童話館出版

Sort By:  
おじいちゃんのところ (4-88750-094-5(L-274))

夏休みのある日、ジャネッタは、おかあさんと一緒におじいちゃんの家を訪ねました。田舎の古ぼけた建物やラバにジャネッタは居心地の悪さを隠せません。星がまたたきはじめ、おじいさんとお母さんとジャネッタはポーチの階段に座って話をします。「庭に、星がおちてきたのも、こんな夜だったな」とおじいさん。おかあさんは、またばかな話、と言うけど、ジャネッタはおじいさんの話にすっかり夢中です。次の日、おじいさんと魚釣りに行きジャネッタは「魚語」を理解できるようになり、ラバとも仲よしになります。そうしてみんなに名前をつけてあげるのです。

文;ヘレン・V・グリフィス
絵;ジェームズ・スティーブンソン
訳;あきのしょういちろう

出版年月;2007.09(2008.08版)
ページ数;40p
サイズ;25.6×20.8×0.9cm
ハードカバー

C$5.00
ちっちゃなほわほわかぞく (4-924938-07-6(T-563))
「ほわほわかぞくが いたってさ。あったかいんだ、こたつみたいに。ちっちゃいんだって、だれよりも。」
こどもは外にでて、初めてのものに出会って帰ってきます。「こどもを ねどこにつれてったのは、ほわほわとうさん。」「そして、てをにぎってやって、うたをうたってやったってさ」
幼い人の、どこまでも幸せな生と、それに支えられた世界への好奇心を描きます。

作;マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵;ガース・ウィリアムズ
訳;谷川俊太郎

出版年月1994.04(2008.04版)
ページ数;32p
サイズ;22.1×15.9×0.8cm
ハードカバー
C$5.00
あかいくるまのついたはこ (4-92938-35-1(T-519))
庭の木の下に、赤い車のついた箱がおいてありました。庭の木戸は開けっ放しです。好奇心いっぱいの動物たちは、木戸を通り抜け、箱をめがけてすすみます。はじめに雌牛が、のぞきます、じろじろ、じろじろ。次に太った小馬も、なんだろな。こんどはうさぎが、ぴょん、ぴょん。それから4ひきのこがもを連れた母さんがもも、つづきます。こねこも、こいぬも…。そのうちに、箱の中から、まあるい頭が…。あだやかな日々をゆったり過ごす好奇心いっぱいの動物と、みんなに愛される幼い子どものふれあいが、牧歌的な、あたたかい絵本になっています。アメリカで長い間読みつがれた名作絵本の一冊で、日本語に初めて翻訳されました。

作;モウドとミスカ・ピーターシャム
訳;わたなべしげお

出版年月;1995.03(2004.04版)
ページ数;32p
サイズ;26×20.5×0.8cm
ハードカバー

C$5.50
みんなのベロニカ (4-924938-73-4(L-179))
動物園から農場にやってきたかばのベロニカ。気持のよい性格のベロニカは、農場の動物たちと仲良しになろうとします。でも、動物たちは、本当はベロニカに興味はあっても、よそものだからと、冷たい態度。ベロニカは次第に元気をなくし、とうとう自分の小屋から出てこなくなりました。そうなると、みんなは心配になってきます。でも、みんなで、ベロニカのために何かをしようとはなりません。
そんな時、馬のストローが言いました。「あれは、なぜ でてこないのかねえ」すると、がちょうのペチューニアが。。。

作・絵;ロジャー・デュボアザン
訳;神宮輝夫

出版年月;1997.06(2004.11版)
ページ数;32p
サイズ;25.7×20.4×0.7cm
ハードカバー

C$5.50
はなたれこぞうさま (4-88750-015-7(L-221))
昔々、花を作っては遠い町まで売りに行く男がいました。男は売れ残った花を、橋の上からおとひめさまへと流します。
そんなある日、おとひめさまのお使いが現れ、望みを何でもかなえてくれる“はなたれこぞうさま”を、お花のお礼にお連れください、と言うのです。
ものは試しと、男は…。

文;川崎大治
絵;太田大八

出版年月;2000.07(2004.10版)

ページ数;32p
サイズ;27.6×21.5×0.8cm
ハードカバー

C$5.00
気持ちの本 (4-88750-050-5(H-233))
「うれしい気持ち、悲しい気持ち、しあわせな気持ち、いやな気持ち、どれもみんな、あなたの大切な気持ち」心の中は目で見えないけれど、心の中の状態を気持ちが知らせてくれます。その時の気持ちを大切にしてください。嬉しい気持ちや幸せな気持ちは、それを言葉にすることで誰かに伝えましょう。あなたの嬉しさはきっと2倍になるはずです。心にいかりの気持ちがわいたら、怒った気持ちを言葉にして誰かに話してみましょう。あなたが人に言葉にして話すと、その気持ちは半分になります。悲しい時も悔しい時もさびしい時も、そうです。言葉にならない気持ちもあるかもしれません。でもあきらめないで!あなたを分かってくれる人に聞いてもらいましょう。あきらめないで、聞いてくれる人を探しましょう。「いろんな気持ちを大切にして ぐんぐん大きく しあわせになる。」

作;森田ゆり
絵;たくさんの子どもたち

出版年月;2003.07(2006.09版)

ページ数;40p

サイズ;24.2×20×0.8cm
ハードカバー

C$5.25
かえでがおか農場のなかまたち (4-88750-000-9(L-218))
かえでがおか農場に住んでいるのは、私たち家族、犬、馬、ブタ、ガチョウとにわとり、めうしとやぎとひつじ。
それからねこ。農場のまわりには、森の小動物たち。
たとえば、ねこのマックスは、ネズミやウサギやリスをつかまえて食べてしまいます。そうしておのこしを、人間にわけてくれます。
個性的なそれぞれを紹介しながら、季節と自然に包まれた日々を語ります。

作・絵;アリスとマーティン・プロベンセン
訳;乾侑美子

出版年月;1998.04(2003.09版)

ページ数;57p
サイズ;32.3×24×1.3cm
ハードカバー
表紙にへこみあり

C$9.00
とてもすてきなわたしの学校 (4-88750-013-0(L-219))
わたしの学校のなまえは 「なんでもスクール」。みんなこの学校がだい好き。
音のききわけをおしえる先生、においのかぎわけをおしえる先生、むすぶことをおしえる先生、さかさにぶらさがって絵をかけるせんせい、いつもとってもかなしい校長先生。
そして、わたしのクラスのボンカーズ先生は、さぼてんとめ牛のちがいを教えてたり、かえるにダンスまで教えます。
そんな「なんでもスクール」の存続をかけた学力試験が行なわれることになります。
対抗するのは、先生の号令のもとになんでも動く「じゅうじゅんスクール」。
校長先生は心配のあまり、涙声ですが、ボンカーズ先生は自信満々。「なんにも心配ありません。だいじなことはおしえてあります。それはかんがえること。みんな、ごうかくまちがいなし。」

文;ドクター・スースとJ・プレラツキー
絵;レイン・スミスとドクター・スース
訳;神宮輝夫

出版年月;1999.09

ページ数;40p
サイズ;38.3×20.8×0.9cm
ハードカバー

C$6.00
こぶたのプーと青いはた (4-88750-025-4(L-180))
こぶたのプーは学校が大好きです。でも、月曜日と水曜日と金曜日の体育だけは大嫌い。でんぐりがえしの授業は、どんなに頑張っても前に転がりません。「いったいぜんたい体育なんて、なんのためにあるんだよ」と、プーはつぶやきます。金曜日の、体育の時間は『はたとりきょうそう』。赤組のプーは自分の陣地で動かないつもりです。その時、あらいぐまのラクーンがプーに作戦を耳打ちします。

作;カーラ・スティーブンズ
絵;レイ=イ・ベネット
訳;代田昇

出版年月;2001.02(2006.01版)
ページ数;54p
サイズ;21.6×18.8×1cm
ハードカバー

C$5.00
くまくんはどこ? (4-88750-096-9(T-402))
おもちゃの"くまくん"が見あたらなくてお部屋の中を探すトーマス、その途中、他のおもちゃで遊んでみたり、オモチャ箱を足の踏み場もないくらいに引っくり返してみたり・・・。でも最後には。

文・絵;グニラ・ヴォルデ
訳;つばきはらななこ

出版年月;2008.02
ページ数;24p
サイズ;16.3×16.7×0.5cm
ハードカバー

C$4.50
三びきのごきげんなライオン (4-88750-065-3(L-178))
あるフランスの町の動物園に住むライオンの夫婦に、男の子が生まれました。男の子が大きくなるにつれ、お父さんには、考えることがありました。「この子は、将来、どんな仕事をするのだろうか」と。お父さんは、ライオンというものは、チャンスさえ与えられれば、たいていの仕事はできると思っています。ですから、男の子にも、可能性のある未来がひらかれているはずです。それで、その子にふさわしいと思える環境を用意します。でも、結局、ライオンの男の子が自分にぴったりの仕事として選んだのは・・・・

文;ルイーズ・ファデオ
絵;ロジャー・デュボアザン
訳;はるみこうへい

出版年月;2005.07
ページ数;32p
サイズ;20.5×25.7×0.8cm
ハードカバー

C$5.50
あなただけのちいさないえ (4-88750-115-7(L-110))
テーブルの下、木の上…人は誰でも、自分だけの家を持つことができる。あなたも、あなただけの家を持つことができるのだ-。幼い頃、誰もが持っていた秘密の場所の情景を詩情する絵本。

文;ベアトリス・シェンク・ド・レーニエ
絵;アイリーン・ハース
訳;ほしかわなつこ

出版年月;2010.08
ページ数;40p
サイズ;26.3×13.1×0.7cm
ハードカバー

C$5.00
おこった月 (4-88750-085-8(H-213))
昔、ルーバンという男の子とラポウィンザという女の子がいました。ある月夜のこと、ラポウィンザが空を見あげて月のことを悪く言ってしまったのです。そのとたん、ラポウィンザは月によって天に連れ去られました。ルーバンは、ラポウィンザを助けようと、矢のはしごをつくって、はるかかなたの天をめざしてのぼります。天にのぼるとおばあさんが迎えてくれました。ルーバンはラボウィンザを助け出しますが、おそろしい月に追いかけられます。その時、おばあさんから授かった四つのものの力で、かろうじて逃げのびることができました。こうして、二人は無事に、自分たちの村に帰りました。

再話;W・スリーター
絵;B・レント
訳;はるみこうへい

出版年月;2006.09
ページ数;48p
サイズ;23.3×22.8×0.7cm
ハードカバー

C$5.50
絵本の森の魔法の果実 ((A-27))

こどもの心を満たす絵本・こどもの本を、こども達へ手渡したい。そんな願いのこもったネットワーク「童話館ぶっくくらぶ」の会員から寄せられた、絵本・こどもの本を仲立ちにした子どもと家族の物語。

著者;川端 強

出版年月;1999.06(2001.09版)
サイズ;20.7x15.7x2.8cm
ハードカバー

C$4.50
伝承おりがみ ((K-334))
この「折り紙の本」では、ゆびにんぎょう、かぶと、ひこうき、しゅりけん、ゆり、おばけ、たからぶねなど、簡単なものから少し難しいものまで40通りを紹介しています。

編;童話館出版編集部
絵;ヤスダイクコ

出版年月;2001.03(2003.03版)
ページ数;48p
サイズ;23×18.5×0.6cm
ソフトカバー
スタンプ、落書きあり
付属品はついていません

C$2.00
くんくんよろよろ 2冊セット (4-88750-068-5(B-176,177))
幼い人の、日常のなにげない動作を、シンプルな絵でユーモラスに描きます。「すう」では、ベビーサークルの赤ちゃんの目の前で、男の子があかちゃんのミルクをすってますよ。(『くんくん あらら』)。男の子とぬいぐるみのくまくんが、水道から水をバケツにくんで、おうちにお出かけです。でも、とんでるカを「うつ」と、よろけてバケツの水を「こぼす」。そして、こぼれた水を「ふく」「しぼる」。(『よろよろぽん』)

文・絵;ジョン・バーニンガム
訳;ほしかわなつよ

出版年月;2005.09(2007.07版)
ページ数;18p
サイズ;16.5×17.3×0.8cm/冊
ハードカバー
ケース付

C$8.00
グレーラビットとヘアとスキレル スケートにいく (4-88750-042-4(L-181))
灰色うさぎのグレー・ラビットは、大うさぎのヘアとりすのスキレルと暮らしています。森のはずれの小川にあつい氷が張る季節。グレー・ラビットは少し多めにサンドイッチをつくり、三匹はスケートに出かけました。グレー・ラビットは帰ってきた時の食事の用意も万端です。かわねずみのウォーターやもぐらのモールディも加わり、皆でスケートをしました。楽しい時間はあっという間。また明日、と家路につき、三匹は家の中のありさまを見てびっくり!すてきなごちそうが、たいらげられ、部屋は汚れています。

文;アリスン・アトリー
絵;マーガレット・テンペスト
訳;神宮輝夫

出版年月;2003.03(2004.11版)
ページ数;56p
サイズ;17×14.5×0.7cm
ハードカバー

C$5.25
バラライカにみせられたねずみトラブロフ (4-88750-108-6(L-78))
ヨーロッパの中ほどにある、雪深い村の宿屋にすんでいるねずみのトラブロフ。毎晩、楽士たちの音楽に聴きほれています。
バラライカが好きになったトラブロフは、バラライカ奏者になることを夢見て、楽士たちの巡業のソリにこっそり乗り、修行の旅へ。

作;ジョン・バーニンガム
訳;あきのしょういちろう

出版年月;2010.03
ページ数; 32p
サイズ;27.2×20.8×0.8cm

ハードカバー

C$5.00
三びきのこぶた イギリスの昔話 (4-924938-23-8(K-266))

貧しいお母さんぶたは子どもたちを社会へ出すことにしました。一番目のこぶたはわらの家を、二番目のこぶたは木の家を建てますが、オオカミに家を吹き飛ばされて、食べられてしまいます。三番目のこぶたはレンガで家を建てました。そこへ、オオカミがやって来て言葉たくみに誘惑します。

絵;マーガレット・バーディック
訳;わたなべしげお

出版年月;1994.10(2001.11版)
ページ数;38p
サイズ;19.8×18.2×0.9cm

ハードカバー

C$5.00
ばしん!ばん!どかん! (4-88750-062-4(T-464))
絵と音だけで構成される擬音語辞典のような絵本。中は絵と擬音語でいっぱいです。ごはんを作る音、楽器の音、飛行機の音…。声に出して、読めば読むほど楽しくなります。

文・絵;ピーター・スピア
訳;わたなべしげお

出版年月;2004.10(2009.05版)

ページ数;46p

サイズ;26.6×21×0.8cm
ハードカバー

C$5.25
Per Page      1 - 20 of 30