ポプラ社

Sort By:  
とかげのトホホ (4-591-05352-0(L-183))
ぼくがであったとかげのトホホは、さびしいなというと、元気だよといういみだという。そして、ゆめは大きなワニになることだって。

作;角野栄子
絵;大島妙子

出版年月;1997.04(2008.02版)
ページ数;70p
サイズ;21.4×15.6×1.5cm
ハードカバー
カバー付
最後のページに落書きあり
カバー後ろ側に汚れ、キズあり

売り切れ
C$4.75
くまの子ウーフ (4-591-011411-0(L-128))
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!

作;神沢利子
絵;井上洋介
出版年月;1969.06(2001.03版)

ページ数;128p

サイズ;21.5×18×1.7cm
ハードカバー
カバー付
売り切れ
C$6.00
角野栄子のちいさなどうわたち2 (4-591-09498-3(H-366))
ポケットから楽しいうそ話が出てきたり、らくがきのおばあさんが動きだしたり・・・・・・。ふしぎがいっぱいのお話。

作;角野栄子
絵;長崎訓子

出版年月;2007.03(2007.04版)
ページ数;141p
サイズ;20.3×15.5×1.3cm
ハードカバー
カバー付き
カバーにキズあり

売り切れ
C$5.00
めくってわかるからだのしくみ 人体絵本 (4-591-05190-0(H-403))

各ページに組みこまれた“めくりのしかけ”で、からだの内部のしくみがひと目でわかる、これまでにない正確で本格的な人体の絵本です。

作;ジュリアーノ・フォルナ―リ
訳;加藤季子

出版年月;1997(2007版)

ページ数;10p
サイズ;35.5×27×0.8cm
ハードカバー

売り切れ
C$12.00
くまくんのあかちゃんえほん8 はみがき (4-591-08077-3(B-348))

わすれちゃいけないはみがき、シュッシュッ。食べたらみがくおやくそく。くまくんといっしょにたのしく歯をみがきましょう!

作;ささきようこ

出版年月;2004.03(2004.07版)

ページ数;20p
サイズ;16.5×16×0.7cm
ハードカバー
少し汚れあり

C$4.00
角野栄子のちいさなどうわたち1 (4-591-09497-6(H-365))
おばけのアッチ、コッチ、ソッチは、ずーっとずっとみんなの人気者! 小さなおばけたちがくり広げる、とびきりゆかいなお話。

作;角野栄子
絵;佐々木洋子

出版年月;2007.03
ページ数;125p
サイズ;20.3×15.5×1.3cm
ハードカバー
カバー付き
名まえの記入あり

売り切れ
C$5.00
はじめてのいきもの6 どうぶつのあかちゃん (4-591-14430-5(B-252))
かわいいどうぶつのあかちゃんの魅力がたっぷり!小さなお子さまの持ち歩きにも便利なボードブックです。

写真・文;内山晟

出版年月;2015.03
ページ数;16p
サイズ;18.5×17.7×0.8cm
ボードブック

売り切れ
C$2.75
真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (4-4-591-13182-4(A-919))

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。彼が企む“計画”によりパン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾。

著;大沼紀子

サイズ;15.2×10.6×1.8cm
文庫本
カバーに折れあり
しわのページあり

C$3.00
真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (4-4-591-12751-3(A-918))

真夜中にだけ開く不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」に現れたのは、美人で妖しい恋泥棒―。謎だらけの彼女がもたらすのは、チョコレートのように甘くてほろ苦い事件だった…。不器用な人たちの、切なく愛おしい恋愛模様を描き出す“まよパン”シリーズ第2弾。

著;大沼紀子

サイズ;15.2×10.6×1.9cm
文庫本
折れあり

C$3.00
真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (4-4-591-12479-6(A-917))

都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生の希実は、可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を発した、失綜騒動へと巻き込まれていく…。期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。

著;大沼紀子

サイズ;15.2×10.6×1.4cm
文庫本

C$3.25
コミック版 ハンナのかばん (4-591-09879-0(H-372))
世界中で読まれている、実話感動作がコミックで登場!第二次世界大戦中、アウシュビッツのガス室で、13年の生涯をおえたハンナ・ブレイディ。半世紀後、偶然、ハンナが残した旅行かばんと日本で出会った、石岡ふみ子。ハンナはどんな少女だったんだろう?ハンナにいったい何が起きたんだろう?ふみ子のハンナを探す奇跡の旅が始まった。

原作;カレン・レビン
監修;石岡史子
まんが;近藤たかし

出版年月;2007.08

ページ数;220p
サイズ;21.7×15×1.8cm
ハードカバー
カバー付き

C$5.50
むかしむかし絵本シリーズ ((K-691:716))

【ひこいちばなし】ひこいちは、じまんのとんちで、てんぐどんの宝物の「かくれみの」を手に入れます。とくいになったひこいちは・・・。(1970) 

【やまんばのにしき】「ちょうふくやまのやまんばが、こどもうんだで、もちもってこう」秋田につたわる、豪快でしかも人間味を感じさせる民話。(1971.06)

【かさこじぞう】元日の夜あけまえ、そりを引いて、じいさま、ばあさまの家へくるかさをかむった六地蔵さまの話。心あたたまる民話。(1971.04)

【なしとりきょうだい】「いけっちゃかさかさ、いくなっちゃかさかさ」ちっこい三郎がふしぎなささの歌を聞き分けて歩いて行くと・・・。(1970.01)

【ちからたろう】百かんめの金ぼうをかた手に、のっしじゃんが、のっしじゃんがと力修行にでて行くちからたろうのゆかいなお話。(1971.08)

【りゅうぐうのおよめさん】りゅうぐうからきた美しいおよめさんを自分の妻にしたいと思ったとのさまは、若者につぎつぎ難題をふきかけます。――九州の南の島に伝わるお話。(1970.03)

【つるにょうぼう】つるの娘は、若もののところへ、およめに来てきっこばたんと七日の間、はたをおった。絵のように美しいお話。(1971.08) 

【三ねんねたろう】「うちのむらには、ねたろがござる」とこどもらがうたった。しかし、そのねたろうが村のためにはたらくというお話。(1971.08)

【ききみみずきん】きつねにもらった古ずきんをかぶってみると、鳥のさえずりが、人間の声になって聞こえてくる。――ふしぎなおもしろいお話。(1971.04)

【ふるやのもり】「おおかみよりも、どろぼうよりもこわいものはなに?」「それは、ふるやのもりだ!」ゆかいな動物民話。(1971.06)

【いっすんぼうし】長いあいだ、だれからも親しまれてきた「いっすんぼうし」を「とんとむかし・・・あったそうな」ではじまる豊かな表現で再話。(1971.09)

【かちかちやま】「とうがらしやまのうさぎはとうがらしやまのうさぎ。すぎやまのうさぎがなにしるべさ」だれでも知っているうさぎとたぬきのお話。(1971.05)

【さるかにばなし】「はようめをだせかきのたね、ださぬとはさみでほじくるぞ」むかしから語りつがれている、さるとかにのお話。(1971.09)

【ももの子たろう】「ももの子たろうさん、ももの子たろうさん、かたなをさして、はたもって、どこいきなさる」−−おにたいじのお話。(1971.03)

【はなさかじい】「にっぽんいちのはいまきじじい。かれ木にはなをさかそうぞい。」だれでも知っているかれ木に花を咲かせるお話。(1968.01)
 *表紙角に破れあり
 *背表紙の色褪せ強め

【したきりすずめ】舌を切られたすずめをたずね歩くやさしいおじいさん。そして、舌を切ったおばあさんがもってきたつづらの中味は・・・。(1971.07)
 *裏表紙にへこみあり

【わらしべちょうじゃ】かんのんさまにおまいりに行った帰りに拾った一本のわらしべ、めぐりめぐって長者になる心のやさしい男のお話。(1971.10)

【こぶとり】てんぐにこぶを取ってもらって大よろこびのおじいさん。それをきいた隣のじいさんもさっそく出かけてみたが・・・。(1972.02)

【かもとりごんべい】よくばったごんべえは、たくさんのかもにつれられて空の旅。そしておちたところは−−ユーモラスに書きつづられたお話。(1971.08)

【うらしまたろう】かめを助けた若者は竜宮へ行きます。そしてみやげにもらった玉手箱をあけると・・・。むかしからみんなに語りつがれてきたお話。(1972.04)
 *背表紙にいたみあり

【きんいろのきつね】国ぐにに害をおよぼす魔法のきつね、これを退治する関東武士たちとの戦い。那須野原に伝わる「殺生石物語」。(1972.08)

【ゆきおんな】ふぶきの夜の山小屋で、みの吉は雪女に会います。そして・・・雪深い山国で語りつがれている美しくもおそろしい雪女のお話。(1972.07)

【たぬきむかし】ろくべえだぬきは化け上手。いつも村いちばんのお人よしの吾作どんをだましては、喜んでいます。けれども調子にのりすぎて・・・。(1972.10)

【きんつばじへい】いいつくせないほど苛酷なキリスト教迫害にあいながらも、人を愛し、信ずることを根気よく説く、きんつばじへいの物語。(1972.10)
 *裏表紙にキズあり

【白鳥のコタン】戦いに傷ついたアイヌの若者を見て、美しい女神は、そっと天からおりてきました。北海道につたわるアイヌの物語。(1972.08)

【兵六ものがたり】あらゆる手でおどし、ばかそうとするきつね、だまされまいとする兵六。だが、いつのまにかばかされて・・・。(1972.10)

サイズ;26.4×20.7×1.1cm/冊
ページ数;
ハードカバー

C$3.00
きかんしゃトーマスのABC (4-591-03506-9(T-787))
BはバーティーのB、DはディーゼルのD。Eはエドワード、Gはゴードン・・・。だいすきなきかんしゃたちとABCをおぼえましょう。

原作;W.オードリー
訳;まだらめ三保

出版年月;1991.09(1999.02版)
ページ数;20p
サイズ;21.7×22.7×0.8cm
ハードカバー
しわ、汚れあり

C$3.50
赤毛のアン (4-591-08847-2(H-359))
赤毛の少女アンは、マシューとマリラの兄妹に引き取られ、さまざまな事件を起こしながら、1歩ずつ成長していく。

作;モンゴメリ
訳;白柳美彦

出版年月;2005.10(2007.06版)
ページ数;206p
サイズ;17.2×11.3×1.5cm
ソフトカバー(文庫本)
カバー付き

C$4.00
格付けしあう女たち「女子カースト」の実態 (4-591-13678-2(A-872))

「八千円のランチに行けるか、行けないか」で「ママカースト」が決まる!? 女性の間に生まれる「カースト」の苦しみは、社会的な成功だけでなく「女としての幸せ」というダブルスタンダードで計られることにある。 「恋愛・婚活カースト」や「女子大生カースト」、「オフィスカースト」などの「女子カースト」の実態と対処法を探ると共に、そこから見える旧態依然とした会社組織や貧困、シングルマザーなどの日本の課題点に迫る。

著;白河桃子

サイズ;17.3×11×1.1cm

文庫本

C$2.00
トーマスとおぼえるかたち (4-591-09889-9(T-767))
トーマスやなかまたちと一緒にページにあいた穴をのぞいたり、なぞったりしながら、○、□、△などの身近なかたちを学べます。

原作;ウィルバート・オードリー
訳;文平玲子

出版年月;2007
ページ数;
サイズ;23×23×2.2cm
ボードブック
汚れあり
テープの補修あり
めくれあり
C$3.50
トーマスキャラクターミニずかん (4-591-13750-5(T-766))
きかんしゃトーマスと仲間たちを映像作品で紹介する、キャラクターミニ図鑑です。

出版年月;2014.03
ページ数;18p
サイズ;10×10×1.5cm
ボードブック
汚れあり
表紙にいたみあり
C$2.00
森のネズミのさがしもの (4-591-09566-9(H-210))
山荘で、やりかけのゲームを見つけ、あやかしのゲーム世界に入っていったヒメネズミたちと、女の子の、わくわくドキドキのお話。

作;岡野薫子
絵;上條滝子

出版年月;2007.01
ページ数;95p
サイズ;21.8×15.5×1.5cm
ハードカバー
カバー付

C$5.00
森のネズミとゆきだるま (4-591-02759-7(H-207))
さらさらとふるやさしい雪につつまれた山荘の中でヒメネズミの家族が冬ごもり。ある夜のこと、庭の雪だるまが突然空をとんで・・・。

作;岡野薫子
絵;上條滝子

出版年月;1988.02(1988.11版)
ページ数;95p
サイズ;21.8×15.5×1.5cm
ハードカバー
表紙に色あせ、汚れあり

C$4.25
森のネズミとお月さま (4-591-07280-0(H-209))
山荘にすみついたヒメネズミの一家が、まんまるお月さまの光の下で出会う、たくさんのふしぎさと、ゆめがいっぱいつまったお話

作;岡野薫子
絵;上條滝子

出版年月;2002.06
ページ数;95p
サイズ;21.8×15.5×1.5cm
ハードカバー

C$4.50
Per Page      1 - 20 of 67