バーナーの下にお知らせを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

徳間書店

Sort By:  
となりのトトロより もののけ通信 (4-19-669596-5(H-273))
“もののけ通信”て知ってますか?森のなかで起きた事件を知らせる、もののけたちの新聞です。美しい自然のなかで起きたこと、それらはすべて木木や水、森の土や落ち葉がおぼえているのです。この本は、塚森の大トトロがサツキとメイのことを思い出して綴った“もののけ通信”の記事の切り抜きです。もののけたちの写真は、清浄な空気のなかに写しこまれた、自然のポートレートなのです。“もののけ通信”は、美しい自然がなくならないかぎり、いつまでも、いつまでも発行されます。自然のカメラがとらえる、もののけたちの姿とともに…。

編;山岡有子

出版年月;1988.10(1991.07版)
ページ数;102p
サイズ;15.2×10.7×0.7cm
ソフトカバー
カバーつき
ヤケ、汚れあり
C$2.50
ねこと友だち (4-19-860236-9(L-186))

ねこがおさかなと友だちになった。でもある日、おさかなを助けようとして匂いをかいでしまったねこは、急に食べたくてたまらなくなった。友だちを食べるわけにはいかない。ねこはさかなのいない国に行こうと、旅に出たけど…? 
友だちを大切に思ったために思わぬ悩みを抱えたねこの姿を、ユーモラスに感動的に描きます。


作;いとうひろし

出版年月;1995.01(2009.06版)

ページ数;112p
サイズ;21.6×15.5×1.5cm
ハードカバー

C$4.25
明日はわが身 ((A-111))

トーヨー製薬の若手社員・小田切健吾は、海外駐在を任される将来を嘱されたエリートだった。だが、派閥抗争に巻き込まれ営業部門へと左遷されてしまう。営業先で目の当たりにする横暴な医師や歪んだ医療現場。そして、自らも健康を害して、病気休職を余儀なくされる。サラリーマンに救いはあるのか。組織の非情さがいかに個人を蝕むかをあますところなく描いた渾身の長編経済小説。著者は、本作の主人公と同じ病気だった!自らの病気休職とサラリーマン人生、作家デビュー当時を語る、巻末付録・著者インタビュー「その頃の“わが身”」を収録。

著;高杉良

サイズ;15.3×11×1.7cm
文庫本

カバーに折れあり

 

C$1.50
首位戦争 ((A-105))

我国の二輪業界トップの座は、そのまま世界一の座でもあった。万年2位の座に甘んじ、活力を失ないつつあったニッポン発動機に、絶好のチャンスがめぐってきた。トップ企業恩田モータースの本格的な四輪進出で、市場に思いがけない間隙が生じたのだ。ニッポングループの絶対君主榊原良平との距離を巧みにとりながら、ニッポン発動機の社長に就任した山下誠は、首位奪取にすべてを賭けた。二輪業界におきた実際のシェアー争いをモデルに、壮絶な企業戦争の実態を描く事実小説の最高傑作。

著;清水一行

サイズ;15.3×11×2cm
文庫本
汚れあり

C$1.00
特別な一日 ((A-246))

いじめられっ子、落ちこぼれ、はぐれもの、寝取られ刑事……。生きるのが下手な男たちにある日訪れた、忘れ得ぬ人との出会い。小さな魂のふれあいが、人生の標なき道に暖かな光を灯す。現代を代表する小説の名手たちが贈る、感動の十二篇。

編;朝山実

出版社;徳間文庫
サイズ;15×10.6×1.6cm
文庫本

C$1.75
Per Page      1 - 5 of 5
  • 1