福音館書店

Sort By:  
ちいさいおきゃくさん ((CL-232))
ある静かな午後のこと。玄関でネコが居眠りしていると……おやおや、何かがドアの隙間からやってきました。リスです。この"ちいさいおきゃくさん"は、家の中を我が物顔で駆け抜けます。ネコはそれを追いかけますが、リスの小さな姿はいろいろな物に紛れてなかなか見つかりません。どうぞネコと一緒に、このかくれんぼをお楽しみください。

作:石井礼子

出版年月:2011.02
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙に折れあり

C$2.75
うさこちゃんおとまりにいく (4-8340-1167-8(T-1609))

ひとりで初めてお友だちの家に泊まりに行くうさこちゃん。おかあさんがバスの停留所まで送っていってくれました。久しぶりに会ったお友だちと、まずはたくさんおしゃべり。次にかくれんぼをして、おにごっこをして、ローラースケートもします。初めてローラースケートに乗りました。今度はおうちで、紙を使っておめんを作って遊び。夜は一緒にお風呂に入って、一緒におふとんで寝ます。すっかり夜も遅くなって、楽しい時間を過ごしたのでした。

文・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおかきょうこ

出版年月:1993.04(2013.01版)
ページ:28p
サイズ:16.5×16.5×0.8cm
ハードカバー
表紙裏に名前の書き込みあり

C$4.75
うさこちゃんとじてんしゃ (4-8340-0957-6(T-1611))

ある日、うさこちゃんは考えました。大きくなったら、自転車に乗っておでかけする、と。花がいっぱい咲いている野原やあひるが泳いでいる池のそばを通って、木と木がたくさんある森へ行き、きつい坂道もよいしょよいしょと登ります。坂の上には大好きなおばさんの家があります。うさこちゃんが行くと、おばさんはおいしいクッキーを焼いてくれます。家に着いたら、自転車をピカピカになるまでふきます。こんなことを考えました。

文・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおかきょうこ

出版年月:1984.01(2012.07版)
ページ:28p
サイズ:16.5×16.5×0.8cm
ハードカバー
表紙裏に名前の書き込みあり

C$4.75
ティッチ (4‐8340-0449-X(T-1588))

大きな兄さんの手にはシャベル。植木鉢をかかえているのは姉さん。でも末っ子のティッチの手には小さな種が一つだけ! 末っ子の心が大きくはばたくさまを明快な構図で描いた絵本。

作・絵:パット・ハッチンス
訳:いしいももこ

出版年月:1975.04(2005.04版)
ページ:32p
サイズ:26×20.8×0.7cm
ハードカバー
表紙に少しきずあり

C$5.50
あつまれ~ ((FB-89))
「あつまれ~」の号令がかかると、離れていた赤いふたつのキューブが近づいて「ぴたっ」とくっつきます。今度は横一列に並んだ緑色のキューブたちが、「あつまれ~」の声で「ぴたっ」とくっつきます。キューブの数が増えていくにつれて、できあがるかたちも少しずつ複雑になっていきます。キューブたちが集まって作り出すフォーメーションが楽しい、シンプルで美しい絵本です。

作:額田宣彦

出版年月:2015.02
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズあり

C$2.75
ちいさなひこうき ((FB-88))
子ども部屋の、おもちゃの飛行機。プルプルプル~ンとプロペラを回して、勢いよく飛び立ちました。蛍光灯の下、テーブルの上といった具合に、家の中のよく見慣れた光景の中を、飛行機は爽快に飛び回ります。途中、ちょっと危険な目に遭いながらも、最後は無事、仲間たちの待つ子ども部屋へと戻ってきます。

作:笠野裕一

出版年月:2008.02
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズ、汚れあり

C$2.50
ねんねんのはら ((FB-87))
「ちゅうちゅうねずみが あそんでいると、ねずみのかあさん よびました」「ねんねんのはらに いらっしゃい」あそんでいる子どもたちをお母さんがお昼寝に誘います。ぴょんぴょんうさぎ、こんこんきつね、ぶうぶうこぶたがお母さんと一緒にねんねんのはらでおやすみです。とんとんぼうやもお母さんに「ねんねんよう おころりよう」と歌ってもらって、おひざの上でぐっすり眠ります。こうしてみんな、ねんねんのはらで、ぐっすりお昼寝します。

文:あまんきみこ
絵:ほさかあやこ

出版年月:1998.09
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズ、汚れあり
一部、書き込みあり
折れ、色あせあり

C$2.25
かえるとカレーライス(えほんのいりぐち) ((CL-218))
かえるが住んでいる池のそばに山があった。あるときその山が噴火してカレーが流れ出し、山全体がなんと巨大なカレーライスになった! 常識も理屈も笑い飛ばしてしまうナンセンス絵本。

作:長新太

出版年月:2019.12
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にへこみあり

C$2.75
みどりのみ あかいみ(えほんのいりぐち) ((CL-222))
キュウリ、ソラマメ、オクラ、トマト、スイカ、ピーマン、イチゴ、カボチャ……。緑の実はどれ? 熟すと赤い実は? 切ったらどんな色? 畑で育つ野菜の姿を美しくていねいに描きます。

作:ごんもりなつこ

出版年月:2019.08
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にしわあり

C$2.75
かさ(えほんのいりぐち) ((CL-223))
あかいかさ、あたしのかさ。きいろいかさ、きみのかさ……。かささして、かえろう! 小さい子どもたちの、雨の日にうきうきする気持ちにぴったりの絵本。はずむ言葉と美しい色の絵で、かさをさして歩く楽しさを描きます。

作:松野正子
絵:原田治

出版年月:2019.06
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙に少し汚れあり

C$2.75
ばったくん(えほんのいりぐち) ((CL-225))
さんぽの途中で、家の中に迷い込んでしまったばったくん。テーブルの上を「ぴょーん ぴょん」、ピアノの上を「ぽん ぽろ ぴろ ぽろ」。初めての世界にまごついたり、おもしろがったりする様子を表情豊かに描きます。

作:五味太郎

出版年月:2019.09
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙に汚れあり

C$2.75
いろいろしかく(えほんのいりぐち) ((CL-227))
大きいしかく、小さいしかく、横長しかく、縦長しかく、しかくを並べたしかく、しかくを並べたさんかく、いろんな色のしかく……。形と色のハーモニーが子どもの想像力をかき立てます。

作:中辻悦子

出版年月:2020.01
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にきずあり

C$2.75
はじめてであう小児科の本 改訂第二版 (4-8340-1110-0(A-2202))
多くのお母さん方から“読む育児書・医学書”として定評のあった「小児科の本」の全面改訂版です。最新の医学知識をもりこみ、装幀も一新し内容のいっそうの充実をはかりました。

著:山田真

サイズ:22×16×3㎝
ハードカバー
ケース付き
C$5.00
たいようまでのぼったコンドル ((CH-116))
アンデスの山々をのぞむ草地で、織物をする娘に心ひかれたコンドルは、若者の姿になって娘のそばへおりたち、いつしか2人は愛し合うようになります。しかし父親に会うことを禁じられ、娘は病気になってしまいます。コンドルは病気を治すという花を手に入れるため、羽を熱で焦がしながら太陽へとのぼっていきます……。アンデスの地を舞台にした愛の物語。

文:乾千恵
絵:秋野亥左牟

出版年月:2010.12
ページ数:32p
サイズ:26×19×0.3cm
表紙にはがれ、折れあり

C$2.75
ひともじえほん ((CH-115))
体で文字をつくってみよう! からだの柔らかいおじさんたちが、次々体を曲げたり、ひねったり。調子のいい言葉に合わせて、ひらがなの文字をつくります。1人でつくれる文字、2人でつくれる文字、何人かでないとできない文字。立ってできる文字、寝転がらないとできない文字など、人のからだでひらがなの50音を全部つくってみました。文字の形の不思議さみることができて、体の動きの面白さを味わえる、真新しい写真絵本です。

作:こんどうりょうへい
構成:かきのきはらまさひろ
写真:やまもとなおあき

出版年月:2011.11
ページ数:32p
サイズ:26×19×0.3cm
表紙に折れ、スレあり
図書館廃棄本

C$1.50
わたしのかさはそらのいろ ((CH-114))
お母さんに青い傘を買ってもらった女の子が「わたしのかさはそらのいろ、あめのなかでもいいてんき」と歌いながら散歩をしていると、動物や友だちが「いーれて」「いーれて」「いーれて」と傘の中に入ってきます。広がって大きくなった傘の下でみんなは楽しく遊びます。傘の下はまるで青空のようにいいお天気であたたかでした。

作:あまんきみこ
絵:垂石眞子

出版年月:2006.05
ページ数:32p
サイズ:26×19×0.3cm
表紙に汚れあり

C$2.75
どきどきキッチンサーカス ((CL-215))
「パッパカパーンと ラッパを ならす フライパン」「たわしが わになり わなげする」「さらが さらりと ちゅうがえり」。台所用品の楽しいキッチンサーカスを描きます。ヘラがふらふらフラダンスを踊ったり、やかんがさかんに逆立ちしたりと、面白さ満載。玉乗りをしたお玉がずっと転がり続けるというハプニングもあって、クスリと笑いを誘います。韻を踏んだような文章とユーモラスな絵の楽しい言葉遊びの絵本です。

文:石津ちひろ
絵:山村浩二

出版年月:2014.12
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にキズあり

C$2.75
なにに なろうかな? ((CL-212))
「きょうは なにに なろうかな? わたしは いろんなものに なれるのよ」……朝、女の子は、ウサギになってぴょんぴょんとびはね、「おはよう!」。そのあと、馬になって遊んだり、犬になってお昼ごはんを食べたり、あひるになってお風呂に入ったり、一日中いろいろな動物になって過ごします。子どもの変身願望をくすぐること、間違いないでしょう!

原案・絵:ヴェーラ・フレーブニコワ
文:松谷さやか

出版年月:2009.06
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にキズあり

C$2.75
はなくんくん ((CL-213))
ぼくがパン屋さんの前でパンのいい匂いを吸い込んでいると、向こうからおおきな犬がやってきて、パンの匂いをはなくんくん。横取りされるものかと、ぼくも負けじとはなくんくん。すると、はなくんくんが街中に広がって……。軽快な文章と絵が魅力の絵本です。

文:ねじめ正一
絵:亀澤裕也

出版年月:2013.09
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にキズあり

C$2.75
ママだいすき ((B-785))

動物のお母さんと子どもが幸せいっぱいに、お話したり、追いかけっこをしたりという絵に、詩人まどみちおが楽しい言葉をつけた絵本。

絵:真島節子
文:まどみちお

出版年月:1972.02(1982.10版)
ページ:47p
サイズ:14.8×14.8×0.7cm
ソフトカバー
落書きあり

C$2.00
Per Page      101 - 120 of 243