バーナーの下にセールや、新しい本の情報などを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

東京創元社

Sort By:  
シャーロック・ホームズの最後のあいさつ ((A-332))

退屈に苦しむ名探偵ホームズのもとに持ちこまれた、怪奇な雰囲気が横溢する事件「“ウィステリア荘”」。ワトスンが目にした、ベッドに横たわるホームズの衝撃的な姿「瀕死の探偵」。そしてシリーズ中で異彩を放ち、長い余韻を残す表題作など、全8編を収録する短編集。登場から一世紀以上がたってもなお、世界じゅうの人々を魅了しつづけている永遠の名探偵の事件簿、新訳決定版。

著;コナン・ドイル
訳;阿部知二

サイズ;15.3×11×1.2m
文庫本

C$1.75
Xの悲劇 ((A-319))

ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という新手の凶器が使われたのだ。この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、着々とあざやかに進められる。“読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?”と有名な挑戦をする、本格中の本格。

著;エラリー・クイーン
訳;鮎川信夫

サイズ;15.7×10.7×1.7m
文庫本
強いヤケ、シミ、カバーに傷みあり

C$0.50
パーフェクト・ブルー ((A-188))

高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、焼き殺されるというショキングな事件が起こった。俺、元警察犬のマサは、現在の飼い主、蓮見探偵事務所の調査員、加代子と共に落ちこぼれの少年、諸岡進也を探し当て、自宅に連れ帰る途中、その現場に遭遇する。犬の一人称という斬新なスタイルで、社会的なテーマを描く、爽快な読後感の長編デビュー作、待望の文庫化。

著;宮部みゆき

出版社;創元推理文庫
サイズ;15.3×11×1.6cm
文庫本

カバー破れ、汚れあり

C$1.00
シャーロックホームズの冒険 ((A-315))

ホームズの緻密な計画がひとりの女性によって破られる「ボヘミアの醜聞」、赤毛の男を求める奇妙な団体の意図が鮮やかに解明される「赤毛組合」、閉ざされた部屋での怪死事件に秘められたおそるべき真相「まだらの紐」など、いずれも忘れ難き12の名品を収録する。

著;コナン・ドイル
訳;阿部知二

サイズ;15.3×11×1.8cm
文庫本
カバーにいたみ、汚れあり

C$1.25
シャーロックホームズの事件簿 ((A-316))

ホームズといえば名探偵、名探偵といえばホームズ…今や名探偵の代名詞となった文学史上を代表する超キャラクター、シャーロック・ホームズの最後の活躍全12話を収めた第5短編集。

著;コナン・ドイル
訳;深町眞理子

サイズ;15.3×11×2m
文庫本
汚れ、ヤケあり

C$1.50
Per Page      1 - 5 of 5
  • 1