Search

Search Criteria

 
 
 
 

検索結果

Sort By:  
白き手の報復 (4-10-117613-2(A-2451))
渡辺淳一異色の傑作短編集! 病院を舞台にサスペンスタッチで描く琴線を刺激する男女の愛憎劇、全6編を収録。

著:渡辺淳一

サイズ:15.2×10.8×1.3㎝
文庫本
カバーに破れあり
C$0.75
ポチ POCHI (4‐08-856504-5(MG-616))

美紅は、じいちゃんと山奥で自給自足の生活。そんな素朴な美紅に興味を持ったポチ(斗望)は、彼女に声をかけた。美紅も純粋なポチに少しずつ心ひかれるのだが…。

作:小花美穂

サイズ:17.8×11.5×1.7㎝
ソフトカバー

濡れによる波うちあり
はがれあり

C$0.75
同級生 (4-04-187303-7(A-2370))
結婚2週間で新居を飛び出したメメ。学生運動で活躍し専業主婦を拒否したバッカス。子どもを産めない体になったプク。そろって40になった彼女たちに突然結婚の話が舞いこむ…。他2編収録。

著:下田治美

サイズ:14.8×10.7×0.9㎝
文庫本
強いヤケあり
C$0.75
半獣神 (4-04-162602-1(A-2199))
妖気、幻想そして悪夢―永い刻をへだて、血の湖で再び相見えた宿命のふたり、久鬼麗一・大鳳吼(キマイラ神話変序曲)。異常食欲をみせる男の口の中から現われてきた餓鬼。雨の晩、窓をたたき、せつない目で見つめる雨女…。圧倒的なパワーと魅力が炸裂する夢枕獏の初期作品群。

著:夢枕獏

サイズ:15×10.7×1㎝
文庫本
ヤケ、シミあり
カバーに汚れあり
C$0.75
チョッちゃんが行くわよ (4-04-171901-1(A-2195))
“自然”から生まれてきたようなおテンバの女の子、物事にこだわらずいつも行動的なチョッちゃん。NHKテレビで、爽やかな“心”を伝えた原作の文庫化!

著:黒柳朝

サイズ:15×10.7×1.2㎝
文庫本
カバーに破れあり
しみあり
C$0.75
きらりんレボリューション2 ((MG-181))

あたし、月島(つきしま)きらり14歳、アイドルやってます。一目ぼれしたSHIPS(シップス)の星司(せいじ)くんに近づきたくて入った芸能界。さいしょはたいへんだったけど、たくさんの人に支えられながらがんばってます。お仕事が増えてきたので、大好きな星司くんと同じ芸能科がある学校に転校したんだけど、誰かに嫌がらせばかりされて…。なんと犯人は幼なじみの!?

作;中原杏

サイズ;17.8×11.5×1.5cm
カバーに折れあり

C$0.75
家庭教師ヒットマン リボーン1巻 ((MG-46))

ダメ人生を送る中学生・ツナの家に、家庭教師がやって来た! 見た目赤ん坊、本業殺し屋のリボーンの目的は、ツナをマフィアの10代目にすること! 死ぬ気になれば何でもできる!?と命がけのお勉強が始まった!

作;天野明

サイズ;17.5×11.5×1.5cm

C$0.75
お母さんのぬくもりを お子さんと 遊んでいますか ((A-72))

1 子どもの遊び/2 自然の中で/3 おもちゃを考える/4 私の体験から/5 落弟なんかこわくない

著者;加古里子

出版社;啓明研究会
出版年月;1987.11(1991.02版)
サイズ;21x15x1.1cm
シミ、汚れあり

C$0.75
すぐに役立つミニ会話100 ひとりでできる英会話 ((A-67))

本書の〈ミニ会話〉の中に出てくる大切な表現は、これまでにNHK英語会話でとり上げてきたものです。英米人の日常会話の中でごく普通に聞かれるものばかりですから、安心してお使い下さい。これらの表現を、場面といっしょに覚えれば、必ずあなたも英語が話せるようになることをお約束します。 

著;東後勝明

出版年月;1988.09(1992.05版)
サイズ;15x11x1.4cm
文庫本
シミ、色あせあり

C$0.75
後世への最大遺物 デンマルク国の話 ((A-416))

普通の人間にとって実践可能な人生の真の生き方とは何か。明治27年夏期学校における講演「後世への最大遺物」は、人生最大のこの根本問題について熱っぽく語りかける、「何人にも遺し得る最大遺物――それは高尚なる生涯である」と。旧版より注・解説を大幅に拡充し、略年譜を新たに付した。「デンマルク国の話」を併収

著;内村鑑三

サイズ;14.8×10.8×0.6cm

文庫本
ヤケあり

C$0.75
米国さらりーまん事情 ((A-173))

隣人にして、よきライバルであるアメリカのサラリーマン。しかし彼らの採用から退職にいたるまでの具体的な労働事情について、われわれは果たしてどれほどのことを知っているのだろうか。ここが違う、日米サラリーマン比較。無一文で留学し、米国大企業に在勤、サラリーマン歴20余年の生活体験を通して、目で見、肌で感じた米国サラリーマンの姿を共感こめていきいきと描く。

著;松浦秀明

出版社;中公文庫
サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本
シミあり

C$0.75
街角に投げキッス ((A-168))

シティ・ホテルに泊まりたいけど男がいない…。さらば、恋人達が肩寄せ合う幸せ色の街角よ。振り返って思いっきり投げキッス。だが気をつけろ、真理子のキッスは殺しのサイン!

著;林真理子

サイズ;15.3×11×1cm
文庫本
シミあり

C$0.75
ピンクのチョコレート ((A-167))

突然芸能界のスターになってしまった恋人とつきあい続ける女の子が、バレンタインのチョコを嫌悪する彼に感じた二人の距離。贅沢とセックスを教えてくれた青年実業家が事業に失敗し、新しいパトロンを紹介することで示してくれる最後の「愛情」。何かが違う…との思いを捨て切れぬまま、目の前の安逸な欲望に身をゆだねる女たちの甘くほろ苦い哀しみを切々と描く。

著;林真理子

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本
ヤケあり

C$0.75
マリコ・ストリート ((A-162))

林真理子事務所前の閑静な道を名づけて、マリコ・ストリート。その道を通いつめる「an an」美男編集者テツオさん。二人の絶妙なかけひきから生まれた、「an an」大評判連載の、待望の文庫版です。時の流れやファッションやアイドル等々について、マリコエッセイは軽快なのに、人間の欲望の本質をついていて奥が深い。読む喜び!最高の楽しさ!を満喫できます。

著;林真理子

サイズ;15.3×11×1.1cm
文庫本
シミ、汚れあり

C$0.75
旅は靴ずれ、夜は寝酒 ((A-161))

「ルンルンを買っておうちへ帰ろう」という1冊の本で、一躍マスコミのスターになって6年。その間、直木賞を受賞、小説もエッセイも大好調で、忙しい作家生活もすっかり板についてくる。一方、私生活では、いくつかに恋が通り過ぎて…。デビューの頃から今まで、その時時の思いを胸に、新たな出会いを求めて、真理子さんは旅に出ます。行き先は、ロンドン、ハワイ、京都、熱海等の名所から、都内のレストランまで40ケ所。天性の好奇心とユーモアと、鋭い眼識とがあいまって、思わず笑ってしまう、楽しい旅エッセイ。

著;林真理子

サイズ;15.3×11×1.2cm
文庫本
シミあり

C$0.75
真理子の 青春日記&レター ((A-157))

昭和50年代はじめ。大学は卒業したものの、仕事も恋人も思うようにならない日々。が、真理子の心は、天才作家としてのデビュー、芥川賞受賞へとタイムスリップ―。夢と挫折、愛と憎しみ、妄想と野心が入り混じった、まばゆいまでの「青春」の足跡が綴られた日記、手紙を全公開します。それらは、やがて直木賞を受賞する真理子文学の「原点」そのもので、さらに、創作とはちがう生の迫力、たくまざるユーモアが満ちあふれているのです

著;林真理子

サイズ;15.3×11×0.8cm
文庫本
シミあり

C$0.75
ベストミステリー① 東経一三九度線 ((A-128))

戦後短編ベスト10に入る「超」名作、半村良「箪笥」を含む全14編のアンソロジー。

著;松本清張ほか

サイズ;17.3×11×1.8cm
文庫本
ヤケ、シミあり

C$0.75
秘密な事情 ((A-106))

さる大手家電メーカーの広報部設立は、企業のイメージアップが目的のはずだった。ところが、広報マン堀川陽一郎の任務はスキャンダルのもみ消しだった。裏工作に手をつくす彼を、社内の裏切りが待つ。さらに彼はオーナー一族のスキャンダルもみ消しに奔走させられた。苦悩と心痛の中でクラブ歌手、香里にのめりこむ堀川…。大企業の恥部と裏面を赤裸々に描いた快心の作。

著;清水一行

サイズ;15.3×11×1.4cm
文庫本
カバーに破れ、シミあり

C$0.75
生れ出づる悩み (4‐01-061016-6(A-680))

自分の才能を信じて夢を追うのか、それとも今このままの現実を生きていくのか―。画家になりたいという一途な想いを抱きながらも、家族の生活を支えるために、漁師という過酷な労働に従事しなければならない青年・木本。圧倒的な北海道の自然のなかで、「いかに生きるか」という青年の深い苦悩を描き切った傑作小説。

著;有島武郎

サイズ;15.2×10.7×1cm

文庫本
カバーにいたみあり
ヤケあり

C$0.75
海と毒薬 (4‐06-131023-2(A-679))

生きた人間を生きたまま殺す。

何が彼らをこのような残虐行為に駆りたてたのか? 終戦時の大学病院の生体解剖事件を小説化し、日本人の罪悪感を追求した問題作。

戦争末期の恐るべき出来事――九州の大学付属病院における米軍捕虜の生体解剖事件を小説化、著者の念頭から絶えて離れることのない問い「日本人とはいかなる人間か」を追究する。解剖に参加した者は単なる異常者だったのか? どんな倫理的真空がこのような残虐行為に駆りたてたのか? 神なき日本人の“罪の意識"の不在の無気味さを描き、今なお背筋を凍らせる問題作。

著;遠藤周作

サイズ;14.7×10.7×0.8cm

文庫本
カバーに破れ、汚れあり
ヤケあり

C$0.75
Per Page      1 - 20 of 35