福音館書店

Sort By:  
とん ころころころ ((CL-206))

窓際に、まりが一つ。風が吹いて床に「とん」と落ちると、「ころころころ」と転がりだした。やがて意思をもったかのように、「ととーん」と外の世界へ飛び出してゆく……。躍動感のある言葉が楽しい絵本です。写真による構成で、登場する小物は手作りのミニチュアです。主人公のまりはもちろん、机もたんすもランドセルも、すべてが手のひらサイズ。その緻密な造形をじっくりお楽しみください。

文:荒川薫
造形・写真:村田朋泰

出版年月:2012.02
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にきず、少し汚れあり

C$2.75
バッターくん ((CL-205))
バッターくんのユニホームはミシンさんが仕立てた。そのミシンさんはピアノを聞くのが好き。そのピアノを弾くピアーノさんは自宅の居間のテレビで野球を見る。ピアーノさんの家はトンカチくんが建て、そのトンカチくんは……というように、次々に人と人とがつながってゆき、ストーリーがリズミカルに展開。最後はバッターくんの活躍する野球場に全員集合。バットの形のバッターくん他、不思議な雰囲気の水彩画です。

作:織田道代
絵:古川タク

出版年月:2003.02
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙にきず、折れあり
下部に赤いペンの線あり
読みしわあり

C$2.00
たいへんだあ ((CL-204))
風に流された赤い風船が、森のモミの木にひっかかりました。それを見た森の動物たちは大騒ぎ。「たいへんだあ! おひさまがひっかかっちゃった!」。 お話は、これまでも世界の昔話の再話を手がけてきた、やなぎやけいこさんの創作。絵は、メキシコやアメリカの土着文化をふんだんに取り入れた、今井俊さんによる版画です。昔話のような力強さとユーモアあふれる作品です。

作:やなぎやけいこ
絵:今井俊

出版年月:2008.01
ページ数:24p

サイズ:21×20×0.4cm
ソフトカバー
表紙の角にはがれあり
表紙にキズあり

C$2.50
めのまどあけろ (4-8340-0965-3(T-1514))

「めのまどあけろ おひさままってるぞ みみのまどあけろ だれかがうたってる……」子どもたちが、思わず口ずさんでみたくなる、現代のわらべうた絵本。

文:谷川俊太郎
絵:長新太

出版年月:1984.02(2007.08版)
ページ:24p
サイズ:21.5×20.5×0.6cm
ハードカバー
表紙裏にシミあり

C$4.25
だまされたトッケビ -韓国の昔話- (4-8340-1612-9(H-677))

韓国には、いたずら好きで、憎めない不思議なトッケビがいます。人間との約束を守って毎晩お金を返した「だまされたトッケビ」、姿の消える帽子をおじいさんにあげた「トッケビのぼうし」など、愉快なトッケビの昔話集です。ほかに、「トッケビのこん棒」「すもうのすきなトッケビ」「トッケビの石うす」「トッケビがこの世でいちばんこわいもの」「恩返しをしたトッケビ」「こぶじいさんとトッケビ」など全15話。

編・訳:神谷丹路
絵:チョン スンガク

出版年月:1999.06(2007.02版)
ページ:192p
サイズ:21.8×15.5×2cm
ハードカバー
カバー付き

C$6.00
こねこのねる ((T-1501))

「いんであんになりたいよう」いんであんの国にいったねるは、はねのついたほんもののぼうしをもらって大喜び。

文・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしいももこ

出版年月:1968.11(1979.10版)
ページ:p
サイズ:16.5×16.5×0.7cm
ハードカバー
表紙にキズ、へこみあり
表紙角にはがれあり
読みしわ、しみあり
一部書き込みあり

C$2.00
ふるやのもり ((FM-35))
じいさんとばあさんが育てている子馬をねらって、泥棒と狼は、それぞれ厩に忍びこんでかくれていました。じいさんとばあさんが「この世で一番怖いのは、泥棒よりも、狼よりも“ふるやのもり”だ」と話しているのを聞いて、泥棒と狼は、どんな化け物だろうと震えていると、そのうち雨が降ってきて古い家のあちこちで雨漏りしてきて……。田島征三のデビュー作となった昔話絵本。

再話:瀬田貞二
画:田島征三

出版年月:1965.01(1993.01版)
ページ数:27p
サイズ:26×19×0.3cm
表紙に折れ、少しヤケあり

C$2.50
かあさん ((FB-83))
「かあさん」とヒツジの赤ちゃんが呼びかけると、「はい、ここよ」。ヒツジのお母さんが答えてくれます。サル、カバ、シロクマの赤ちゃんが呼びかけると、やっぱりお母さんがやってきました。人間の赤ちゃんも「かあさん」と呼ぶと、ほら、ちゃんとお母さんがやってきましたよ。赤ちゃんとお母さんの温かい絆を愛情こめて描いた絵本。

作:たしろちさと

出版年月:2005.07
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズ、へこみあり

C$2.75
こうま ((FB-84))
「こうまが うまれたよ」「こうまは たったよ たった たった たったよ」……子馬が生まれ、成長する様を、詩人の小野寺さんがリズミカルで愛情あふれる文章で表現してくれました。画家のたしろさんは実際に生まれたての子馬を見に行き、無垢な美しさを目の当たりにしました。そのときの感動がそのままうつし出された、温かで柔らかな絵。親子でゆったり楽しめる絵本です。

文:小野寺悦子
絵:たしろちさと

出版年月:2009.06
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズあり

C$2.75
ね、こっちむいて ((FB-85))
「ね、こっちむいて」。後ろを向いている動物たちに赤ちゃんが呼びかけます。振り向いたネコが「にゃん」、ネズミが「ちゅっ ちゅっ ちゅっ」、ヒツジが「べへへえ~」とこたえます。大きなゾウの返事にびっくりしてしまいますが、最後はお母さんのだっこで一安心。動物たちが振り向く様子がいないいないばあ遊びのようで楽しい絵本です。

作・絵:わたりむつこ

出版年月:2010.10
ページ数:
サイズ:19.5×18.5×0.8cm
ボードブック
表紙にキズあり

C$2.75
いっしょにあそぼ おまめもいれて ((S-73))

今ではほとんど見ることがなくなった、小さい子から大きい子までいろいろな年代がいる遊び集団。お兄ちゃんお姉ちゃんとたっぷり遊んだ経験がない子どもたちは、年下の子たちの扱いには戸惑ってしまうのではないでしょうか? でも、それは遊び方がわからないだけなのです。さあ、年下の子たちを「おまめ」として仲間に入れて、一緒に遊ぼう。工夫次第でいくらだって楽しくできるのです。

作:藤本ともひこ

出版年月:2006.03(444号)
ページ数:28p
サイズ:24.8×22.8×0.3cm
ソフトカバー
読みしわあり

C$2.75
メコン 源流をもとめて ((SH-25))

インドシナ半島を縦断して、南シナ海に注ぐ大きな川があります。全長4,200キロ、日本列島の約2倍もあるメコン川です。数千万人以上もの人々が住んでいると言われるこの川の流域を、河口から源流までずっと見ていきます。支流が網の目のように入り組んだ河口域から、標高4,000メートル以上の源流域まで、国や民族がちがっても、みんなメコン川の恵みとともに生きていました。

文・写真:鎌澤久也

出版年月:2008.11(第284号)
ページ数:40p
サイズ:25×19×0.5cm
ソフトカバー

C$4.50
くつくつあるけ (4-8340-0682-4(B-738))

靴をはいておもてに出るのは、あかちゃんの大きな喜びですが、その靴がここでは大活躍。優しく明瞭な色彩で靴の表情を描いた、あかちゃんの絵本の一級品。

作:林明子

出版年月:1986.06(1992.06版)
ページ:20p
サイズ:18×18×0.8cm
ハードカバー
表紙にキズあり

C$4.50
はかせのふしぎなプール ((CH-108))
博士が何でも大きくしてしまうプールを発明しました。水面から出た一部を手がかりに、水中に沈んでいるものの正体を助手にあてさせます。人の認知能力と想像力をユーモアたっぷりに刺激する作品です。亀倉雄策賞(2018年)、毎日デザイン賞(2019年)を受賞したグラフィック・デザイナーによる新鮮な驚きと喜びを与えてくれる絵本。

作:中村至男

出版年月:2015.09
ページ数:
サイズ:26.2×18.8×0.3cm
ソフトカバー
表紙にしわあり
名前の記入あり
読みしわあり

C$2.25
おばあさんとマリーちゃん ((CH-110))
おばあさんはひとりぐらしがつまらないのでイヌを飼おうと、「どなたかイヌをください」という貼り紙をしました。子イヌがきたらマリーという名前にしようと楽しみにしていると、大きなイヌがぬうっとやってきて、おばあさんのごはんもドーナツもをみんな食べてしまいます。しかたなくまたドーナツを買いに町へいったおばあちゃんは、帰り道で転んでしまいますが……。

作:織茂恭子

出版年月:2000.10
ページ数:32p
サイズ:26.2×18.8×0.3cm
ソフトカバー
表紙に折れ、汚れあり
名前の記入あり
最初のページに割れあり
読みしわあり

C$2.00
プレッツェモリーナ -イタリアの昔話- ((CH-113))
少女プレッツェモリーナは魔女たちに捕まり、囚われの身になってしまいます。あるとき、魔女の女王の御殿に忍び込んで小鳥を盗み出すという難題を課せられたプレッツェモリーナは、井戸の底から救い出した謎の黒猫「ガット・ベルラッコ」の力を借りて、迫りくる困難を次々と切り抜けていきます。イタリアを代表する、スリリングな昔話。

再話:剣持弘子
絵:小西英子

出版年月:2019.03
ページ数:32p
サイズ:26.2×18.8×0.3cm
ソフトカバー
表紙の角に折れ、少しめくれあり

C$2.75
ごろはちだいみょうじん ((FM-29))
「五呂八大明神いうても神さんのことやない。たぬきのことや」奈良に生まれ育った作者が、大和地方のことばで幼い子どもたちの心にしみじみと訴えかける、味わい深い物語絵本です。

作:中川正文
絵:梶山俊夫

出版年月:2009.11
ページ数:27p
サイズ:26×19×0.3cm
表紙にキズあり

C$2.75
あやちゃんのうまれたひ(こどものともセレクション) ((C-142))
あやちゃんはもうすぐ6才の誕生日。お母さんはあやちゃんが生まれた時のことを話してくれます。生まれる予定の日が過ぎて、お父さんもおばあちゃんもおじいちゃんも待ちきれなくなっていた、ある寒い寒い晩のこと、お腹の中で赤ちゃんの生まれる気配がして、お母さんは病院に向かい、あやちゃんを産んだのです。赤ちゃん誕生をめぐる家族の期待、喜び、感動を、しみじみと温かく描きます。

作・絵:浜田桂子

出版年月:1984.12(2013.12版)
ページ数:32p
サイズ:26×19×0.3cm

C$3.00
にかいだてバスにのって ((C-143))
イギリス・ロンドンには、赤い2階建てバスがたくさん走っています。きょう、ぼくはお父さんとバスに乗ってお出かけ。手を挙げてバスを停め、狭い階段を上がって最前列の「特等席」に着くと……前も横も、周りが全部見られる! 追い越すバスの乗客に手をふったり、周りの乗り物や路上の出来事を眺めたり。背の高い2階建てバスならではの楽しみを、ロンドン在住のイラストレーターがコラージュの手法で描きます。

作:せきなつこ

出版年月:2017.10
ページ数:32p
サイズ:26×19×0.3cm

C$3.00
タランの白鳥 (4-8340-0250-0(H-646))

オホーツク海に浮かぶ北の島にタランと呼ばれる湖がある。その湖底に沈む青い玉、それはモコトルの父祖が退治した大トドの片目だという。「わしはタランの湖の底、泥に埋もれし青い玉。わしをさがし、ひろいあげてまつれ。さすればやがて大地の水もひき、タランの村によき日がおとずれよう」その役目が、いまモコトルに命じられた。美しい白鳥の化身した娘と暮らすタランに、よみがえったトド神の魔の手が忍び寄る。少年少女に送る愛と甦りの物語。

作:神沢利子
画:大島哲以

出版年月:1989.05(1990.08版)
ページ:192p
サイズ:21×15.5×2cm
ハードカバー
カバー付き
図書館廃棄本
最初のページにはがれあり

C$2.50
Per Page      121 - 140 of 239