バーナーの下にお知らせを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

小説・エッセイ

Sort By:  
ララピポ ((A-266))

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉。

著;奥田英朗

サイズ;15.3×11×1.4cm
文庫本
汚れあり

C$1.50
アンテナ ((A-341))

大学院生・祐一郎の妹は、十五年前のある朝、忽然と消えた。必死にその行方を探した家族も、七年前の父の死から、母は新興宗教にのめり込み、弟は発狂していく。なんとか家族を支えようとする祐一郎だが、SMの女王様ナオミと出会ったことで封印してきた性欲が決壊し、急速に何かが変容し始めていた……。衝撃の話題作、文庫改稿版。

著;田口ランディ

サイズ;15.3×11×1.6m
文庫本
汚れ、色あせあり

C$1.50
幕はおりたのだろうか ((A-136))

華やかなライトを浴びるテレビ局―。難関を突破しニュースキャスターをめざす荻野夏美と、他局から引き抜かれた倉田恵子。対照的な二人を軸に、同期入社のディレクター杉田哲文らを交え、理想と挫折、愛と別離の青春群像を等身大に描く意欲的長編。彼らの舞台はまだ幕があがったばかりなのかもしれない。

著;林真理子

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本
シミ、ヤケあり

C$1.00
紫蘭の花嫁 ((A-132))

「 あいつから逃げなきゃ!」執拗に追ってくる男の影に脅えつつ、逃亡を続ける花屋の店員、三田村夏季。同じ頃、神奈川県下では不可解な連続女性殺人事件が起こり、刑事部長・小田垣の苦悩の日々が始まった…。追う者と追われる者の心理が複雑に絡み合い、やがて衝撃のクライマックスへ。傑作長篇ミステリー。

著;乃南アサ

サイズ;15.3×11×1.4cm
文庫本
カバーなし、汚れあり

C$0.75
ラバーズ・オンリー ((A-212))

"悲しくて楽しくて、そして甘い…。“WHAT'S GOING ON”“ME AND MRS・ JLEFT(RC[-1],1)S”“PRECIOUS PRECIONS”“MAMA USED TO SAY”“FEEL THE FIRE”八つのソウル・ナンバーが奏でる、粋で素敵な愛の物語。"

著;山田詠美

サイズ;15.3×11×0.9cm
文庫本

C$1.50
昭和16年12月8日 日米開戦・ハワイ大空襲に至る道 ((A-98))
昭和16年3月、新田丸はハワイに到着した。下船した一等船客はただ一人、ホノルル総領事館に赴任する外務書記生・森村正。彼はスパイだった…。太平洋戦争最大の疑問。無謀といわれたこの戦争を一体誰が、いつ、どんな計画と準備のもとに開始したのかを、能うかぎりの関係者、資料に当たって真珠湾攻撃に至る道を再現する。

著;児島襄

サイズ;15.3×11×1cm
文庫本

シミあり

C$1.50
遅刻して来た幽霊 ((A-73))

必ず貴様を呪い殺してやる―こんな遺書を残して新入社員の男が自殺した。いったい誰を恨んで死んだのか?社員の関心が集まる中、今度は課長が会社の屋上から飛び下りた。「貴様」とは課長のことだったのか。本当に男の呪いなのか。謎が謎を呼ぶ怪事件の真相に、しっかり者の貞代とのんびり屋の実子のOLコンビが挑む。(『遅刻して来た幽霊』)。本当にありそうで怖い話を6編収録。

著;赤川次郎

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本

 

C$1.50
シャーロックホームズの冒険 ((A-315))

ホームズの緻密な計画がひとりの女性によって破られる「ボヘミアの醜聞」、赤毛の男を求める奇妙な団体の意図が鮮やかに解明される「赤毛組合」、閉ざされた部屋での怪死事件に秘められたおそるべき真相「まだらの紐」など、いずれも忘れ難き12の名品を収録する。

著;コナン・ドイル
訳;阿部知二

サイズ;15.3×11×1.8cm
文庫本
カバーにいたみ、汚れあり

C$1.25
暗鬼 ((A-131))

両親、弟妹、祖父母に曾祖母。今時珍しい大家族に嫁いだ法子を待っていたのは、何不自由ない暮らしと温かい家族の歓待だった。しかしある日、近所で起きた心中事件に彼らが関係しているという疑惑を抱いた法子は、一見理想的な家族を前に疑心の闇にはまっていく。やがて暴かれる、呪われた家族の真実とは。

著;乃南アサ

出版社;文春文庫
サイズ;15.3×11×1.3cm
文庫本
カバーによれあり

C$1.00
男の系譜 ((A-403))

織田信長が同盟者・徳川家康の長男信康に腹を切らせたのはなぜか。喧嘩相手の頭目・水野十郎左衛門の屋敷の風呂場で殺された幡随院長兵衛はどんな男だったのか。明治維新の立役者・西郷隆盛が新政府と袂を分ったのはなぜなのか。戦国・江戸・幕末維新を代表する16人をとりあげ、つねに「死」だけを確かなこととした生き方を、現代日本人と対比させながら際立たせた語り下ろしの雄編。

著;池波正太郎

サイズ;15.3×11×1.8cm

文庫本
ヤケあり

C$1.75
食い意地クン ((A-379))

この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、そういう食べ物の中に間違いなくカレーライスがある(本文より)。焼肉、ラーメン、とんかつ、ナポリタン、大根、塩辛、立ち食いそば、キャベツ……。『孤独のグルメ』原作者である著者が、愛する二十六品目のメニューについて、熱く語ります。あなたはこのエッセイに抱腹絶倒しながら、やがて激しく共感している自分に気付くでしょう

著;久住昌之

サイズ;15.3×11×0.9cm

文庫本
カバーに汚れ、破れあり

C$1.50
シャーロックホームズの事件簿 ((A-316))

ホームズといえば名探偵、名探偵といえばホームズ…今や名探偵の代名詞となった文学史上を代表する超キャラクター、シャーロック・ホームズの最後の活躍全12話を収めた第5短編集。

著;コナン・ドイル
訳;深町眞理子

サイズ;15.3×11×2m
文庫本
汚れ、ヤケあり

C$1.50
クリスティ短編集(一) ((A-318))

ピラミッドにまつわる、恐ろしい迷信を利用して起る連続殺人の謎を、名探偵ポアロが追求する『エジプト墓地の冒険』、著者の祖母をモデルにしたといわれるミス・マープルが、独自の“人生の知恵”によって難問題を見事に解決する『火曜の夜のつどい』ほか、初期作品13編『検察側の証人』『うぐいす荘』『ダヴェンハイム氏の失踪』『イタリア貴族の怪死』『アスターティの神殿』『金塊事件』『舗道血痕』『動機対機会』『中年の人妻の事件』『悩める淑女の事件』『あるサラリーマンの冒険』を収録する。

著;アガサ・クリスティー
訳;井上宗次、石田英二

サイズ;15.3×11×1.2m
文庫本
汚れあり

C$1.50
神様の御用人3 ((A-269))

個性的すぎる洋服を押し付けられ、相撲勝負に柄杓探し、おまけにお菓子作りまで!?走り回る良彦を横目に神様たちは今日もいたって自由気まま。こんな時に頼りの黄金は、お菓子の神様とスイーツ三昧で肥満の危機!?そして、穂乃香の協力を得て御用人の役目に励む良彦もまた、神様との出会いによって少しずつ変わりはじめる。果たして、今の自分にできることは―。神様と人間の繋がりと絆を描く御用人物語、第三弾!

著;浅葉なつ

出版社;メディアワークス文庫
サイズ;15.3×11×1.4cm
文庫本
汚れあり

C$1.50
まぼろしのペンフレンド ((A-387))

この手紙はどこから届いて、ぼくの返事はどこに届いていたのだろう?
本郷令子とは、いったい何者なのか?
あなたは、この本で恐怖とせつなさに出会う!珠玉のSFジュブナイル

学校から帰ると明彦のもとに、手紙が届いていた。差出人は、本郷令子という見知らぬ女の子。そこには、明彦のことを「できるかぎり、くわしく教えてください」という言葉とともに、1万円札が同封されていた……。そして文通をはじめた明彦のまわりでは、つぎつぎと怪事件が起こりはじめ、そしてついに本郷令子が会いたいといってきた!?

著;眉村卓

サイズ;15.3×11×1.1cm

文庫本
強いヤケ、やぶれ、汚れあり

C$0.50
釈迦 ((A-234))

八十歳を迎えたブッダ(釈迦)は、侍者ひとりを連れて最後の旅に出る。遺された日々、病み衰えたブッダの胸に、人々の面影や様々な思いが去来する。自分を産んですぐ亡くなった母、養母、シャカ族の王だった父。亡霊となって現れる妻。出家してなお煩悩に苦しむ弟子たち、尼僧を受け入れた日のこと。涅槃に至るブッダの言葉の数々が、心地よい音楽のように綴られる。入魂の仏教小説。

著;瀬戸内寂聴

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本

C$1.50
博物誌 ((A-362))

朝早くとび起きて、頭はすがすがしく、気持は澄み、からだも夏の衣装のように軽やかな時だけ、彼は出かける。――彼は最も鋭い観察者である。愛情のこもった眼を、彼を取巻く自然に注ぎこみ、最も簡明な文体にその愛を凝縮させる。本書はわが国の俳文を思わせる軽妙な短文に、作者の純粋な生活の讃美、高邁で孤高な魂の哀しい表情を写し出した特異な作品である。(挿絵はボナール)

著;ジュール・ルナール
訳;岸田国士

サイズ;15.3×11×1.2cm

文庫本
ヤケ、シミ、汚れあり

C$0.75
菜の花の沖<三> ((A-464))

蝦夷地の主・松前藩は、アイヌの人びとを酷使して豊富な海産物を独占していたが、この内実を他に知られるのを恐れ、北辺にせまる大国ロシアの足音を聞きながら、それをも隠し続けた。漸くにして嘉兵衛が巨船を作り上げ、憧れのかの地を踏んだころから、情勢は意外な展開をみせ始めた。幕府が東蝦夷地の経営に乗り出したのだ。

著;司馬遼太郎

サイズ;15.3×10.8×1.7cm

文庫本
汚れあり

C$1.75
初ものがたり ((A-189))

鰹、白魚、鮭、柿、桜……。江戸の四季を彩る「初もの」がからんだ謎また謎。本所深川一帯をあずかる「回向院の旦那」こと岡っ引きの茂七が、子分の糸吉や権三らと難事件の数々に挑む。夜っぴて屋台を開いている正体不明の稲荷寿司屋の親父、霊力をもつという「拝み屋」の少年など、一癖二癖ある脇役たちも縦横無尽に神出鬼没。人情と季節感にあふれた時代ミステリー・ワールドへご招待!

著;宮部みゆき

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本

折れ、シミあり

C$1.00
ミクロの決死圏 ((A-385))

驚異の体内世界を描く傑作SF映画の、巨匠アシモフによるノヴェライゼーション。

著;アイザック・アシモフ
訳;高橋泰邦

サイズ;15.3×11×1.3cm

文庫本
強いヤケ、やぶれ、色あせ、汚れあり

C$0.50
Per Page      141 - 160 of 355