太平洋戦争の意外なウラ事情

C$1.50
Qty:
いまだ多くの謎に包まれた太平洋戦争----。日米開戦の火蓋を切った"真珠湾奇襲"ひとつ取っても、「ルーズベルト大統領の陰謀説」や「攻撃時に間に合わなかった最後通牒」「なぜ第2次攻撃は見送られたのか」?など、多くの疑問が戦後60年以上たった今でも明らかにされないままである。
また特攻や戦艦「大和」の沖縄出撃など、現代から見れば「なぜ」?と信じられない様な出来事でも、戦争中だからこその"意外なウラ事情"が存在するはず。
本書は、最新の資料をもとに「レイテ湾突入、"謎の反転"はどこまで謎」「?いざ決戦の日! 壊滅していた第一航空艦隊の奇々怪々」「インパール作戦の最終決断は、人情論に負けたから」「?海底から引き揚げられた"紫電改"は一体誰のもの」「?大本営作戦参謀・辻政信大佐はどこへ消えたのか」?など、太平洋戦争にまつわる驚きのウラ事情30を徹底紹介! 戦場に埋もれた謎に鋭く迫る一冊。


著:太平洋戦争研究会

サイズ:15.2×10.7×1.2㎝
文庫本
  • Availability: 1 在庫有
  • ISBN&(SKU): 4-569-66835-2(A-2464)
  • 出版社: PHP研究所

Write Review

Note: Do not use HTML in the text.

掲載中の本の内容説明は、「BOOK」データベース、「MARC」データベース、出版者様の本の紹介等を、引用しております。