こぐま社

Sort By:  
こぐまちゃんのみずあそび (4-7721‐0027‐X(B-270))
子どもの好きな水遊び。でも思う存分できる機会はめったにないかもしれません。最初はじょうろを使ってささやかに始まったこぐまちゃんの水遊びですが、しろくまちゃんがホースを持って来たことからおもしろさはエスカレート。できた流れに葉っぱのボートを浮かべるまでに発展します。大満足のあとは思いきり良くきりあげてシャワーへ。胸のすくような楽しさです。

作;わかやまけん

出版年月;1971.11(1996.08版)
ページ数;p
サイズ;21.2×19.5×0.7cm
ハードカバー
表紙の角に破れあり
少しシミあり

C$4.25
くっついた (4-7721‐0178‐3(B-267))
ページをめくると…、くっついた!そのくり返しが楽しい赤ちゃん絵本です。最後は、赤ちゃんのほっぺをはさんで、お父さんもお母さんもいっしょに、くっついた!
赤ちゃんのまわりにいる大人まで、ニッコリ笑顔になる絵本です。

作;三浦太郎

出版年月;2005.08(2008.12版)
ページ数;24p
サイズ;19×17.5×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
二ひきのこぐま (4-7721-01004(T-552))
美しいモノクロ写真で綴るふたごの子ぐまたちの冒険物語。冬眠から覚めた子ぐまたちが、かあさんの言いつけを守らずに、遊びに出かけて行き、道に迷ってしまいます。動物への優しい視線が満ちた動物写真の第一人者イーラの写真絵本。

作;イーラ
訳;松岡享子

出版年月;1990.11(1993.01版)
ページ数;
サイズ;28.5×22.5×0.7cm
ハードカバー
表紙にキズ、角に破れあり
C$5.25
ティリーのねがい (4-7721-0134-9(K-307))
ドールハウスにメイドとして住む、木の人形のティリーは、一日中掃いたり、拭いたり、磨いたり。そこである日、この家からの脱出を決意します。自由を求めて行動したティリーの物語。

作;フェイス・ジェイクス
訳;小林いづみ

出版年月;1995.12(2003.10版)
ページ数;
サイズ;24.5×19.1×0.8cm
ハードカバー

C$5.25
ゴロゴロ ドンドン パラパラパラ (4-7721-0104-7(T-389))
ララちゃんが折り紙をチョキチョキ切っていると、雲に乗ったかみなりちゃんがやってきて、その紙を空から降らせようと誘います。二人は海の魚たちに、アフリカの動物たちにと、きれいな紙を雪のように降らせ…。

作;にしまきかやこ

出版年月;1991.06(1995.03版)
ページ数;40p
サイズ;25.4×20.7×0.9cm
ハードカバー

C$5.25
ブータン (4-7721-0128-4(k-290))
ベンさんが野菜くらべ大会の一等賞でもらった子ぶたのブータン。
餌をどんどん食べ、見物人がやって来るほど巨大なブタに成長しました。
ある日、遠い町の博覧会でゾウと比べっこをしないかという話が持ち上がって…。

作;太田大八

出版年月;1995.03(1997.03版)
ページ数;34P
サイズ;26.4×18.7×1cm
ハードカバー
表紙の裏側にやぶれあり
C$5.25
がまくん かろくん (4-7721-0157-8(K-83))
ひょんなことから、仲良しのがまくんが、かえるのくせに泳げないことを知ったかろくんは、何とか友達を泳げるようにしようと、あれこれ水泳の上達法を考えますが…。

作;馬場のぼる

出版年月;2000.07(2004.08版)
ページ数;36p
サイズ;18.1×18×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
アラジンと魔法のランプ (4-7721-0121-7(L-169))
叔父と名乗る怪しい男の手引きで、古びたランプを手に入れたアラジン。それは、こすると魔物が現れ、何なりと望みをかなえてくれる魔法のランプなのでした。ハラハラドキドキのランプの争奪戦が繰り広げられます。

著;馬場のぼる

出版年月;1994.07(1999.10版)
ページ数;
サイズ;26.3×18.7×0.9cm
ハードカバー

C$5.50
Per Page      1 - 8 of 8
  • 1