福音館書店

Sort By:  
パパの大飛行 (4-8340-0465-1(K-440))

時は1901年、フランスの空をわたる飛行船を目撃したルイ・ブレリオ(1872―1936)は、自分も空を飛びたいという夢にとりつかれました。重なる失敗にもめげず、ついに実用にたえる飛行機を作りあげたブレリオは、1909年、英仏海峡の無着水横断に成功し、航空新時代を切りひらいたのです。それはライト兄弟の飛行機発明から6年、リンドバーグの大西洋横断に先立つこと18年の偉業でした。史実をもとに、ベテラン、プロヴェンセン夫妻が制作したこの楽しい絵本は、1984年、アメリカの年間最優秀絵本に与えられるコールデコット賞を受賞しました。

作;アリスとマーティン・プロヴェンセン
訳;脇明子

出版年月;1986.02

ページ数;40p
サイズ;26.8×21.5×0.8cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.00
かえるのエルタ (4-8340-0030-3(K-295))
カンタのひろったおもちゃのカエルは、雨をあびるとほんとのカエルになって、カンタをカエルのお城のある「うたえみどりのしま」へつれていきます。幼年向きファンタジーの傑作。

作;中川李枝子
絵;大村百合子
編集;子どもの本研究会

出版年月;1964.05(2001.06版)
ページ数;112p
サイズ;21.7×15.5×1.2cm
ハードカバー
カバー付
売り切れ
C$5.00
みるずかん・かんがえるずかん  -ぼくの家ができる- (4-8340‐0802‐9(K-530))
家はどんなどうぐをつかって、どんなじゅんじょでたてられるのか。どうぐをとおして、人間の知恵とくふうが、みえてきます。

文;嘉来國夫
絵;樺山祐和

出版年月;1988.06
ページ数;32p
サイズ;24×23.8×0.8cm
ハードカバー
表紙にキズ、落書きあり
裏表紙内側にしみあり
表紙にテープの貼り付け

売り切れ
C$4.25
おねしょの名人 (4-8340-1389-8(K-542))

おねしょってどうしてするの? 赤ちゃんのおしっこは、おねしょっていわないの? 原因は、じつはホルモンにあった。おねしょを通してからだのことを考えるたのしいかがくの本です。

作;山田真、柳生弦一郎

出版年月;1996.06(1996.08版)
ページ数;48p
サイズ;26.4×21.5×0.8cm
ハードカバー
色褪せあり

C$4.50
ももたろう (4-8340-0039-7(K-540))

おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。桃をもちかえって切ろうとしたら、なんと桃からかわいい男の子が生まれました。「桃太郎」と名付けられた男の子は、おばあさんとおじいさんが用意してくれたおかゆや魚を食べて、どんどん大きくなり、立派に成長します。そんなある日、桃太郎は鬼が島の鬼が悪事をはたらいていると聞き、鬼退治にでかけることにします。力強い絵とともに、真の昔話の面白さが味わえる1冊です。

文;松居直
画;赤羽末吉

出版年月;1965.02(1996.03版)
ページ数;40p
サイズ;21.5×20.7×0.9cm
ハードカバー

C$5.00
ゆうがたさくはな おしろいばな ((S-49))
夏の午後、昼すぎ3時頃から夕方6時頃にかけて、おしろいばなの花は大変身します。日暮れに合わせてぐんぐん花びらを開き、おしべとめしべを差し伸ばしていきます。その姿に惚れ込んだ作者が、細密なタッチでおしろいばなの開花を描きあげました。種をつぶしてお化粧遊びをしたり、花のつけねにある蜜をなめたり、花を使ったなつかしい遊びもたくさん紹介しています。

作;山根悦子
監修;多田多恵子

出版年月;2010.07(496号)
ページ数;28p
サイズ;24.7×22.5×0.3cm
ソフトカバー
表紙に色あせ、汚れ、折れあり
シミあり

C$2.25
はなびのはなし ((S-50))
ここは、街からはなれた山のふもとの花火工場。冬のあいだから、夏の花火大会にむけて、打ち上げ花火の製造に大忙しです。ボール紙の玉のなかに、「星火薬」を並べ、大空に上がってその玉を割るための「割り火薬」を詰めていきます。色に、形に、大きさに、新しい工夫をした花火もできてきます。――花火を作って打ち上げるまでを描いたこの絵本を、花火大会を見に行く前に、また、見た後で開いてくださいね。

作;たかとうしょうはち

出版年月;2000.07(376号)
ページ数;28p
サイズ;24.7×22.5×0.3cm
ソフトカバー
表紙にきず、汚れあり

C$2.75
どうすればいいのかな? (4-8340-0768-5(B-248))
こぐまを主人公に幼児の生活の一端を楽しく描いた絵本。世界の代表的な子どもの本の書評誌で絶賛され、日本のみならず欧米の子どもたちにも愛読されています。

文;わたなべしげお
絵;おおともやすお

出版年月;1980.06(2002.11版)
ページ数;24p
サイズ;21.5×20.5×0.7cm
ハードカバー
表紙にへこみ、汚れあり
売り切れ
C$4.50
ネネンとミシンのふしぎなたび (4-8340‐1946‐2(L-289))
ネネンはスットビサーカスの女の子。サーカス団のみんなにかわいがられて大きくなりました。ネネンが、たまのりでデビューをかざる日、大たつまきがテントをふきとばして…。表紙ではぬり絵が、本文ではかくし絵も楽しめる。

作;角野栄子
絵;原ゆたか

出版年月;2003.06
ページ数;96p
サイズ;24.1×18.5×1.4cm
ソフトカバー
カバー付き

C$5.25
おばけさんとのやくそく (4-8340‐0594‐1(K-533))
「おばけさんとのやくそく」「お墓が百も千も万も」「みんなでばんごはん」「雪にのって」という春夏秋冬の4つのお話です。日本の原風景ともいえる古き良き時代の暮らしぶりが、やさしい筆致で描かれています。

作;上田真而子
絵;梶山俊夫

出版年月;2004.03
ページ数;96p
サイズ;21.3×19×1.2cm
ハードカバー
カバー付き

C$5.50
おじぞうさん ((CH-33))

お地蔵さん、大福もちによだれこたらかした。そのよだれこ踏んづけてのら犬すってん。それを見た和尚さんは……。事件が事件を呼ぶ、テンポ溢れる笑いの絵本。

作;田島征三

出版年月;1981.07(304号)
ページ数;27p
サイズ;26×19×0.3cm
ソフトカバー

名前の表記、色あせあり

売り切れ
C$2.50
ー日本の昔話ー かえるをのんだととさん ((CH-56))
腹の痛くなったととさんは、お寺の和尚さんに相談に行くと「腹に虫がいるから蛙をのむといい」と言われ、蛙をのみこみます。その後、蛇、雉、猟師、鬼と前にのみこんだものを食ってしまうものをのみこみます。最後は和尚さんがととさんの口の中に「鬼はそとー」と豆を投げこむと、お腹の鬼が「これは節分の豆だ。痛い痛い」といって、尻の穴からとびだし逃げていくという落ちの「まわりもちの運命」という、聞いて楽しい昔話です。

再話;日野十成
絵;斎藤隆夫

出版年月;2004.01(574号)
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
ソフトカバー
表紙にはがれ、折れあり


売り切れ
C$2.75
まゆとりゅう -やまんばのむすめ まゆのおはなし- ((CH-58))
春になって隣の山のてっぺんに一筋の黒い地面が顔を覗かせると、背高のっぽの山姥と、山姥の娘まゆは、お客さまを迎える準備を始めました。やがて黒雲を引き連れてやってきたのは、巨大な竜と小さな竜の子ども。山姥の母子はそれぞれ竜の背に乗って、山々に雨をふらせ、雪を溶かし、春を呼びます。絵本いっぱいにダイナミックな季節の変わり目が描かれます。山姥の娘まゆのお話、第3作。

文;富安陽子
絵;降矢なな

出版年月;2004.03(576号)
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
ソフトカバー
表紙にはがれ、汚れあり
名前の記入あり


売り切れ
C$2.50
ゆきのひのうさこちゃん (4-8340-0029-0(B-193))
ゆきのなかで遊びます。ゆきだるまにはにんじんで鼻をつけ、寒くてないていることりにはおうちを作ってあげました

文・絵;ディック・ブルーナ
訳;いしいももこ

出版年月;1964.06(2010.10版)

ページ数;28p
サイズ;16.5×16.5×0.7cm
ハードカバー
表紙にキズあり

売り切れ
C$4.50
うずらちゃんのかくれんぼ (4-8340‐1230‐1(B-269))
うずらとひよこがかくれんぼを始めました。色と形を上手に使って、花に隠れたり、ひょうたんに隠れたり……。うずらちゃんと一緒に、楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。

作;きもとももこ

出版年月;1994.02(2008.10版)
ページ数;32p
サイズ;21.6×19.5×0.8cm
ハードカバー
表紙裏に破れあり
表紙角に破れあり
読みしわあり

C$3.50
かとりせんこう ((CH-67))
蚊取り線香の煙がもんもんと漂うと、蚊がぽとん!と落ちました。煙がもんもん、花がぽとん! 帽子がぽとん! 新聞紙の字がぽとん! おじさんのひげがぽとん! いろんなものがぽとん、ぽとん。街では、銅像も看板もUFOも、ぽとん、ぽとん……。煙がお月様まで届くと、お月様のなみだが……。おかしくて不思議な田島征三のナンセンス絵本!

作;田島征三

出版年月;2009.07
ページ数;28p
サイズ;26×19×0.3cm
背表紙にはがれあり

C$2.75
ちからもちのタグボート とーとー ((CH-68))

強いエンジンと2つのスクリューをもったタグボートのとーとーは、生まれて初めての仕事で、貨物船を引くことになりました。造船所から港にいくあいだに、ジェットフォイルや石炭運搬船や遊覧船が声をかけてくれます。初めて見る貨物船は見あげるような巨大な船で、とても動かせそうもないように思われましたが、とーとーはエンジンをうならせて力いっぱいひっぱりました。

作;小風さち
絵;山本忠敬

出版年月;1997.03
ページ数;32p
サイズ;26.2×18.8×0.3cm
背表紙にはがれあり
表紙に折れあり

C$2.75
ゆうちゃんのみきさーしゃ ((FM-14))

ゆうちゃんは、お菓子の缶とコップでつくったミキサー車に乗って出かけました。ふしぎな森を抜けると、行く先々で、ミツバチから蜂蜜を、ニワトリとウシから卵と牛乳を、サルから果物、クマからは雪をいっぱい、ミキサー車のおなかの中に入れてもらいました。ごろごろまわしながら、友だちのいる公園に帰ってきて、ミキサー車のボタンをおすと、中からはアイスクリームが……! 片山健の最初の絵本です。

作;村上祐子
絵;片山健

出版年月;1968.07(2007.09版)
ページ数;28p
サイズ;26.3×18.8×0.3cm
表紙に折れ、すれあり
表紙テープ止めあり
落書きのページあり

C$2.00
うみのかくれんぼ ((C-56))
海のさかなたちは、かくれんぼがとってもじょうずです。さあ、ハコフグくんやクマノミさん、アンコウさんやハリセンボンくんといっしょに、絵本の中でかくれんぼをしましょう。  長年、海の生物の写真をとってきた作者が、じっさいにさかなたちとかくれんぼをするようにして撮影した、ゆかいな写真の絵本です。

写真・文;吉野雄輔

出版年月;2007.07
ページ数;28p
サイズ;26×19×0.3cm
表紙に擦れあり

C$2.75
《かがくのとも傑作集》サンタクロースってほんとにいるの? (4-8340‐0903‐3(K-517))
「サンタって本当にいるの?」子どもの質問に、お宅ではどう答えていますか? ハラハラドキドキ、親子の会話と愉快なイラストで、サンタの本質に迫ります。

文;てるおかいつこ
絵;すぎうらはんも

出版年月;1982.10(1993.10版)
ページ数;28p
サイズ;25.3×23.2×0.7cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.00
Per Page      1 - 20 of 292