天動説の絵本 -てんがうごいていたころのはなし-

C$3.50
C$5.50
Qty:

地球が全宇宙の中心だと信じていたころの人びとが考えていた世界とは、いったいどんな世界だったのでしょう? 中世然とした作りの、ユニークな科学絵本。

作;安野光雅

出版年月;1979.08(1992.01版)

ページ数;48p

サイズ;25.3×23.2×0.8cm
ハードカバー
図書館のリサイクル本
表紙裏にテープ跡あり

  • Availability: 1 在庫有
  • ISBN&(SKU): 4-8340-0751-0(D-140)
  • 出版社: 福音館書店

Write Review

Note: Do not use HTML in the text.
掲載中の本の内容説明は、「BOOK」データベース、「MARC」データベース、出版者様の本の紹介等を、引用しております。