福音館書店

Sort By:  
≪こどものとも傑作集≫ あさえとちいさいいもうと (4-8340-0874-6(T-877))

お母さんの留守に妹のあやちゃんと家の前で遊んでいたあさえは、あやちゃんを喜ばせようと夢中で道に絵を描いていました。ところが顔をあげると、いつのまにか、あやちゃんがいなくなっています。あさえは妹をさがして、どきどきしながら、いつもお母さんといく公園に向かって走りました。小さな子どもの心の動きを、文と絵が一体となって緊迫感をもって描きだします。

作;筒井頼子
絵;林明子

出版年月;1982.04(1991.12版)

ページ数;32p
サイズ;27×19.5×0.7cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.00
≪こどものとも傑作集≫ぞうくんのさんぽ (4-8340-0515-1(T-873))

ぞうくんはさんぽに出かけました。かばくんに出会って、さんぽに誘うとかばくんはぞうくんの背中に乗りました。わにくんに出会って、さんぽに誘うと、わにくんはかばくんの背中に乗りました。最後にかめくんに出会って、かめくんがわにくんの背中に乗ると、ぞうくんが重さにたえられなくて、池にみんな落っこちてしまいました。単純にデザインされた動物たちのユーモラスなやりとりが、愉快な散歩に子どもたちを連れていってくれます。

作・絵;なかのひろたか
レタリング;なかのまさたか

出版年月;1968.06(1999.06版)

ページ数;28p
サイズ;26.6×19.5×0.6cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.00
≪こどものとも傑作集≫ぐるんぱのようちえん (4-8340-0083-4(K-747))

ぞうのぐるんぱは、行く先々でとてつもなく大きなものばかり作って失敗ばかり。でも、最後につくった幼稚園は大成功。子どもたちが大喜びすることうけあいの絵本。

作;西内ミナミ
絵;堀内誠一

出版年月;1966.12(2008.03版)

ページ数;28p
サイズ;26.8×19.5×0.7cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.00
≪特製版≫そりあそび ((T-879))

雪が降る寒い日、ばばばあちゃんがストーブにあたって編み物をしていると、動物たちが寒い寒いといって、部屋に入ってきました。ばばばあちゃんはみんなであったまろうと、ベッドの上でトランポリンを始めますが、ベッドの脚が折れてしまいます。そこでこんどはベッドの脚を切ってスキーをつけ、そり遊び。ばばばあちゃんは真冬も元気に遊んで、その後はとっておきの場所でお昼寝……。

作・絵;さとうわきこ

出版年月;1990.02(1992.09版)

ページ数;32p
サイズ;27×19.5×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
≪特製版≫でんしゃがまいります ((K-748))

駅はどこかへ行くための通過地点で、通勤通学の人、旅に出かける人、帰ってきた人、いろんな人たちが行き交います。駅で働く人たちもいて、ずっと見ていると、いろんな人間模様が伺えておもしろいですね。この絵本は、1980年代後半の新宿駅の一日を描いた作品です。徹底した取材に基づいて丁寧に描かれているので、隅々まで楽しめます。

作;秋山とも子

出版年月;1990.10(1997.11版)

ページ数;32p
サイズ;27×19.5×0.7cm
ハードカバー
最初のページに少し波うちあり

C$4.75
≪こどものとも傑作集≫ おかえし (4-8340-0482-1(T-878))

タヌキの家の隣に引越してきたキツネは、いちごを持ってあいさつにいきました。するとタヌキはおかえしに……。キツネとタヌキのおかえし合戦はどんどんエスカレートしていきます。

作;村山桂子
絵;織茂恭子

出版年月;1989.09(1991.12版)

ページ数;32p
サイズ;27×19.5×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
≪世界傑作絵本シリーズ≫アメリカの絵本 もりのなか (4-8340-0016-8(T-876))

ラッパをもって森に散歩にでかけた男の子は、ライオン、ゾウ、クマと、いろいろな動物たちに出会います。男の子はラッパをふきながら、みんなと行列をつくって森を散歩をします。そして森の中で、かくれんぼうをはじめますが、男の子が鬼をしているうちに、動物たちは姿を消していました。かわりに現れたのは、男の子を探しにきたお父さんでした。「またこんどまでまっててくれるよ」、お父さんはそういうと男の子を肩車にのせて、おうちに帰っていきました。

文・絵;マリー・ホール・エッツ
訳;まさきるりこ

出版年月;1963.12(2007.09版)

ページ数;40p
サイズ;26.3×19×0.8cm
ハードカバー
カバー付き

C$5.00
≪こどものとも傑作集≫ おばあさんのすぷーん ((K-746))

おばあさんが大切に使っていた古いスプーンを、カラスがぬすんで木の上に隠してしまいました。雪が降り大風が吹いた時、木から落ちたスプーンを3びきのネズミが見つけて、スプーンに乗ってそりあそび。山をすべって、ジャンプして、おばあさんの家に飛びこみました。さわやかな色調の絵と口調のよい文章が楽しい物語絵本です。

作;神沢利子
絵;富山妙子

出版年月;1969.12(1977.02版)

ページ数;28p
サイズ;26.6×19.5×0.8cm
ハードカバー

C$3.50
きいろいはなみつけた ((CL-62))

いろいろな花が咲いている春の野を、モンシロチョウが黄色い花を探しながら飛び回っています。タンポポを見つけて近づくと、先にいたスジグロチョウに追い払われてしまいました。あちこち探し回ってやっと、菜の花畑を見つけ、おなかいっぱい蜜をのむことができました。そこには、他の蝶たち、ミツバチ、テントウムシなど、沢山の生き物たちが集まっています。花々や小さな虫たちが息づいている豊かな世界を描いた絵本。

作;甲斐信枝

出版年月;2002.03(300号)
ページ数;24p

サイズ;21×20×0.3cm
ソフトカバー

売り切れ
C$3.00
ブルガリアの昔話 ふしぎなふえ ((CL-91))
毎日、やぎ飼いの男の子がやぎを山に連れていくと、やぎはいつもよろよろになって戻ってきます。やぎの持ち主のおこりんぼのおじいさんは、男の子のあとをこっそりつけていきました。すると、山の上で男の子が笛を吹き出すと、やぎはみんな踊り出したのです。笛の音を聞いたおじいさんも踊り出しました。迎えにきたおばあさんも息子も、笛の音を聞くとみんな……。

再話;八百板洋子
絵;植垣歩子

出版年月;2011.03(408号)
ページ数;24p

サイズ;21×20×0.3cm
ソフトカバー
表紙に折れ、よれあり

売り切れ
C$2.50
むんむんあついひ ((CL-88))
赤や黄の花の汁や、緑の葉の汁を絞って、なっちゃんは色水屋さんを始めました。テントウムシやカマキリのお客さんがきて、それから大きなチョウチョがきて、チョウチョを追いかけて、けんた君と犬のジョンがやってきて、大騒ぎ。色水屋さんがめちゃくちゃになった後、なっちゃんは気をとり直して、ベビーバスに水を入れて、今度はボート屋さんを始めます。

作;こいでやすこ

出版年月;1999.08(269号)
ページ数;24p

サイズ;21×20×0.3cm
ソフトカバー
表紙に汚れあり

売り切れ
C$2.50
くまさん くまさん (4-8340-1299-9(T-869))
「くまさん くまさん エプロンかけて くまさん くまさん おてつだい」楽しいリズムにのって、くまさんはお掃除したり、お勉強したり……心弾む言葉と愛らしい絵をお楽しみ下さい。

作;なかがわりえこ
絵;やまわきゆりこ

出版年月;1995.06(2013.01版)

ページ数;32p
サイズ;23.2×24.5×0.6cm
ハードカバー
折れあり
売り切れ
C$5.00
しろ、あか、きいろ (4-8340-0960-2(B-345))
白いシャツきて黒いくつはいて、きいろいリボンに緑のぼうし……赤いてぶくろをはめたら、さあ、おでかけです。

文・絵;ディック・ブルーナ
訳;松岡享子

出版年月;1984.01(1992.03版)

ページ数;
サイズ;16.5×16.5×0.7cm
ハードカバー
C$4.00
にかいだてバスにのって ((C-66))
イギリス・ロンドンには、赤い2階建てバスがたくさん走っています。きょう、ぼくはお父さんとバスに乗ってお出かけ。手を挙げてバスを停め、狭い階段を上がって最前列の「特等席」に着くと……前も横も、周りが全部見られる! 追い越すバスの乗客に手をふったり、周りの乗り物や路上の出来事を眺めたり。背の高い2階建てバスならではの楽しみを、ロンドン在住のイラストレーターがコラージュの手法で描きます。

作;せきなつこ

出版年月;2017.10
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり

売り切れ
C$2.75
セーターパパ ((C-64))
パパが出張でいないので、ユウタは退屈しています。そこでパパのセーターを着て“セーターパパ”になり、だぼだぼの靴を履き、ぶかぶかの袖をふりふり、外へ散歩に出かけることにしました。商店街のおばさんたちは笑って見送ってくれますが、公園では友だちや犬に振り回されて、泥だらけになってしまいます。

文;小林陽子
絵;たしろちさと

出版年月;2018.01
ページ数;28p
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり

売り切れ
C$2.75
ぱくぱくはんぶん ((C-65))
おばあさんが大きなケーキを焼きました。「半分残しておいてね」というおばあさんの言葉通り、おじいさんや動物たちは、半分ずつケーキをいただきます。最後に残ったのは「半分の半分の半分の半分の半分……」、ケーキはどれくらい残っているの? シンプルなくり返しの展開が、結末までのドキドキをいっそう盛り上げます。

文;渡辺鉄太
絵;南伸坊

出版年月;2017.04
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり

売り切れ
C$2.75
たなのうえひこうじょう ((C-63))
ある家の本棚から、小さな小さな飛行機が飛び立ちました。飛行機はテーブルのうえを通り、ペン立ての鉛筆のあいだをすり抜け、やかんから吹き出る湯気をくぐり抜け、家のなかを自由に飛び回ります。小さな飛行機から眺めると、身近な見慣れたものが、いつもとちょっと違って見えてきます。操縦する機長と助手くんの軽妙なやりとりも楽しい、グラフィックデザイナーとして活躍する著者によるミクロワールドです。

作;中村至男

出版年月;2017.07
ページ数;
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり

売り切れ
C$2.75
こなやのこねこ ((C-68))
この こねこ どこの ねこ? ここの こなやの こねこ と「こ」で韻を踏みながら、リズミカルに子猫と小ネズミの追いかけっこが繰り広げられます。粉まみれの子猫は、バケツの水で、ねとねとに。小ネズミたちが近づくと、子猫が襲いかかり、ネズミたちもねとねとに。動きのあるきくちちきさんの絵でお届けします。

文;えのもとえつこ
絵;きくちちき

出版年月;2017.05
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり
表紙に折れあり

C$2.75
あ あ ((C-67))
小さな“針金の人”が、角砂糖を見つけて、「あ」。遊んでいると……「あ」「あ」、もうひとりの“針金の人”と出会います。巻き尺、おわん、ティッシュ、輪ゴムなど、いろいろなものを介して、「あ」「あ」とふたりは出会っていきます。不思議な“針金の人”どうしの出会いを描く、ひそやかであたたかな世界です。人気絵本『あ』の続編。

作;大槻あかね

出版年月;2017.12
ページ数;32p
サイズ;26×19×0.3cm
名まえの記入あり
表紙に折れあり

C$2.75
ぴよぴよぴよ (4-8340-0273-X(B-330))
ぴよ ぴよ ぴよとにぎやかなひよこの行列を、黒いこねこがねらっています。それをみつけたにわとりのおかあさんが、こわい顔をしておこります。こっ こっ こっ!

作;平野剛

出版年月;1987.06(2010.01版)

ページ数;20p
サイズ;18×18×0.7cm
ハードカバー
少し折れあり

C$4.75
Per Page      1 - 20 of 164