バーナーの下にセールや、新しい本の情報などを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

中学年

Sort By:  
ながいながいペンギンの話 (4-652-00501-6(L-175))
元気いっぱい、こわいものしらずの兄のルルと、おくびょうだけど心やさしい弟のキキ。ふたごのペンギンのハラハラドキドキ冒険。

作;いぬいとみこ
絵;山田三郎

出版年月;1999.01(2013.01版)
ページ数;196p
サイズ;21.7×15.5×1.8cm
ハードカバー
カバー付
売り切れ
C$5.50
プリンセスと魔法のかがみ (4-591-11843-6(H-290))
白雪姫、かぐや姫、それにシンデレラ・・・。おなじみのプリンセスたちが元のお話をとびだして、大活躍! ときめきがいっぱいの、7つの名作パロディです♪

編;芝田勝茂

出版年月;2010.06(2010.07版)
ページ数;165p
サイズ;18×13.5×1.8cm
ハードカバー
カバーつき

C$5.25
ヒコーキざむらい (4-89432-440-4(K-510))

「ほんのひとっとびさ」。怖がることはない、ほんのちょっとと思ってみたら、本当に飛べたんだよ、というおばあちゃんの言葉だ。 3メートルとはいえ、はじめてヒコーキに乗る体験をしたひいおじいちゃん。それに憧れてヒコーキに乗ったおばあちゃんは孫のミチも誘うが、ミチは怖がって乗らない。ミチの顔がちょっとびびっている。ひいおじいちゃんも、おばあちゃんも「飛んだ」人なのだ。それは、空を飛ぶことでもあり、いまの自分を超えるということでもあるかもしれない。おばあちゃんの部屋の窓の向こうで、跳び箱を跳んでいるミチ。跳びきった背後の空を見ていると、ミチはきっと飛ぶだろうなと思えてくる。ひいおじいちゃんとヒコーキに乗っているミチの姿と、訥々と語るおばあちゃんの言葉が、脈々と繋がるご先祖様の血に守られていることの勇気を感じさせてくれる。長谷川さんの描くのびやかな空が実に素晴らしい。心から願えばいつか、ぽんと自分を超えられる、そんな気持ちになる絵本。

文;今江祥智
絵;長谷川義史

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.06
ページ数;32p
サイズ;14.7×11.2×0.8cm
ハードカバー

売り切れ
C$3.50
グリム童話 みっけちゃん (4-89432-445-9(K-509))

グリム童話の『みつけ鳥』がこんなに愛らしくポップな絵本になりました。タカにさらわれ、森の中に置き去りにされた男の子と、見つけてくれたお家で一緒に育った女の子。ふたりは捕らえようとする料理女からも下男からも逃げていきます。バラや教会、池に変身して……。何とも不思議なお話ですが、リズミカルで歌うように語られるお話と、テンポよく場面が変わっていく絵本ならではの楽しさで、不思議がすとんと胸におちるのです。幼い頃から心通わせ、大好きどうしのふたりだからこそ、災いの手から逃れるための愛の力を強く持つことが出来たのでしょう。細やかに描かれたイラストをじっくりとご覧下さい。レーネちゃんが変身したものには白いリボンが、みっけちゃんが変身したものには黄色い葉っぱがついていますよ。作家の遊び心が見つけられると、絵本を読むのがもっと楽しくなりますね。

文・絵;つつみあれい

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.07
ページ数;32p
サイズ;14.7×11.2×0.8cm
ハードカバー

C$3.50
大どろぼうタンタン ((H-289))
ひとつ、いつもかっこよく。ふたつ、けちな仕事はしないこと。一流をつらぬくどろぼう、タンタンが盗みに入った家では。。。

作;五十嵐典子
絵;金本安民

出版社;日本標準
出版年月;
ページ数;24p
サイズ;21.8×15.7×0.2cm
ソフトカバー
名前の記入あり

C$1.00
ハードルキャンプでいっちょまえ (4-8113-7358-8(L-275))
「ハードルキャンプ」は、ふつうのキャンプじゃない。わかりやすくいえば、テストのあるキャンプだ。

「テストのあるキャンプに、なんではりきって参加するの?」
と、ふしぎに思う人がいるかもしれない。
 正だって国語や、算数のテストをされるキャンプなら、おことわりだ。ハードルキャンプは勉強なんかしない。ボーイスカウト「見習生」が「いっちょまえ」のボーイスカウトになるためのキャンプなんだ。

 正と仲間の三郎、和夫、カメチャン、月の助は、夏休みになってはりきってキャンプに参加しようとしている。みんなのやる気が、入道雲みたいにむくむくわきあがっていた。

作;今関信子
絵;山崎克己

出版社;汐文社
出版年月;2000.12(2001.05版)
ページ数;99p
サイズ;21.5×15.5×1.4cm
ハードカバー
カバー付

C$5.00
かいぞくポケット12 かみなりトッケポ (4-251-03782-0(H-288))
空が光って、ポケット号のマストに、かみなりの男の子がおちてきた。名前はトッケポ。なかよくしてほしいというのだが……。

作;寺村輝夫
絵;永井郁子

出版年月;1994.11(1995.04版)
ページ数;103p
サイズ;21.5×15.2×1.5cm
ハードカバー

C$4.75
三枚のカード (4-89432-447-3(K-512))
民話の「三枚のお札」を土台に、谷川俊太郎さんがパロディ化して作り出された新作。
「三枚のお札」には和尚さんがくれたお札のおかげで、鬼婆から逃げきった小僧のお話。
お札のかわりにカードを携え、逆に鬼婆に会いたいと夜の街に出て行った少年は……。
絵は下谷二助さん。下谷さんの底力を発揮した作品といえるでしょう。
公園のベンチで焼き栗を食べている女も変だし、ギターを爪弾きながら寂しい歌を歌う女も何か妙だ。
少年が壁辟易している表情もどこかおかしい。
ページをめくる楽しさと驚き、どことなく不穏な気配に引きつけられていく絵本です。

文;谷川俊太郎
絵;下谷二助

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.08
ページ数;32p
サイズ;14.7×11.2×0.8cm
ハードカバー

C$3.50
熊ちゃん (4-89432-436-7(K-511))
「さいしょに気がついたのは麻里ちゃんだった」――と始まる物語に、えっ?と目をきょろきょろさせてしまいます。
あ、この青いリボンの箱ね、と絵の中から見つけ出したとたん、読者は麻里ちゃんになっています。
「なんでもあとで……だわ、ずうっとむかしから……」という麻里ちゃんの声は小さな子どもたち全ての声かもしれません。
麻里ちゃんの姿から幼い自分を、大人には見えなくなってしまったものが子どもにはちゃんと見えているということを、
思い出すのではないでしょうか。誰のところにも熊ちゃんはいるのかもしれません。
子どもの孤独を描いた最高傑作の絵本です

文;今江祥智
絵;あべ弘士

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.04
ページ数;32p
サイズ;14.7×11.2×0.8cm
ハードカバー

C$3.50
かなしみのたたかい (4-88012-118-5(H-287))

ロスタムは、ペルシャで一番強い戦士でした。一方、ソラブは、その隣の国、トーランで一番勇敢な戦士でした。二人は戦で戦うことになり、ロスタムはソラブを破りました。しかし…二人には、お互いが知らない秘密があったのです。ギリシャ悲劇にも似た話のある、イランの伝説です。

作・絵;ハミド・レザ・ベイダーギー
訳;おおいしまりこ

出版社;新世研
出版年月;2002.06
ページ数;
サイズ;24×23×1cm
ハードカバー
カバー付

C$5.50
ほんとうに心があったかくなる話 3年生 (4-591-08403-5(H-286))
全国から公募であつまった、心あたたまるエピソード。学校でのひとこま、家族のきずな、自然とのふれあい…。毎日の生活のなかで、キラリとひかる物語がいっぱいです。

編;日本児童文学者協会

出版年月;2005.01(2005.04版)
ページ数;135p
サイズ;21.7×15.5×1.6cm
ハードカバー

C$5.00
ふしぎなアイスクリーム (4-323-00412-5(L-269))
ケンは、お兄ちゃんの顕微鏡をこわしてしまい、隣に住むなき虫のたあちと家出をします。林の中で見知らぬおじいさんにもらったアイスクリームは、ふしぎな味が…。「だめだ」と思いこんでいる少年の心の成長を描きます。

作;手島悠介
絵;中村景児

出版年月;1982.03(1990.06版)
ページ数;72p
サイズ;22×19×1cm
ハードカバー
カバーつき
外側にしみあり

C$4.75
Rie Osanai 長内りえ画集 (4-562-03846-2(K-502))
長内りえさんのすてきな絵を集めた画集です。

作;長内りえ

出版社;原書房
出版年月;2004.11
ページ数;
サイズ;26.7×21.7×1cm
ハードカバー
カバーつき

C$8.00
ぼくは王さま (4-652-00506-7(L-227))
王さまはたまごやきが大好き。朝も昼も夜も、いつもたまごやきを食べます。ある日、王さまはとびきり大きなたまごやきを作るために「ぞうのたまご」をとってこいと命令を出しますが…。

作;寺村輝夫
絵;和田誠

出版年月;2001.01(2009.11版)

ページ数;206p
サイズ;21.7×15.5×1.7cm
ハードカバー
表紙の汚れあり

売り切れ
C$4.75
マーヤの植物だより (4-338-12601-9(L-258))
トネリコの木にブランコをかけ、ワスレナグサの草原でワルツを踊り、ヒルガオの花でかんむりをむすんで…自然が大好きな女の子マーヤは花や草や木に囲まれて素敵な時間を過ごします。植物を愛する心を伝える絵本。

作;レーナ・アンデジョン
訳;ひしきあきらこ

出版年月;1995.09

ページ数;

サイズ;26×20.5×0.9cm
ハードカバー

C$5.25
王さまばんざい (4-652-00127-4(L-226))
おしゃべりなたまごやきが,王さまのひみつをしゃべりだしました…。きかんぼうの王さま,大あわてです。王さまシリーズ第2作。お話11話収録

作;寺村輝夫
絵;和歌山静子

出版年月;1975(1990.04版)

ページ数;174p
サイズ;22.7×15.5×1.5cm
ハードカバー
カバー付き
ヤケあり

売り切れ
C$3.50
南の島の星の砂 (4-309-26584-7(H-283))
12色のクレヨンから生み出された豊かな闇と無限の色をたたえる光。音楽活動中止より1年半の沈黙を破って贈る、世界で最も美しい絵本。20万部の大ベストセラー。

作;Cocco

出版年月;2002.09

ページ数;

サイズ;25.8×23.3×0.9cm
ハードカバー
カバーつき
カバー上部に破れあり

C$6.00
わたしのママは魔女 魔王がママにプロポーズ!? (4-591-10444-6(H-282))
まほうの国で、みんなにおそれられている魔王。その魔王のお城へ、ママが出かけていくことに。心配したカオリはママについていきますが・・・。

作;藤真知子
絵;ゆーちみえこ

出版年月;2008.08

ページ数;131p

サイズ;21.7×15.5×1.7cm
ハードカバー
カバーつき

C$4.75
いけっ!ぼくのハヤテ (4-337-33058-0(H-281))
ひろしは子犬にハヤテと名前をつけて、ないしょで飼い始める。兄ちゃんも秘密を守ってピンチを救ってくれた。だが動物アレルギーが再発してしまう。ハヤテと一緒にいたい。でも兄ちゃんが苦しむのもいやだ。悩むヒロシの答えは…。

作;矢部美智代
絵;尾崎曜子

出版年月;2006.11(2007.04版)

ページ数;95p

サイズ;21.5×15.5×1.5cm
ハードカバー
カバーつき

C$5.50
へんな怪獣 (4-652-00511-3(L-257))
大きな宇宙船が町はずれに着陸した。中から出てきたものを見て,みんなはひめいをあげた……。19ものゆかいなお話がつまった一冊。

作;星新一
絵;和田誠

出版年月;2001.03(2009.02版)

ページ数;194p

サイズ;21.7×15.5×1.8cm
ハードカバー
表紙に汚れ、きずあり

C$4.75
Per Page      21 - 40 of 169