バーナーの下にお知らせを掲載していますので、スクロールしてご覧ください。

Search

Search Criteria

 
 
 
 

検索結果

Sort By:  
しりたがりやのこぶたくん (4-924938-44-1(K-464))
こぶたくん、妹のアマンダ、お父さん、お母さんのこぶたくん一家のなにげない日々を描いた、あたたかく、ユーモアたっぷりの5編からなるお話。
第二話『ひとりでいたいの』では、「かあさんいま、しずかにしていたいの。ひとりでいたいの」と、お母さんが木の上でひとやすみ…。
そのほか4編も、子どもをあたたかく包み、大人もほっと力がぬけるようなお話です。

作;ジーン・バン・ルーワン
絵;アーノルド・ローベル
訳;三木卓

出版年月1995.11(2011.02版)
ページ数;64p
サイズ;22.4×15.4×1cm
ハードカバー
売り切れ
C$5.00
おはなしらんど11 さんびきのくま ((D-133))
大きいお父さんぐま、中ぐらいのお母さんぐま、小さな子どものくまの3びきが森にでかけた間に、女の子がくまの家にはいりこんで……。

原作;トルストイ
訳;三木卓
絵;杉田豊

出版年月;
ページ数;26p
サイズ;21.2×19.2×0.7cm
ハードカバー
表紙の角にやぶれあり
折れ、シミ、汚れあり
C$2.00
C$4.00
しりたがりやのこぶたくん (4-924938-44-0(K-252))

こぶたくん、妹のアマンダ、お父さん、お母さんのこぶたくん一家のなにげない日々を描いた、あたたかく、ユーモアたっぷりの5編からなるお話。
第二話『ひとりでいたいの』では、「かあさんいま、しずかにしていたいの。ひとりでいたいの」と、お母さんが木の上でひとやすみ…。
そのほか4編も、子どもをあたたかく包み、大人もほっと力がぬけるようなお話です。

作;ジーン・バン・ルーワン
絵;アーノルド・ローベル
訳;三木卓

出版年月;1995.11(2003.02版)
ページ数; 64p
サイズ;22.2×15.5×1cm
ハードカバー
表紙、色あせあり
売り切れ
C$5.00
こぶたくん (4-924938-52-1(K-422))
こぶたくん、妹のアマンダ、お父さん、お母さんのこぶたくん一家のなにげない日々を描いた、あたたかくユーモアたっぷりの5編からなるお話。
第一話『おかしをやく日』では、雨の音を聞き、クッキーの焼けるおいしい香りをかぎながら、こぶたくんがしみじみと言います。「ぼく、いましあわせ。かあさんがそばにいてくれるんだもの。アマンダもいるし、それにぼくさむくもないし、雨にぬれてもいない。あたたかい。やけているクッキーもあたたかい」
その他4編も、子どもをあたたかく包み、大人もほっと力がぬけるようなお話です。

作;ジーン・バン・ルーワン
絵;アーノルド・ローベル
訳;三木卓

出版年月;1995.12(2002.09版)
ページ数;64p
サイズ;22.4×15.4×1cm
ハードカバー
裏表紙にちいさいへこみあり

売り切れ
C$5.00
ポケットのたからもの (4-89784-782-5(L-228))
小学校に入学する前は、自然の中で一人でいろんなものを見つけて遊んでいたジェイ。そんなジェイが入学前にすごく大事な宝物を手に入れました。学校にもその大事な宝物と一緒に登校してしまいます。そんなジェイをクラスの子どもたちと、そして先生は…。

文;レベッカ・コーディル
絵;エバリン・ネス
訳;三木卓

出版社;リブリオ出版
出版年月;2000.04(2011.08版)

ページ数;63p
サイズ;21.5×15.3×1.2cm
ハードカバー

C$5.50
せかいのはてってどこですか? (4-924938-40-8(L-217))

井戸の底に、かえるが一匹すんでいました。なかなか快適で、かえるは、そこが「世界」だと思っていました。ある時、雨が降らない日が続き、井戸の水は枯れました。そこで、かえるは、自分に力があるうちに、「せかいのはて」を見ておこうと思います。つまり、「せかいのはて」とは、井戸の淵のことですね。でも、そこまで昇っていったかえるが見たのは、井戸の周りにひろがる、木々とひなぎくの花の群れ。これが「せかいのはて」と思い込んだかえるですが。さて、かえるが最後に見つけた「せかいのはて」はどこだったのでしょう? 

作;アルビントゥレッセルト
絵;ロジャー・デュボアザン
訳;三木卓

出版年月;1995.07(2004.04版)

ページ数;32p

サイズ;25.5×17.8×0.8cm
ハードカバー

売り切れ
C$5.50
Per Page      1 - 6 of 6
  • 1