集英社

Sort By:  
あふれた愛 (4‐08-747817-3(A-1373))

生きていくことの辛さを包み込む珠玉の短編集。
理解しあえないこと。ひとと同じように生きられないこと。大切な人を失うこと。空回りする愛情…様々な生きにくさを抱えた普通の人々を描く短編集。この4編すべてがあなたのための物語です。

著:天堂荒太

サイズ:15.4×10.8×1.5㎝
文庫本

C$2.00
焚火の終わり(上)(下) 2巻セット (4‐08‐747259(60)‐0(4)(A-1329:1330))

≪上巻≫島根県の岬の町に住む美花は、茂樹の異母妹である。幼い頃、岬の家に行くのが茂樹は好きだった。いつも二人は焚火を楽しんだ。父が死に、母も他界した後、茂樹は母のノートから「許すという刑罰」との謎のメモを発見する。一方、美花の家には異様な写真が一枚残されていた。「美花は本当に自分の妹だろうか」出生の秘密を探るうち、さらに強まる二人の絆。それは恐ろしいほどの疼きとなった。 

≪下巻≫北海道のキャンプの夜、兄妹はついに結ばれた。その仲間もさまざまな愛に苦しんでいた。「共同体が崩れるとき、その原因は、たいてい男と女のことや」―岬の家もあるいは小さな共同体だったのか。海外赴任を前に茂樹は会社を辞し、美花と岬の家で生きる決意をする。詮索は終わりにしようと思った二人だったが…。

著:宮本輝

サイズ:15.2×10.7×1.3cm/冊
文庫本

C$5.00
鑑定医シャルル 快楽の伏流 (4‐08-747238-8(A-1320))

快楽殺人の謎。連続異常殺人の陰にひそむ欲望の伏流。奇妙な微笑の少年がもたらすロワールの惨劇。この家で何があったか、誰も知らない。異常犯罪の心理に迫る鑑定医シリーズ、注目の第3弾

著:藤本ひとみ

サイズ:15.2×10.7×1.4cm
文庫本
カバーに少しヤケあり

C$1.75
伊勢・志摩に消えた女 (4-08-749569-8(A-1296))

旅先から、元国務大臣のひとり娘が姿を消した!?極秘捜査の依頼を受けた十津川警部は、前科をもつ元刑事に捜査の協力を依頼。彼女の行方を追うが、意外な過去が浮かびあがる。

著:西村京太郎

サイズ:15.4×10.7×1.2cm
文庫本

C$2.50
ベター・ハーフ (4‐08-747851-3(A-1280))

日本が未曾有の好景気に沸いていた時代、2年ごしの交際をへて広告代理店勤務の文彦と派手な結婚式をあげた永遠子。その日が人生最高の日だった。順調にスタートをきったはずの結婚生活は、バブルがはじけたことから、下降線の一途をたどる。不倫、リストラ、親の介護…。諍いと後悔にあけくれる日々から、夫婦はどう再生してゆくのか。結婚の真実を描く長編小説。

著:唯川恵

サイズ:15.4×10.7×1.8cm
文庫本
カバーに少し破れあり

C$2.50
野わけ (4‐08‐746463‐4(A-1248))

京都の輸血センターで検査技師として働く有沢迪子は、上司の検査部長・阿久津恭造を愛してしまう。彼の義弟との見合いを買って出たりするうち、妻への嫉妬、阿久津への独占欲は募るばかり。泥沼を抜け出そうと、一旦は別れることを願掛けて無言詣をするが、愛は断てなかった。やがて二人の関係は彼の義弟にも知られてしまい、思いもよらぬ波瀾を呼ぶ。初めて京都を舞台に描いた記念碑的な長編。

著:渡辺淳一

サイズ:15.2×10.7×1.5cm
文庫本

C$2.50
揺れて (4‐08‐748714‐8(A-1246))

私は私でありながら、私ではなかった。周囲が期待する「私」を演じてきただけ。夫の突然の死を越えて、風砂子は決意する。何かをはじめるのに遅すぎる季節はない、と。誰もが揺れながら「私」になっていくのだ、と。風砂子を中心に、さまざまな世代の女たちが織る「私」という名のタピストリィ。本当の自分を求めて生きる女たちを描く長編。

著:落合恵子

サイズ:15.2×10.7×2.1cm
文庫本

C$3.00
彼女について知ることのすべて (4‐08‐747008‐3(A-1241))

その女は謎。男を魅了する…。愛した女には愛人がいた。のっぴきならぬ男と女は、共謀して殺害計画をたてるが―。ふたりが企てた殺害計画は、思いがけない結末を迎える。裏切ったのは女なのか、それとも「わたし」なのだろうか。

著:佐藤正午

サイズ:15.2×10.7×2cm
文庫本

C$3.00
1ポンドの悲しみ (4‐08‐746156‐5(A-1224))

数百キロ離れて暮らすカップル。久しぶりに再会したふたりは、お互いの存在を確かめ合うように幸せな時間を過ごす。しかしその後には、胸の奥をえぐり取られるような悲しみが待っていた―(表題作)。16歳の年の差に悩む夫婦、禁断の恋に揺れる女性、自分が幸せになれないウエディングプランナー…。迷い、傷つきながらも恋をする女性たちを描いた、10のショートストーリー。

著:石田衣良

サイズ:15.8×10.7×1.1cm
文庫本

C$2.00
シティーハンター ((MG-447:461))

冴羽リョウ、通称シティーハンター依頼人の望みに100パーセントこたえる街のスイーパー。
ボディーガードから、殺しまで手広く請け負うが、依頼は美女絡みか、依頼人の本音に「心が震えた時」しか受けない。
今は亡き親友の妹、槇村香をパートナーに病んだ都会の闇に蠢く悪を撃つ!!


作:北条司

サイズ;17.7×11.5×1.3cm/冊
シミ、ヤケあり

C$1.50
黄金の食卓 ((MG-420))

世界初のカレーコミック「華麗なる食卓」連載のきっかけとなった「黄金の食卓」をはじめ、ヤングジャンプでのデビュー作「漆黒のレムネア」、能というテーマに挑戦した「能曲鬼切操扇狂」など、ふなつ一輝の斬新にして痛快な、過去の作品を全て網羅した珠玉の短編集!!

作:ふなつ一輝

サイズ;18.3×13×1.5cm/冊

C$2.50
華麗なる食卓 1~29巻 ((MG-391:419))

カレー及びカレーに関する料理(サラダやインド料理など)を題材にした料理・グルメ漫画で、作中に登場した料理のレシピ(簡易アレンジ版もあり)が付いているのが特徴

作:ふなつ一輝

サイズ;18.3×13×1.5cm/冊

C$72.50
化身 上・下 2巻セット (4‐08‐772553(4)‐7(5)(A-1188:1189))

【上巻】人気の文芸評論家である秋葉大三郎は、妻子と別れ、史子という女性とつき合っていた。ある日、銀座のクラブで働く、遥かに若い霧子と運命の出逢いをする。鯖の味噌煮が好きだという初心な霧子が秘めた女としての蕾に心惹かれ、和の食や風物を教え、ともに旅をし、理想の女性として変貌させようとひたすら愛を注ぐ。そして彼女は大いに成熟していくのであった。華麗なる絵巻物のような男女小説の傑作。 

【下巻】純粋無垢な若い霧子を自らの理想の女性にするために、文芸評論家の秋葉は、際限のない愛を注ぐ。順調に愛を育み、成熟した女性に変貌した霧子だったが、霧子のアンティーク店の出店により、徐々に2人の関係にほころびが出始める。2人の愛の行方は? 究極の恋愛小説ともいうべき傑作。

著:渡辺淳一

サイズ:19.6×13.7×2.3cm/冊
ハードカバー
外側に少しシミあり

C$5.00
ワンピース(ONE PIESE) 1巻~19巻 ((MG-309:327))

作:尾田栄一郎

サイズ;17.8×11.5×1.7cm/冊
ヤケのある本あり

C$35.00
王様の仕立て屋 サルト・フィニート 1~3巻 ((MG-303:305))

イタリア・ナポリの泥棒市に住む日本人、織部悠。ナポリ中の“究めし職人”から“ミケランジェロ”と賞賛された伝説の名仕立て屋が、唯一認めた弟子である。彼が受け継いだ至巧の技と、イタリアの比類なき伝統が一着のスーツに蘇生した時、それを身に纏った者の人生に珠玉のドラマが生まれる。

作:大河原遁
原案協力・監修:片瀬平太

サイズ;18.5×13×1.5cm/冊

C$7.50
神々の流竄 (4‐08‐749064‐5(A-1111))

大和から出雲へ神々は流され、幽閉された!“出雲・神々の故郷説”に疑問の矢を投じ、その裏に秘められた古代の権力と宗教との壮絶な争いをとらえ、鋭い推理で歴史の真理に迫る。

著:梅原猛

サイズ:15.2×10.5×1.6cm
文庫本
カバーに破れあり

C$2.50
スポーツドクター (4‐08‐747872‐6(A-1090))

高校最後の試合を前に、膝を痛めてしまったバスケ部キャプテン・夏希。「仲間と一緒に試合に出たい」と願う彼女を治したのは、アスリート専門医の靫矢だった。夏希は、身体だけでなく心まで癒す靫矢の姿にひかれ、彼の病院を手伝い始める。そこを訪れる選手達の症状には、深い心の傷が隠されていた―。栄冠を求め傷ついた人々を癒そうとする、まっすぐで明るい少女の姿を描いた爽やかな青春小説。

著:松樹剛史

サイズ:15.2×10.7×1.5cm
文庫本
カバーに汚れ、破れあり

C$1.75
ジョッキー (4‐08‐747777‐0(A-1089))

栄光に向かって疾走する、若き騎手の青春。
女子アナとの淡い恋、横暴な馬主との確執、馬への愛情――様々な思いを抱え、心優しき騎手は天皇賞の大舞台に挑む。魅力的な登場人馬を描く第14回小説すばる新人賞受賞作

著:松樹剛史

サイズ:15.2×10.7×1.3cm
文庫本
カバーに汚れあり

C$1.75
ららのいた夏 (4‐08‐747400‐3(A-1052))

ふたりの出会いはマラソン大会で走っている最中だった。小杉純也はプロを目指す高校球児。坂本ららは走ることと笑うことが大好きな高校生。ららは、運動会から始まってロードレース、駅伝、フルマラソンと次々に記録を塗り変えてしまう。オリンピックすら視野に入って来た。純也もスカウトの目にとまって、プロ野球の選手としてデビューした。涼風のようなふたりの恋。青春長編ラブストーリー。

著;川上健一

サイズ;15×10.5×1.2cm
文庫本
カバーに破れあり

C$1.75
雨鱒の川 (4‐08‐748211‐1(A-1051))

東北のとある寒村。母親ヒデと二人暮らしの小学三年生の心平は、川で魚を捕ことと絵を描くことにしか興味がない。そんな心平には心の通い合う少女小百合がいた。心平の絵が国際的な児童画展に入選し祝賀会の夜、母親は雪の中で死亡した―。十年後、十八歳になった心平は村に帰ってきた。小百合の家の造り酒屋に勤めるが、小百合に縁談が起きて…。幼なじみの透明な心を謳い上げた清冽な初恋小説。

著;川上健一

サイズ;15.2×10.7×1.5cm
文庫本
カバーなし

C$1.00
Per Page      1 - 20 of 56