Search

Search Criteria

 
 
 
 

検索結果

Sort By:  
まんが日本の歴史 なぜなに事典 (4-09-259119-6(J-152))
日本史の疑問をまんがでスッキリ解決!

日本には、いつごろから人が住みはじめたの? 平安京の貴族は、どんな暮らしをしていたの? 忍者は、どんな仕事をしていたの? 寺子屋は、どんなところだったの? など、旧石器時代から明治維新まで、誰もが疑問をもつ90のテーマについて、それぞれ2~4ページのまんがで解説します。教科書よりも、事のなりゆきが手に取るようにわかり、試験勉強にも役立ちます。もちろん、改めて日本の歴史をしっかり学びたいという大人が読んでも、「目からウロコ」の納得のいくQ&Aになっています。大好評の「まんが日本の歴史人物事典」と合わせれば、もう日本史の常識は万全です。

シナリオ;春日和夫、川口素生
まんが;ながいのりあき
監修;歴史資料開発研究会

出版年月;2013.07
ページ数;351p
サイズ;18.2×13×2.5cm
ソフトカバー
カバー付き

C$5.00
隠された十字架 法隆寺論 (4-10-124401-4(A-856))

法隆寺は怨霊鎮魂の寺! 大胆な仮説で学界の通説に挑戦し、法隆寺に秘められた謎を追い、古代国家の正史から隠された真実に迫る。

著;梅原猛

サイズ;15.2×10.6×2.1cm

文庫本
カバーに汚れあり

C$2.50
梅原日本学講義 君は弥生人か縄文人か (4-08-748138-7(A-855))

記紀神話の聖地、光あふれる死の国への入口―。熊野とは何か。熊野の山襞深く、また常世に向かう海原遠く、あるいはアイヌ語の音の響きに、「縄文の心」を捜し求め、縄文人と弥生人が生き生きと交錯する、ユニバーサルな古代日本を現出させる、刺激に満ちた対談集。

著;梅原猛、中上健次

サイズ;15.2×10.6×0.9cm

文庫本

C$2.50
日本の深層 縄文・蝦夷文化を探る (4-08-748178-6(A-854))

かつて東北は文化の先進地だった。亀ケ岡式土器に代表されるように、繊細で深みのある高度な縄文文化が栄えたのである。著者は東北各地を旅しながら、宮沢賢治など詩人たちの心の深層に耳を傾け、また土着の信仰や祭りの習俗・アイヌの言葉に、日本人の隠された魂の秘密を探り当てる。原日本文化論の新たな出発点を印す意欲作。

著;梅原猛

サイズ;15.2×10.6×1.2cm

文庫本
カバーに破れ、汚れあり

C$2.00
アラマタ大事典 (4-06-214052-2(J-149))
303のヘンな話で好奇心と知識欲を刺激!
学校では教えてくれないけど、知れば知るほど面白い雑学の数々。「トリビアの泉」の荒俣ハカセが子どもたちのために惜しみなく膨大すぎる知識と資料を披露します。小学生から大人まで、読めば好奇心があふれだす、これまでになかった事典!

作;荒俣宏

出版年月;2007.12(2007.08版)
ページ数;367p
サイズ;21×15×2.9cm
ソフトカバー
カバー付き
C$10.00
アニメ版 チロヌップのきつね (4-323-01245-4(H-254))
北の海にうかぶ小さな島、チロヌップ―。春には、きつねざくらが、まっ白に、さきみだれ、ゆたかなしぜんの中で、たくさんの動物たちが、平和にくらしています。けれども、おそろしいせんそうの波が、しあわせなきつねの家族をまきこんで…。

原作;高橋宏幸

出版年月;1990.04(1990.11版)
ページ数;78p
サイズ;21.5×15.7×1.3cm
ハードカバー
色あせ、シミ、汚れあり

売り切れ
C$3.50
俘虜記 (4-10-106501-2(A-820))

日本人はいまも敗者として、生かされ続けているのかもしれない。
2019年は大岡昇平、生誕110年。今読みたい戦中戦後文学の傑作。

一等兵として太平洋戦争に従軍した著者の体験に基づく連作小説。フィリピン・ミンドロ島への米軍上陸から復員までの約一年間を描く。なぜ自分は米兵を殺さなかったかという感情を異常なほどに平静かつ精密に分析した「捉まるまで」と、俘虜収容所を戦後日本の縮図と見た文明批評の続編からなる。
孤独という真空状態での人間のエゴティスムを明晰な文体で凝視し、戦争小説とは一線を画する。

著;大岡昇平

サイズ;15.2×10.7×1.8cm

文庫本
カバーに汚れあり
少しヤケあり

C$2.25
週刊かがくるアドベンチャーNo.45 ((AK-8))
「謎と不思議の体験百科」 -銀河・たばことお酒・パズル対決3・二・二六事件-

総監修;養老孟司

出版年月;2009.03.01
ページ数;32p
サイズ;29.7×22×0.3cm
ソフトカバー

売り切れ
C$3.00
ハンニバルの象つかい ((H-97))
カルタゴの将軍ハンニバルに滅ぼされたサグントゥムの少年が,象つかいの一人として,ハンニバル軍に従軍し,アルプスを越え,ローマに進軍します.だが愛する象スールーも死に,戦争に疑いを抱いた少年は,ハンニバル軍から逃れ,戦野を彷徨してローマ軍に捕えられます….壮大なスケールをもつ歴史小説.

作;ハンス・バウマン
訳;大塚勇三

出版年月;1966.11(1967.06版)
ページ数;364p
サイズ;22.5×15.6×2.5cm
ハードカバー

色あせ、われあり

C$2.50
天動説の絵本 -てんがうごいていたころのはなし- (4-8340-0751-0(D-140))

地球が全宇宙の中心だと信じていたころの人びとが考えていた世界とは、いったいどんな世界だったのでしょう? 中世然とした作りの、ユニークな科学絵本。

作;安野光雅

出版年月;1979.08(1992.01版)

ページ数;48p

サイズ;25.3×23.2×0.8cm
ハードカバー
図書館のリサイクル本
表紙裏にテープ跡あり

C$5.50
パンプキン! 模擬原爆の夏 (4-06‐217077‐2(H-294))
わたしたちの町が、原爆投下の練習台に!?
身近にあっても見すごしていた戦争の大きな傷あとを夏休みの自由研究で調べてみると……。

1945年、終戦の年。
原爆投下の練習のため、模擬原爆・通称パンプキン爆弾が日本各地に49発も落とされていた事実を知っていますか?

本当にあったことを、小説で読む・知る

作;令丈ヒロ子
絵;宮尾和孝

出版年月;2011.07(2017.02版)
ページ数;95p
サイズ;21.8×15.5×1.1cm
ハードカバー
カバー付き

C$5.50
リスの目 フィンランドからスウェーデンへ 北欧にもあった学童疎開 (4-593-50282-9(H-246))

フィンランドにも学童疎開がありました。その様子を、ひとりの少女の目を通して淡々と描きました。あとがきでは当時の状況をくわしく語っています。

作;ベロニカ・レオ
訳;木村由利子
解説;奥田継夫

出版年月;1992.02
ページ数;40p
サイズ;26.7×21.7×1cm
ハードカバー
カバー付

C$5.00
ひろしまのピカ (8393-7701-2349(L-208))
昭和20年8月6日、原子爆弾の光が広島の空をつらぬきました。
戦争への怒りと鎮魂と平和への願いをこめて送る絵本。
世界二十数ヶ国で読み継がれています。

文・絵;丸木俊

出版年月;1980.06(1981.05版)

ページ数;

サイズ;24.6×23.5×1.1cm
ハードカバー
背表紙の汚れあり
書き込み数箇所あり

C$3.50
あの夏の日 (4-426-88306-7(H-248))
2000年は被爆55周年という節目の年。
長崎に原爆が投下された「あの夏の一日」を、長崎市の協力のもと、葉 祥明さんが平和への祈りを込めて、壮烈なタッチで描きました。
平和な生活を一変させた、原子爆弾の恐ろしさが伝わるとともに、すべてを受け入れたナガサキのこころが感じられる絵本です。
全・英訳付。

絵・文;葉祥明
訳;長崎市

出版社;自由国民社
出版年月;2000.07(2001.07版)
ページ数;
サイズ;30.2×21.7×1cm
ハードカバー
カバー付
カバー上部に少し破れあり

C$5.50
アメージング・グレース -光と希望を!絶望から救われた奴隷商人の物語ー ((A-429))

『神様のふしぎな恵み』喜びのときにも悲しみのときにもみんなが歌う感謝の歌はどうして生まれたのか?―なぜジョン・ニュートンは賛美歌「アメージング・グレース」を作ったのか。なぜ奴隷貿易廃止運動に加わったのか。いったいニュートンの心に何があったのか。自伝や関連する資料をもとに、少年少女向けに書きおろした。

著;中澤幸夫

出版社;女子パウロ会
サイズ;18.5×13×2cm

ソフトカバー

C$3.00
あなん ((K-552))

あるお城の王子あなんのもとに、あるひ、おしゃかさまが訪れ、おしゃかさまの弟子になりました。それから、あなんはおしゃかさまのもとでしゅぎょうにはげみます。

文;なかいとしや
絵;岡本宜子

出版社;東方出版
出版年月;1978.12
ページ数;
サイズ;30.5×21.7×0.7cm
ハードカバー
表紙下部にテープの貼り付けあり

C$4.50
ゆずちゃん (4-591-04686-9(T-578))

ゆずちゃんの夢は、ふうせんやさんになって、みんなに希望や勇気をあたえること――。阪神大震災で命を奪われた少女のお話を絵本化。

作;肥田美代子
絵;石倉欣二

出版年月;1995.05(1996.04版)

ページ数;28p

サイズ;24.6×24.5×0.9cm
ハードカバー
表紙にへこみあり
数箇所、文章の横に筋あり

売り切れ
C$4.75
おこりじぞう (4-323-00237-8(K-380))
1945年8月6日。広島の町角に立つわらいじぞうが見たものは、まるで太陽が落ちてきたとしかいいようのない光景だったのです…。作家と語り部と画家が悲しみと怒りをこめて描く入魂の絵本。

原作;山口勇子
語り;沼田曜一
絵;四国五郎

出版年月;1979.11(1993.07版)

ページ数;36p

サイズ;23.7×24.7×1cm
ハードカバー
カバー付
カバーに汚れあり

C$4.50
ある池のものがたり (4-8340-0115-6(K-392))
この物語は、新潟市の西大畑町にあった「異人池」。その誕生から死までの、明治・大正・昭和にわたる約60年の池の様子が周囲の風俗の変化と共に描かれています。

作;三芳悌吉

出版年月;1986.10(1987.05版)

ページ数;48p
サイズ;30.7×23×0.9cm
ハードカバー
破れ、シミ、色あせあり

C$3.00
日本の歴史年表事典 (4-09‐298501‐0(J-138))

時代を動かした事件・出来事226項目を見開き2ページのまんがと解説で構成。学習に役立つ「年表早おぼえ」も付いています。

監修;高山博之
漫画;しいや・みつのり

出版年月;1993.03
ページ数;528p
サイズ;22.7×15.5×4cm
ハードカバー
カバー付き
カバーに折れあり

C$4.00
Per Page      1 - 20 of 157