新潮社

Sort By:  
幻の光 (4-10-130701-6(A-731))

人は精がのうなると、死にとうなるもんじゃけ――祖母が、そして次に前夫が何故か突然、生への執着を捨てて闇の国へと去っていった悲しい記憶を胸奥に秘めたゆみ子。奥能登の板前の後妻として平穏な日々を過す成熟した女の情念の妖しさと、幸せと不幸せの狭間を生きてゆかねばならぬ人間の危うさとを描いた表題作のほか3編を収録。芥川賞受賞作「螢川」の著者会心の作品集。

著;宮本輝

サイズ;15.2×10.7×0.7cm

文庫本
カバーに汚れあり
ヤケあり

C$1.25
五千回の生死 (4-10-130708-3(A-730))

「一日に五千回ぐらい、死にとうなったり、生きとうなったりする」男との束の間の奇妙な友情(表題作)。トマトを欲しながら死んでいった労務者から預った、一通の手紙の行末(「トマトの話」)。癌と知りながら、毎夜寝る前に眉墨を塗る母親の矜持(「眉墨」)。他に「力」「紫頭巾」「バケツの底」等々、日々の現実の背後から、記憶の深みから、生命(いのち)の糸を紡ぎだす、名手宮本輝の犀利な「九つの物語(ナイン・ストーリーズ)」。

著;宮本輝

サイズ;15.2×10.7×0.8cm

文庫本
カバーに汚れあり
ヤケあり

C$1.25
秀吉と利休 (4‐10-104402-3(A-691))

勢威並ぶものなき天下の覇王秀吉と、自在な境地を閑寂な茶事のなかに現出した美の創造者利休。愛憎相半ばする深い交わりの果てに宿命的破局を迎える峻烈な人間関係を、綿密重厚な筆で描き切る、絢爛たる巨篇。

著;野上弥生子

サイズ;15.3×10.7×1.6cm

文庫本

C$2.00
オーデュボンの祈り (4‐10-125021-2(A-689))

コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。

著;伊坂幸太郎

サイズ;15.3×10.7×1.7cm

文庫本
カバーに汚れあり

C$2.00
砂漠 (4‐10-125025-0(A-678))

入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決……。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれを成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。

著;伊坂幸太郎

サイズ;15.2×10.7×1.7cm

文庫本

C$2.50
愛の渇き (4‐10-105003-1(A-676))

杉本悦子は、女性問題で彼女を悩ませつづけた夫が急逝すると、舅弥吉の別荘兼農園に身を寄せ、間もなく彼と肉体関係に陥った。彼女は夜ごと弥吉の骸骨のような手の愛撫を受けながら、一方では、園丁三郎の若若しい肉体と素朴な心に惹かれていく。だが、三郎には女中の美代という恋人がいることを知った時、悦子は……。〈神なき人間の逆説的な幸福の探求〉を主題にした野心作。

著;三島由紀夫

サイズ;15.1×10.7×0.9cm

文庫本
カバーに色褪せ、破れ、汚れあり
ヤケあり

C$1.25
聚楽 太閤の錬金窟(グロッタ) (4‐10-130932-9(A-674))

秀吉の天下統一もなって数年。「殺生関白」秀次は、異端の伴天連ポステルと聚楽第に巨大な錬金窟を作りあげ、夜ごとの秘儀を繰り広げていた。京洛の地下に隠された謎をめぐって暗躍する家康・三成らの諸侯、蜂須賀党・服部党の乱破、イエズス会異端審問組織「主の鉄槌」。秀吉が頑なに守る秘密、そして秀次の企みとは?権力の野望に魅せられた男たちの狂気を描く、オカルト満艦飾の戦国絵巻。

著;宇月原晴明

サイズ;15.1×10.7×2.3cm

文庫本
カバーにやぶれ、汚れあり

C$2.00
こころ ((A-364))

恋人を得るために親友を裏切り、自殺へと追いこんだ。その過去の罪悪感に苦しみ、自らもまた死を選ぶ「先生」…。愛と偽善、誠実の意味を追究した傑作

著;夏目漱石

サイズ;15.3×11×1.2cm

文庫本
ヤケあり

C$1.50
三四郎 ((A-363))

熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気侭な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく…。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて「それから」「門」に続く三部作の序曲をなす作品である。

著;夏目漱石

サイズ;15.3×11×1cm

文庫本
ヤケ、色あせあり

C$1.25
遅刻して来た幽霊 ((A-73))

必ず貴様を呪い殺してやる―こんな遺書を残して新入社員の男が自殺した。いったい誰を恨んで死んだのか?社員の関心が集まる中、今度は課長が会社の屋上から飛び下りた。「貴様」とは課長のことだったのか。本当に男の呪いなのか。謎が謎を呼ぶ怪事件の真相に、しっかり者の貞代とのんびり屋の実子のOLコンビが挑む。(『遅刻して来た幽霊』)。本当にありそうで怖い話を6編収録。

著;赤川次郎

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本

 

売り切れ
C$1.50
ラッシュライフ (4-10-125022-9(A-629))
泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

著;伊坂幸太郎

サイズ;15.2×10.7×1.7cm

文庫本
カバーに少し色褪せ、すれあり

売り切れ
C$2.50
重力ピエロ (4‐10‐125023‐6(A-646))

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは――。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

著;伊坂幸太郎

サイズ;15.3×10.6×1.7cm

文庫本
表紙に折れ、色褪せ、スレあり

売り切れ
C$2.50
海馬 脳は疲れない (4-10-118314-7(A-631))
脳と記憶に関する、目からウロコの集中対談。いわく、「『もの忘れは老化のせい』は間違い」「30歳を過ぎてから頭は爆発的によくなる」―。記憶を司る部位である「海馬」をめぐる脳科学者・池谷裕二のユニークな発想と実証を、縦横無尽に広げていく糸井重里の見事なアプローチ。脳に対する知的好奇心を満たしつつ、むしろオトナの読者に生きる力を与えてくれる、人間賛歌に満ちた科学書。

著;池谷裕二、糸井重里

サイズ;15.5×10.7×1.4cm

文庫本
カバーに汚れあり

売り切れ
C$1.75
コンスタンティノープルの陥落 (4-10-309605-5(A-617))
東ローマ帝国の首都として一千年余も栄えたコンスタンティノープル。独自の文化を誇ったこの都も、しかし次第に衰え、15世紀後半には、オスマン・トルコ皇帝マホメッド二世の攻撃の前に、ついにその最期を迎えようとしていた――。地中海に君臨した首都をめぐる、キリスト教世界とイスラム世界との激しい覇権闘争を、豊富な資料を駆使して描く、甘美でスリリングな歴史絵巻。

著;塩野七生

サイズ;20.6×15.5×1.9cm

ハードカバー
角に擦れあり

C$3.50
金閣寺 ((A-586))
寺が寝静まる。私は金閣に一人になる。

吃音の悩み、身も心も奪われた金閣の美しさ――昭和25年の金閣寺焼失事件を題材として、放火犯である若い学僧の破滅に至る過程を抉る問題作。

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇……。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。 

著;三島由紀夫

サイズ;15.2×10.7×1.4cm

文庫本

C$2.50
きもの ((A-584))
明治時代の終りに東京の下町に生れたるつ子は、あくまできものの着心地にこだわる利かん気の少女。よき相談役の祖母に助けられ、たしなみや人付き合いの心得といった暮らしの中のきまりを、“着る”ということから学んでゆく。現実的で生活に即した祖母の知恵は、関東大震災に遭っていよいよ重みを増す。大正期の女の半生をきものに寄せて描いた自伝的作品。著者最後の長編小説。

著;幸田文

サイズ;15.3×10.7×1.4cm

文庫本
カバーに破れあり

C$1.25
パーマネント野はら (4-10-301931-X(A-533))
私の家は「パーマネント野ばら」。
山あいのハウス農家のおばあちゃん達の
パンチパーマを一手に引きうけます----。

「どんな恋でも、ないよりましやんか----」。
 娘を連れてふるさとの村に出戻ったなおこ。その母が営む、村にひとつのパー
マ屋さんは、女のザンゲ室。そこでは女たちが、恋にまつわる小さな嘘を日々告
白している。男に裏切られても、泣いて笑ってたくましく。おとなの女の恋心を
描く感動の物語。

著;西原理恵子

出版年月;2006.09
ページ数;
サイズ;21.6×15.5×1.5cm
ハードカバー
カバーつき
C$3.50
レインボー・シックス1 ((A-335))

冷戦終結後、国際テロに横断的に対処すべく、世界最強の多国籍特殊部隊〈レインボー〉が新設された! SASやデルタ・フォースの精鋭を集めた秘密組織の長は、元CIA工作指揮官のジョン・クラーク。発足して間もなく、ベルンやウィーンで旧西独極左集団による人質事件が続発する。その裏に見え隠れする元KGB大佐の影……。全世界を席巻した、クランシー渾身の新軍事謀略巨編!

著;トム・クランシー
訳;村上博基

サイズ;15.3×11×1.4m
文庫本
折れ、汚れあり
カバーなし

C$0.75
白い巨塔3 ((A-406))

財前が手術をした噴門癌の患者は、財前が外遊中に死亡。死因に疑問を抱き、手術後に一度も患者を診察しなかった財前の不誠実な態度に怒った遺族は、裁判に訴える。そして、術前・術後に親身になって症状や死因の究明にあたってくれた第一内科助教授の里見に原告側証人になってくれるよう依頼する。里見は、それを受けることで学内の立場が危うくなることも省みず、証人台に立つ。

著;山崎豊子

サイズ;15.3×11×1.4cm

文庫本

C$2.50
華麗なる一族(中) ((A-206))
阪神特殊鋼の専務万俵鉄平は、米国企業からの増注契約をキャンセルされて危機に陥る。旧友である大同銀行の三雲頭取が多額の融資を了承してくれるが、その矢先、熱風炉が爆発するという事故が出来──。一方、万俵家の次女二子は、総理の縁戚と見合いをしながらも、鉄平の部下である一之瀬に惹かれていく。万俵家に同居する大介の愛人・高須相子が企む華麗な閨閥づくりの行方は……。

著;山崎豊子

サイズ;15.3×11×1.7cm
文庫本
カバーなし、汚れあり

C$0.75
Per Page      1 - 20 of 92