声にだすことばえほんシリーズ

C$4.50
*
Qty:

【おっと合点承知之助】おじいちゃんと子どもたちが、「驚き桃の木山椒の木」「その手は桑名の焼蛤」など、楽しい言葉あそびをくりひろげます。『声に出して読みたい日本語』(草思社)で子どもたちに大人気だった付けたし言葉が、楽しい絵本になりました。 2003.01(2003.10版) *折れあり、少し汚れあり

【えんにち奇想天外】じいちゃんと子どもたちが縁日に出かけて、「五臓六腑にしみるねー」「電光石火のはやわざ!」など、四字熟語を使った会話をくりひろげます。お面屋さん、射的、金魚すくいなどの縁日の屋台もたくさん登場!
大好評の『おっと合点承知之助』の続編は、前代未聞の四字熟語絵本。またまた声にだして読んでください。 2004.06(2004.08版)
  *カバー付き、カバーに汚れあり、名前の記入あり

【外郎売】外郎売が、飲むと口が回りだしてとまらなくなる丸薬「ういろう」を売るために、早口言葉をどんどん言っていきます。
思わず口にしたくなるテンポのいい早口言葉、外郎売の口上が絵本になりました。
伝統的な早口言葉を詰め合わせた歌舞伎の十八番です。 2009.04
  *カバー付き

【馬の耳に念仏】おばけマンションの最上階に、ラーメンの出前に行くことになった兄弟が、「百聞は一見に如かず」「猫に小判」「頭隠して尻隠さず」など、ことわざをつかった会話をしながら、だいぼうけん。声に出して読んで楽しい、ことわざ絵本です。 2006.08
  *カバー付き、名前の記入あり

【寿限無】あるところに、それはそれは長い名前の男の子がおりました。その子の名前は、
寿限無 寿限無、五劫のすりきれ、海砂利水魚の、水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、……。
誰もが知っているあの「寿限無」が、ゆかいな絵本になりました。
ページをめくって寿限無を唱える、声に出すことば絵本。 2004.09(2006.10版)
  *カバー付き、名前の記入あり

編(文);斎藤孝
作;はたこうしろう
絵;つちだのぶこ、長野ヒデ子、工藤ノリコ

サイズ;21.5×21.3×0.7cm/冊
ページ数;
ハードカバー

  • Availability: 4 在庫有
  • ISBN&(SKU): (L-385 :389)
  • 出版社: ほるぷ出版

Write Review

Note: Do not use HTML in the text.

掲載中の本の内容説明は、「BOOK」データベース、「MARC」データベース、出版者様の本の紹介等を、引用しております。




イラストわんパグ 

イラスト無料素材/季節と動物の可愛いイラスト集