小説・エッセイ

Sort By:  
ラヴ・ユー・フォーエバー (4-265-80081-5(B-228))
おかあさんはうまれたばかりのあかちゃんをだっこしながらうたいます。あかちゃんはどんどん大きくなって2さいになり、9さいになりティーンエイジャーになりました。でも、よるになりしょうねんがぐっすりねむっているのをたしかめるとおかあさんはこどもをだっこしながらうたうのでした…。親子の愛情のきずなを静かに語って感動を呼ぶアメリカの超ベストセラー絵本。

作;ロバート・マンチ
絵;梅田俊作
訳;乃木りか

出版年月;1997.09(1999.12版)
ページ数;
サイズ;22.6×21.5×0.9cm
ハードカバー

C$4.20
C$5.25
チョムスキー (4-00-260029-7(A-772))

生成文法は言語学の革命だったのか-チョムスキーの言語学と彼のラディカルな政治批判の関連を論じ,思想としての言語理論の問題を根底から問う.日本の素朴なチョムスキー信者の浮かれぐあいに痛棒をくらわせた本書は,この“革命的”言語理論の思想的背景,本来的なするどい問題性とは何かに,はじめて明快に答えた論争の書である.西垣通〈解説〉

著;田中克彦

サイズ;16×11×1.3cm

文庫本
カバー付き

C$2.00
C$2.50
日本の詩歌27 現代詩集 (4-12-200363-6(A-771))

津村信夫/高見順/伊藤信吉/田村隆一/中桐雅夫/黒田三郎/谷川俊太郎/山本太郎/大岡信/那珂太郎/入沢康夫/富岡多恵子 他 〈解説〉村野四郎 〈鑑賞〉伊藤信吉 他

サイズ;15.2×10.5×1.5cm

文庫本
カバー付き
外側にヤケあり

C$1.20
C$1.50
ユング (4-00-260032-7(A-773))

フロイトと並んで無意識の世界に光を当てたユング.彼は元型や普遍的無意識,心理学的タイプや「自己」の概念,個性化の過程といった新たな理論を展開した.本書は,ときには錬金術やオカルトの世界にも説き及ぶユングの独自な思想の体系を,客観的な観点から再評価し,その心理療法への寄与についても明らかにする.

著;A・ストー
訳;河合隼雄

サイズ;16×11×1cm

文庫本
カバー付き

C$2.00
C$2.50
苦味(ビター)を少々 399のアフォリズム (4-08-749589-2(A-775))

“人生をうまく生きる人というのは、楽しい口実をたくさん考えつく人である。”胸弾むとき、心さびしいとき、人生のディテールで思いがけない美しさを発見し、まいにちバラ色で暮らすために。少女のロマンチックさとオトナの厳しい視力を合せ持つ著者のとっておきのアフォリズムいろいろ。

著;田辺聖子

サイズ;15×10.7×1.1cm

文庫本
カバー付き
少しヤケあり
カバーに汚れあり
ペンでマークあり

C$1.60
C$2.00
トリエステの坂道 (4-10-139221-8(A-774))

あまたの詩人を輩出し、イタリア帰属の夢と引換えに凋落の道を辿った辺境都市、トリエステ。その地に吹く北風が、かつてミラノで共に生きた家族たちの賑やかな記憶を燃え立たせる―。書物を愛し、語り合う楽しみを持つ世の人々に惜しまれて逝った著者が、知の光と歴史の影を愛惜に満ちた文体で綴った作品集。未完長編の魁となったエッセイ(単行本未収録)を併録する。

著;須賀敦子

サイズ;15.2×10.7×1.2cm

文庫本
カバー付き

C$2.00
C$2.50
指輪物語 1~6巻 ((A-776:781))

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ。―世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。
1、旅の仲間 上
2、旅の仲間 下
3、二つの塔 上
4、二つの塔 下
5、王の帰還 上
6、王の帰還 下

著;J.R.R.トールキン
訳;瀬田貞二

サイズ;15×10.7×1.5cm/冊

文庫本
カバー付き
少しヤケあり

C$14.40
C$18.00
大和古寺風物誌 ((A-782))

1300年の昔、新しく渡来した信仰をめぐる飛鳥・白鳳の昏迷と苦悩と法悦に満ちた祈りから、やがて天平の光まどかなる開花にいたるまで、三時代にわたる仏教文化の跡をたずねる著者の、大和への旅、斑鳩(いかるが)の里の遍歴の折々に書かれた随想集。傷ついた自我再生の願いをこめた祈りの書として、日本古代の歴史、宗教、美術の道標として、また趣味の旅行記として広く愛読される名著である。

著;亀井勝一郎

サイズ;15.2×10.7×0.9cm

文庫本
強いヤケあり
カバーに汚れあり

C$0.80
C$1.00
コルシア書店の仲間たち (4-16-757701-1(A-783))

「若い日に思い描いたコルシア・ディ・セルヴィ書店を徐々に失うことによって、私たちはすこしずつ、孤独が、かつて私たちを恐れさせたような荒野でないことを知ったように思う。」
六〇年代のミラノ。教会の中の小さな書店、サロンでの文学談義、夜中に訪れる空腹な客。理想の共同体を夢みた仲間との十一の情景。
1950年代の半ばに大学を卒業し、イタリアへ留学した須賀敦子は、詩人のトゥロルド司祭を中心にしたミラノのコルシア書店に仲間として迎え入れられる。理想の共同体を夢みる三十代の友人たち、かいま見た貴族の世界、ユダヤ系一家の物語、友達の恋の落ちつき先など書店の人々をめぐる情景を流麗に描いたエッセイ。

著;須賀敦子

サイズ;15.2×10.7×0.9cm

文庫本

C$2.00
C$2.50
変身 (4-10-207101-6(A-784))

これはお父さんとお母さんを殺しちゃうわ、そうですとも。

朝、目をさますと巨大な虫に変っている自分を発見した男―― グレーゴル・ザムザ。第一次大戦後のドイツの精神的危機を投影した世紀の傑作。

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。

著;カフカ
訳;高橋義孝

サイズ;15×10.7×0.6cm

文庫本

C$1.60
C$2.00
人形の家 ((A-785))

妻であり母親である前に、一個の人間として生きたい――。
主人公ノラが「新しい女」の代名詞となった、婦人解放の書として絶賛された戯曲。

小鳥のように愛され、平和な生活を送っている弁護士の妻ノラには秘密があった。夫が病気の時、父親の署名を偽造して借金をしたのだ。秘密を知った夫は社会的に葬られることを恐れ、ノラをののしる。事件は解決し、夫は再びノラの意を迎えようとするが、人形のように生きるより人間としていきたいと願うノラは三人の子供も捨てて家を出る。
近代劇確立の礎石といわれる社会劇の傑作。

著;イプセン
訳;矢崎源九郎

サイズ;15.2×10.5×0.5cm

文庫本
強いヤケあり
カバーに汚れあり

C$1.20
C$1.50
ロードス島攻防記 (4-10-118104-7(A-786))

イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン一世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始した――。島を守る聖ヨハネ騎士団との五ヶ月にわたる壮烈な攻防を描く歴史絵巻第二弾。

著;塩野七生

サイズ;15.2×10.7×1cm

文庫本

C$1.60
C$2.00
レパントの海戦 (4-10-118105-5(A-787))

西暦1571年、スペイン王フェリペ二世率いる西欧連合艦隊は、無敵トルコをついに破った。コンスタンティノープルの攻略から118年にして、トルコの地中海世界制覇の野望は潰えたのだ。しかし同時に、この戦いを契機に、海洋国家ヴェネツィアにも、歴史の主要舞台だった地中海にも、落日の陽が差し始めようとしていた――。文明の交代期に生きた男たちを壮大に描く三部作、ここに完結!

著;塩野七生

サイズ;15.2×10.7×1cm

文庫本

C$2.00
C$2.50
羊をめぐる冒険(上)(下) 2巻セット ((A-788:789))

【上】野間文芸新人賞受賞作
1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月――北海道発

あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。

【下】青春3部作完結編
1982年秋 僕たちの旅は終わる すべてを失った僕のラスト・アドベンチャー

美しい耳の彼女と共に、星形の斑紋を背中に持っているという1頭の羊と<鼠>の行方を追って、北海道奥地の牧場にたどりついた僕を、恐ろしい事実が待ち受けていた。1982年秋、僕たちの旅は終わる。すべてを失った僕の、ラスト・アドベンチャー。村上春樹の青春3部作完結編。野間文芸新人賞受賞作。

著;村上春樹

サイズ;14.8×10.7×1.1cm/冊

文庫本
少しヤケあり

C$3.20
C$4.00
1973年のピンボール ((A-790))

僕たちの終章はピンボールで始まった
雨の匂い、古いスタン・ゲッツ、そしてピンボール……。青春の彷徨は、いま、終わりの時を迎える

さようなら、3(スリー)フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との<僕>の日々。女の温もりに沈む<鼠>の渇き。やがて来る1つの季節の終り――デビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く3部作のうち、大いなる予感に満ちた第2弾。

著;村上春樹

サイズ;14.8×10.7×0.8cm

文庫本
少しヤケあり
カバーに擦れあり

C$1.40
C$1.75
風の歌を聴け ((A-791))

村上春樹のデビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

著;村上春樹

サイズ;14.8×10.7×0.8cm

文庫本
少しヤケあり
カバーに破れあり

C$1.40
C$1.75
女のエピソード (4-88648-020-9(A-795))

時代・風俗は変われども、女の人生は本質的に変わらないーー。マリー・アントワネットやジャンヌ・ダルクなど史上名高い女性たち、またサロメやヴィーナスなど神話・宗教上の有名な女性たちのさまざまなエピソードをとりあげながら、古今東西の女の生きかたをしゃれたタッチで描くエッセイ集。ベストセラー『世界悪女物語』を補完する女性論。

著;澁澤龍彦

出版社;ダイワアート
サイズ;19.5×13.5×1.5cm

ハードカバー
色褪せあり

C$3.20
C$4.00
だれも寝てはならぬ (4-478-93076-7(A-799))

ヤングアダルトのスター作家が、戦争で困っている世界の子どもたちへのチャリティのため夢の集結。大人も子ども夢中になる、今夜は眠れない珠玉の短編集。『今夜はだれも眠れない』の姉妹編。

著;ガース・二クス、マーガレット・マーヒーほか

出版社;ダイヤモンド社
サイズ;18.8×13.2×1.8cm

ソフトカバー

C$3.20
C$4.00
レッド・オクトーバーを追え 下 ((A-340))

ソ連軍は攻撃型潜水艦五十八隻を出動させ、「レッド・オクトーバー」の亡命を阻止せんとする。米国家安全保障会議は英海軍と協力して、ソ連原潜の捕捉に乗りだした。かくして北大西洋は米英ソ入り乱れて海戦の場と化した。十八日間の息づまる米ソんお駆け引き、現代戦のテクノロジーをあますところなく描いた海洋冒険小説。

著;トム・クランシー
訳;井坂清

サイズ;15.3×11×1.7m
文庫本
ヤケあり

C$1.40
C$1.75
アンテナ ((A-341))

大学院生・祐一郎の妹は、十五年前のある朝、忽然と消えた。必死にその行方を探した家族も、七年前の父の死から、母は新興宗教にのめり込み、弟は発狂していく。なんとか家族を支えようとする祐一郎だが、SMの女王様ナオミと出会ったことで封印してきた性欲が決壊し、急速に何かが変容し始めていた……。衝撃の話題作、文庫改稿版。

著;田口ランディ

サイズ;15.3×11×1.6m
文庫本
汚れ、色あせあり

C$1.20
C$1.50
Per Page      1 - 20 of 400