高学年以上

Sort By:  
西遊記(上) (4-8340-0992-0(H-148))

如意棒を片手に〓(きん)斗雲にうちまたがれば、ひとっ飛び十万八千里をゆく、ご存じ孫悟空の物語。天宮を騒がせ、お釈迦様に五行山下に閉じこめられた悟空は、五百年後に縁あって三蔵法師に救われ、猪八戒と沙悟浄と共に、仏典を求めて天竺雷音寺へと取経の旅にのぼります。はたして、いかなる運命が待ち受けているのでしょうか。

作;呉承恩

訳;君島久子
画;瀬川康男

出版年月;2004.01
ページ数;416P 
サイズ;17.4×11.3×1.8cm
ソフトカバー
カバー付
カバーに色あせあり

C$3.60
C$4.50
西遊記(中) (4-8340-0993-9(H-149))

幾山河、厳しい旅を続ける師弟の行く手を陥む魔物は数知れず。叱られつつも身を挺して三蔵を護る健気な悟空、ときに欲得に溺れて道を外してしまうが、憎めない愛嬌者の猪八戒、一途でひたすら師に仕える生真面目な沙悟浄―唐の皇帝太宗の命を奉じた真経を求める旅は苦難に満ち、四人の前に遙かにつづくのでした。

作;呉承恩

訳;君島久子
画;瀬川康男

出版年月;2004.01
ページ数;416P 
サイズ;17.4×11.3×1.8cm
ソフトカバー
カバー付
カバーに色あせあり

C$3.60
C$4.50
西遊記(下) (4-8340-0994-7(H-150))

手を替え品を替え襲いかかってくる妖怪変化の群れ。事もあろうに、偽物の悟空が現れるに至って万策尽き果てた悟空は、普陀落山に観音菩薩の助力を求めます。そして、女人国で妖しい美女に誘われ、その真仮を問われる三蔵。八十一の災厄患難を切り抜けた師弟四人は、遂に雷音寺にたどり着き、満願をはたします。

作;呉承恩

訳;君島久子
画;瀬川康男

出版年月;2004.01
ページ数;432P 
サイズ;17.4×11.3×1.8cm
ソフトカバー
カバー付
カバーに色あせあり

C$3.60
C$4.50
少年動物誌 (4-8340-0483-X(H-185))
冬枯れの田んぼから飛び立とうとするタヒバリを狙い、追い続ける「ぼく」。小動物の息づかいが生活の傍らで感じられた丹波篠山を舞台に、少年と動物の交流をいきいきと描く。「タヒバリ」「モル氏」など10編。

作;河合雅雄

出版年月;1976.05(2002.02版)
ページ数;312p
サイズ;19.2×13.5×1.9cm
ソフトカバー
ケース付
C$4.00
C$5.00
マーガレット・マーヒーお話集 魔法使いのチョコレート・ケーキ (4-8340-0981-5(H-243))
不思議な驚きに満ちた世界へ子どもたちを案内し、夢と願いを存分に満たしてくれるお話集。「たこあげ大会」「葉っぱの魔法」など、8編の童話と2編の詩を収めます。

作;マーガレット・マーヒー
画;シャーリー・ヒューズ
訳;石井桃子

出版年月;1984.06(2010.11版)

ページ数;184p
サイズ;21.6×15.5×1.8cm
ハードカバー

C$4.40
C$5.50
魔女の宅急便 (4-8340-0119-9(H-244))
13歳の満月の夜、魔女の子キキはひとり立ちの旅に出ました。 使える魔法はほうきで空を飛ぶことだけ。たどり着いたコリコの町で、空飛ぶ「宅急便屋さん」をはじめます。 人々の思いをのせたさまざまな荷物を届けながら、キキは、喜び、悩み、そして成長していきます。

作;角野栄子
画;林明子

出版年月;1985.01(2014.01版)

ページ数;272p
サイズ;20.8×15.3×1.7cm
ハードカバー

C$4.40
C$5.50
ショヴォー氏とルノー君のお話集1 年をとったワニの話 他3扁 (4-8340-0503-8(H-249))

0世紀もの年を経たワニは故郷を捨ててナイルを下り、海に出て12本足のタコと恋仲になるが…。苦いユーモアにみちた表題作ほか、「メンドリとアヒルの話」「おとなしいカメの話」など奇想あふれる全4篇を収録。

作;レオポルド・ショヴォー
訳;出口裕弘

出版年月;1986.01(1986.07版)

ページ数;182p
サイズ;26.8×19.2×1.8cm
ハードカバー
ケースつき
色あせあり

C$4.40
C$5.50
ショヴォー氏とルノー君のお話集2 子どもを食べる大きな木の話 他4扁 (4-8340-0490-2(H-250))

エスプリあふれる、比類ないお話集の第2巻。子どもを食べて肥え太ったブナの大木と木こりが死闘を演じる表題作ほか、とことん自在に物語の世界を広げる傑作5編が大集合!

作;レオポルド・ショヴォー
訳;出口裕弘

出版年月;1986.01(1986.07版)

ページ数;150p
サイズ;26.8×19.2×1.6cm
ハードカバー
ケースつき
色あせあり

C$4.40
C$5.50
ショヴォー氏とルノー君のお話集4 いっすんぼうしの話 他2扁 (4-8340-0466-X(H-251))

フランスの一寸法師ロワトレ君が木靴の舟に乗って大冒険。アヒルと旅をし巨人に追われ、王女さまとのロマンスも…はて、結末やいかに?他にナンセンスの極致を行く2編。

作;レオポルド・ショヴォー
訳;出口裕弘

出版年月;1986.01(1986.07版)

ページ数;142p
サイズ;26.8×19.2×1.6cm
ハードカバー
ケースつき
色あせあり

C$4.40
C$5.50
天動説の絵本 -てんがうごいていたころのはなし- (4-8340-0751-0(D-140))

地球が全宇宙の中心だと信じていたころの人びとが考えていた世界とは、いったいどんな世界だったのでしょう? 中世然とした作りの、ユニークな科学絵本。

作;安野光雅

出版年月;1979.08(1992.01版)

ページ数;48p

サイズ;25.3×23.2×0.8cm
ハードカバー
図書館のリサイクル本
表紙裏にテープ跡あり

C$3.50
C$5.50
まどれーぬちゃんとまほうのおかし (4-09‐289728‐1(L-299))
お菓子を作りながら、成長する女の子の物語

まどれーぬちゃんが、お菓子の作り方をおぼえながら成長していく物語。
おいしそうなお菓子がいっぱい出てきます!
小川糸さんと荒井良二さんのコンビで子どもから大人まで楽しめる1冊になりました。

文;小川糸
絵;荒井良二

出版年月;2010.10
ページ数;120p
サイズ;21.7×15.5×1.5cm
ハードカバー
カバー付き
C$5.50
あやとりひめ -五色の糸の物語- (4-652‐00286‐6(H-306))
両親をなくしたアヤは、母に習ったあやとりを使って、次々おとずれる危機をのりこえ、最後に幸せをつかむ。創作おとぎばなし。

作;森山京
絵;飯野和好

出版年月;1999.04
ページ数;78p
サイズ;21.2×18.5×1.2cm
ハードカバー
C$5.00
ドリトル先生アフリカゆき (4-00-114021-7(H-167))
動物と話のできる名医ジョン・ドリトル先生は、サルたちを恐ろしい疫病から救うために、アヒルのダブダブや犬のジップ、ブタのガブガブらを引き連れてアフリカに向かいます。

作;ヒュー・ロフティング
訳;井伏鱒二

出版年月;1951.06(2002.10版)

ページ数;254p

サイズ;17.3×12.4×1.2cm
ソフトカバー
カバー付
カバーに色あせ、汚れあり
売り切れ
C$3.75
ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密 (4-652-01314-4(H-245))
ドレミファ荘に住むピピンは、なかよしのトムトムと真夜中の足音の謎を追う。100歳のおばあさんチェントさんも冒険に加わる。

作;たかどのほうこ
絵;さとうあや

出版年月;2011.06

ページ数;164p
サイズ;20.3×15.3×1.6cm
ハードカバー
カバーつき
カバーに色あせあり

売り切れ
C$5.25
パティの宇宙日記 ((H-64))
宇宙船の旅はとてもたいくつだった。それにおそろしくながかった。とうとう全員が誕生日を四回もむかえて、この旅が永遠につづくように思えてきたころ、ガイドが、目的地まであと数か月ですといった。けれど、あと数か月ときくと、みんなは喜ぶかわりに不安になりはじめた。

作;ジル・P=ウォールシュ
訳;岡本浜江
絵;小野かおる

出版年月;1991.08
ページ数;128p
サイズ;21.6×15.5×1.4cm
ハードカバー

売り切れ
C$4.50
おばけもビックリ 語源の話 (4-266-05011-5(H-221))
鬼のかくらん/地獄のさたも金しだい/ゆうれいの浜風/ほとけの顔も三度など仏教に関することばを中心に語源をさぐる

作;木暮正夫
絵;こぐれけんじろう

出版年月;1997.12(1998.05版)

ページ数;95p
サイズ;21.5×15.5×1.4cm
ハードカバー
表紙にキズあり
角にはがれあり

売り切れ
C$5.00
日めくりのすきま (4-89423-204-9(H-305))

1月から12月まで、日常生活の中で誰れでもが経験する様な出来事を、少し見方を変えて、ファンタジックな、あるいはユーモアのある話にまとめた日記風な文章。 雪ダルマが雪ダルマづくりを手伝いにきたり,家の前にラクダが倒れていたり…。「ぼく」の日記の形をとったナンセンスな掌編の数々。

作;にしわきしんすけ
絵;長新太

出版年月;1998.04
ページ数;168p
サイズ;20×15.3×1.6cm
ハードカバー
図書館リサイクル本 *中はきれいです

C$3.00
アカネヒメ物語 春色のミュージカル (4-265-06709-3(H-304))

なかよしのりかちゃんの夢はぬいぐるみ作家だときいて、はるひは考える。わたしの夢ってなんだろう? そんなはるひの耳に、鳥のように澄んだ歌声がとびこんできた…。

作;村山早紀
絵;森友典子

出版年月;2003.03
ページ数;87p
サイズ;19.7×15.3×1.1cm
ハードカバー
カバーにしわあり
カバー付き
2か所にスタンプ押印

C$4.75
チャペック童話 郵便屋さんの話 (4-89432-425-1(H-224))
仕事に喜びを見いだせなかったコルババさんが、小人たちと偶然出会うことによって変化がおこります。無味乾燥に思えた手紙にも真心がこもっているものがあるのです。
心をこめて書かれた手紙のもたらす幸福感――これはいつの時代にもあるのではないでしょうか。

作;カレル・チャペック
訳;関沢明子
画;藤本将

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.03(2011.11版)

ページ数;64p
サイズ;21.6×17.8×1.1cm
ハードカバー
カバー付
角にスレあり

C$5.00
三枚のカード (4-89432-447-3(K-512))
民話の「三枚のお札」を土台に、谷川俊太郎さんがパロディ化して作り出された新作。
「三枚のお札」には和尚さんがくれたお札のおかげで、鬼婆から逃げきった小僧のお話。
お札のかわりにカードを携え、逆に鬼婆に会いたいと夜の街に出て行った少年は……。
絵は下谷二助さん。下谷さんの底力を発揮した作品といえるでしょう。
公園のベンチで焼き栗を食べている女も変だし、ギターを爪弾きながら寂しい歌を歌う女も何か妙だ。
少年が壁辟易している表情もどこかおかしい。
ページをめくる楽しさと驚き、どことなく不穏な気配に引きつけられていく絵本です。

文;谷川俊太郎
絵;下谷二助

出版社;フェリシモ出版
出版年月;2008.08
ページ数;32p
サイズ;14.7×11.2×0.8cm
ハードカバー

C$3.50
Per Page      1 - 20 of 147