort By:  
おこりじぞう (4-323-00237-8(K-380))
1945年8月6日。広島の町角に立つわらいじぞうが見たものは、まるで太陽が落ちてきたとしかいいようのない光景だったのです…。作家と語り部と画家が悲しみと怒りをこめて描く入魂の絵本。

原作;山口勇子
語り;沼田曜一
絵;四国五郎

出版年月;1979.11(1993.07版)

ページ数;36p

サイズ;23.7×24.7×1cm
ハードカバー
カバー付
カバーに汚れあり

C$4.50
ぼくってだれ (4-265-02502-1(L-5))
ぼくは、ぼくなんだ!3億ものなかまのチャンピオンとして、ぼくは、いま生きているんだ。産婦人科医と小学校教師の父子が協力してつくりあげた“いのちの尊さ”を考えさせる話題の絵本。 

作;依田 省吾
    依田 逸夫
絵;高田勲

出版年月;1986.10(1999.10版)
ページ数;31p
サイズ;24.8×21.2×1cm
ハードカバー
一部シミあり

C$2.00
アルプスのきょうだい (4-00-110037-1(K-296))
アルプスの美しい山々を背景に,二人のきょうだいウルスリとフルリーナが自然の中でくり広げる物語.国際アンデルセン(画家)賞を受賞したスイスの有名な画家カリジェ(1902-85)による,詩情あふれる絵本.

文;ゼリーナ・ヘンツ
絵;アロワン・カリジェ
訳;光吉夏弥

出版年月;1954.09(1999.11版)
ページ数;
サイズ;20.7×16.6×1cm
ハードカバー

C$4.75
学校ってどんなところ? 1年1くみの1にち (4-7520-0504-9(K-316))
登校、朝の会、国語、算数、休み時間…と、小学校1年生のクラスの1日を追った画期的な絵本!
教室を定点で追う中で、忘れ物したり、いたずらしたり、と楽しいストーリーが展開。学校の1日が分かり、自分の学校とくらべてみても楽しめます

文・写真;川島敏生

出版年月;2010.09(2012.02版)
ページ数;40p
サイズ;29×22.3×0.8cm
ハードカバー
カバー付
C$5.50
なぞなぞのすきな女の子 ((D-109))
なぞなぞあそびの大好きな女の子とはらぺこのオオカミが、森でばったり出会いました。うまそうな女のこだぞと舌なめずりしたとたん、女の子になぞなぞを出されて、オオカミは大弱り。さあ、どんななぞなぞかな?なぞなぞがいっぱい出てくる楽しい幼年向童話。

作;松岡享子
絵;大社玲子

出版年月;1976

ページ数;61p
サイズ;23×18.8×1.4cm
ハードカバー
シミ、色あせ多数あり
落書きあり

C$2.00
C$4.75
ゆうれいやしきのたから (4-494-00383-2(L-112))

のねずみハリーのぼうけん

のねずみハリーは広い世界を知るために旅に出た。途中でお腹をすかせたおばあさんに会い、持っていた食べ物をすべてあげた。また先へ行くと、今度はお腹をすかせたおじいさんに出会った。食べ物の袋は空っぽのはずが、いつの間にかまたいっぱいになっていた。喜んだおじいさんと笛を吹くと、おじいさんが笛を交換しようと言ってきた。その笛を持って、また進んでいくと、どこからか赤ちゃんの鳴き声が。ハリーはお乳をあげるために町へと急いだ。

作;大友康夫

出版年月;1993.02(1994.08版)
ページ数;60p
サイズ;17.4×19×1.1cm
ハードカバー
カバー付
上下に擦れあり

C$5.00
とけいのえほん (4-924710-40-5(K-385))
わかりやすくて とってもキレイ!
時を刻む一つの振り子時計。そこから、時間のイメージが果てしなく広が っていきます。
ある時刻は、羊が眠る静寂に包まれた夜更けの大地。ある時刻は、早朝まだ暗いうちから仕込み始める街の豆腐屋さん。ある時刻は、広大なサバンナに沈みかけた真っ赤な太陽。
時計の進み方と同時に、世の中の色々な表情が伝わる情緒あふれる作品です。読むたびに、新しいお話が生まれることでしょう。

作;とだこうしろう

出版年月;1995.09(2009.10版)

ページ数;

サイズ;27×20.3×1cm
ハードカバー

C$5.50
あるきだした小さな木 (4-03-404140-4(L-95))
人間の世界に興味を持った木が、美しい愛情やみにくい欲望を見て心の成長をとげる。

作;ボルクマン
絵;セリグ
訳;花輪莞爾

出版年月;1969.12(1989.04版)
ページ数;66p
サイズ;23×20×1.2cm
ハードカバー

最初と最後のページに
シミ、汚れあり

C$5.50
かわいそうなぞう (4-323-00211-4(L-212))
戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。これは本当にあった悲しいお話です。毎年終戦記念日に評論家の秋山ちえ子氏が平和への願いをこめてラジオで朗読し、テレビでも紹介された名作。

文;つちやゆきお
絵;たけべもといちろう

出版年月;1970.08(1988.07版)

ページ数;32p

サイズ;26.5×19×1cm
ハードカバー
カバー付
カバーに色あせあり
汚れあり

C$4.00
かんじのえほん<漢字の絵本> (4-265-90302-9(L-125))
奇抜なアイデアと新鮮な感覚の絵によって展開する楽しい漢字の絵本。一年生で習う漢字のすべてと二年生で習う漢字の大部分収載。

作;五味太郎

出版年月;1980.03(1994.02版)
ページ数;48p

サイズ;24.6×21.5×1.1cm
ハードカバー
色あせ、一部やぶれあり

C$5.50
らくだいにんじゃらんたろう にんタマ三人ぐみのラクして頭がよくなる大さくせん! (4-591-04819-5(L-171))
先生たちの「×××があれば100点をとれる」という会話を聞いたにんタマ三人ぐみ。さっそく、×××をさがして学園中をかけまわります。

作;尼子騒兵衛

出版年月;1995.10(1996.02版)
ページ数;80p
サイズ;23×19×1.5cm
ハードカバー
カバー付
表紙裏に落書き
カバーにやぶれあり
C$4.50
かわいいこねこをもらってください (4-591-09938-4(L-188))
ちいちゃんはこねこを拾いました。でも、お家はアパートで飼えません。小さな命を守ろうとがんばった女の子のお話

作;なりゆきわかこ
絵;垂石眞子

出版年月;2007.10(2008.05版)

ページ数;80p
サイズ;20.5×15.5×1.2cm
ハードカバー
カバー付

C$5.00
ちびねこコビとおともだち (4-251-00730-1(K-282))
けんかが大好きなちびねこコビは、迷子になってしまいました。小さなうちがあって、ドアがあけたままだったので、疲れたコビは入って眠ってしまいました。そこは、大きな犬のうちでした。コビは、「よし、けんかだ」と思って犬にうなります。

作;角野栄子
絵;垂石眞子

出版年月;1993.07(1993.12版)
ページ数;77p
サイズ;21.7×15.3×1.5cm
ハードカバー
カバー付
C$5.00
はなたれこぞうさま (4-88750-015-7(L-221))
昔々、花を作っては遠い町まで売りに行く男がいました。男は売れ残った花を、橋の上からおとひめさまへと流します。
そんなある日、おとひめさまのお使いが現れ、望みを何でもかなえてくれる“はなたれこぞうさま”を、お花のお礼にお連れください、と言うのです。
ものは試しと、男は…。

文;川崎大治
絵;太田大八

出版年月;2000.07(2004.10版)

ページ数;32p
サイズ;27.6×21.5×0.8cm
ハードカバー

C$5.00
かげをみつけたカンガルーぼうや (4-477-16354-1(L-87))
お母さんのお腹の中から外を見ると、何かがお母さんについてくる。お母さんに「これは何?」と聞いて見ると「それはかげよ。」と教えてくれました。カンガルーぼうやもかげがほしいというと、お母さんはわらって「かげは、草で待ってるわよ。」と言いました。草の上で、お腹から出てみると。。。他4話収録。 

作;アニタ・ヒューエット
訳;清水真砂子

出版年月;1986.01
ページ数; 113p
サイズ;20.7×15.5×1.3cm

ハードカバー
表紙に色あせあり
カバー付

C$4.00
がんばれなきむし1ねんせい (4-323-02007-4(L-82))
一年生になっても泣き虫がなおらないとしきは、先生や友だちと泣き虫をなおす約束をします。でも、ある日怪人がいるという地下室の探検に連れていかれ、そこでガイコツを見つけてこわくて泣きだしそうになってしまい…。

作;浜野卓也
絵;中村景児

出版年月;1996.06(2001.05版)
ページ数; 76p
サイズ;22×15.5×1.5cm

ハードカバー
カバー付
表紙に色あせ、折れあり

C$4.50
ハリネズミはくいしんぼ (4-323-00887-7(L-89))
ヨーロッパでは身近な動物、はりねずみをとりあげ、春から秋にかけてのかれらの生活を、種々の動植物の生活とともに描く。

作;エーリッヒ・クロース
訳;塩谷太郎
絵;田沢梨枝子

出版年月;1980.07(1990.03版)
ページ数;94p
サイズ;21.5×15.5×1.5cm

ハードカバー
表紙に破損あり

C$4.00
きつねのおきゃくさま (4-914985-27-6(L-153))

おなかをすかせたきつねが歩いていると、やせたひよこに会った。太らせてから食べようと、家につれて帰った。ある日、太ったひよこが散歩に行くと、今度はやせたあひるに会った。ひよこは、やさしいきつねお兄ちゃんのところに来ればいいと誘う。きつねはなんだかうれしくなった。太ったひよことあひるが散歩に行くと、今度はやせたうさぎに会った。神様のようなきつねお兄ちゃんのところに来ればいいと誘う。それを聞いたきつねはうっとりして気絶しそうになった。ある日、おおかみが山から下りてきて、、、。

文;あまんきみこ
絵;二俣英五郎

出版社;サンリード
出版年月;1984
ページ数; 
サイズ;28.3×21.8×0.8cm
ハードカバー
汚れ、シミあり
C$5.00
きかんしゃ1414 (4-03-532060-9(L-11))
働き疲れた老機関車がこっそり夜のひとり旅に出かけます。機関車と少年の冒険と友情を描くほのぼのとしたファンタジー。 

作者;フェルト
絵;赤坂三好
訳;鈴木武樹

出版年月;1968.06(1985.11版)
ページ数;150p
サイズ;22×15.5×1.8cm
ハードカバー
外側にシミあり

C$3.00
ぼくはおばけのかていきょうし なぞのあかりどろぼう (4-591-06504-9(L-118))

謎の美少女転校生「みよちゃん」がやってきてから、家や学校で電球がなくなる事件が発生。ヒデくんがみよちゃんの家に遊びにいくと、そこは「おばけやしき」と呼ばれる古い空き家だった。みよちゃんの家族もなんだかおかしい。ちょんまげを結ったり、古い着物を着ていたり。実はなんと、家族は全員、人間のふりをしたおばけだった!上手な人間のふりを教える「おばけのかていきょうし」になったヒデくんは…。こわくて楽しいお話!

作;さとうまきこ
絵;はらゆたか

出版年月;2000.10
ページ数;81p
サイズ;21×15.5×1.4cm
ハードカバー
カバー付
カバーに色あせあり

C$4.50
Per Page      81 - 100 of 193